2022年01月19日 21:00

読了時間:約 8

投稿者:百エロの王 シンバ さん(男性・20代)

体験談タイトル:友人たちとスカウトされ、アダルトビデオにデビュー。A○Bにいそうな若女優とセックス

私は数年前から日本の高校で英語教師をしている黒人系アメリカ人です。
日本語があまり得意じゃないので、すみません。

ある日の夏、黒人系アメリカ人の友人AとBと私は渋谷に行きました。
すると一人の男性が私たちに声をかけてきました。
私は3人の中で一番日本語がうまいから私が対応しました。

「英語教師で黒人の私が日本のAVに出演した結果…(体験談)」の続きを読む

2022年01月19日 15:00

読了時間:約 3

タイトル:フェラチオの極意!M男を虜にしてしまうディープスロートとは

フェラってみんな好きですよね!

ところで「ディープスロート」って聞いたことありますか?

ディープは深い、スロートは喉、ということでフェラのやり方の一つです。
あまり馴染みのない言葉かもしれませんね。

これがまた普通のフェラと違って気持ちいいんです。
もしかしたらディープスロートとは気付かずにフェラに取り入れている女性もいるかもしれません。

今回はこのディープスロートについて紹介していこうと思います!

「「ディープスロート」って女王様がM男を虜にするフェラだった…!?」の続きを読む

2022年01月19日 09:00

読了時間:約 2

投稿者:匿名くん (男性・18‐19歳)

体験談タイトル:24歳の女教師のおっぱい

高1の時、俺は野球部に所属していて、顧問2人と、副顧問が、24歳の白石麻○似で、けっこうかわいい家庭科教師、松○みか先生だった。

みか先生は特に野球に詳しいわけではなく、副顧問は毎年ランダムにあてられてるみたいだった。
冬に強化合宿があり、自然の家みたいなところに3日泊まり、毎朝、近くの川に体操服のズボンに上半身裸で飛び込んだ後、乾布摩擦をしなくてはならず、これがかなりきつかった。

「部員たちの前でおっぱいを晒した部活の顧問…(体験談)」の続きを読む

2022年01月18日 21:00

読了時間:約 5

投稿者:スケベなblogの管理人 さん(男性・60代以上)

体験談タイトル:リモートワークの効用

未だにリモートワーク(在宅ワーク)が頻繁にある。
仕事場に行けないけど、その代わりの効能が出て来た。

意外な出会いが待っていた。
僕は既婚者で既に1度退職し、嘱託扱い2年目の61歳である。

僕は、支店に勤務している、支店と言っても1人体制で、同じ様なメンバーが10人居り、他に本部スタッフが数名居る。

本部スタッフの中には女性が3名いる。
今年の1月に他部署から異動して来た、ある女性が居る。
本部スタッフなので、当然ながら滅多に逢う事は無い。
実際にリアルで観たのは2月の本部での会議の時だけだ。

「リモートワークは好きな女性社員を見ながらオナ三昧…(体験談)」の続きを読む

2022年01月18日 09:00

読了時間:約 7

投稿者:Kクン さん(男性・50代)

体験談タイトル:中学の頃に海女さんに筆下ろししてもらった思い出。

子供の頃にはよく遊びに行ってた親戚の郷里は漁師町で、そこの海女さんたちは昔ながらに褌一丁のトップレス姿で漁をしていた。
わたくしが中三の時の話だ。

夏休みに遊びに行くと、その親戚のおじさんから唐突に「オウ、K、今回男になってけよ!おめぇ来年から高校だろ?」と意味不明なことを言われた。

「漁師町のしきたりで海女さんに筆おろししてもらった…(体験談)」の続きを読む

2022年01月17日 21:00

読了時間:約 5

投稿者:エロいセールスマン さん(男性・30代)

体験談タイトル:後輩同僚の弱みを握って、セックスを強要

これは前職場での話だ。
私が在籍した部では2人一組のチーム編成で仕事をこなし、私のチームメイト(後輩)は田中○奈似のりんちゃん。

私はりんちゃんが入社した時から好意を寄せており、彼女にしたいとは思ったが、彼女には海外で遠距離恋愛中の彼氏がいた。

半分諦めかけていたところ、別の同僚からりんちゃんは彼氏となかなか上手くいっていない、という情報を入手した。

「好きな後輩をモノにするために汚い手を使った結果…(体験談)」の続きを読む

2022年01月17日 15:00

読了時間:約 7

体験談タイトル:ベテランMなのになぜか素人小娘にいじめられて死ぬ程興奮したM男体験談

僕がMだと自覚したのは10代の頃。周りの友人達が成人雑誌を回し読みしながら盛り上がる中、イマイチ同調できないでいましたが、唯一心を奪われたのが大きなお尻の女性が男性の顔を踏みつぶしている小説の挿絵でした。

友人達が夢中になっているのは成人雑誌の漫画の方でしたが、僕はその小説を読み耽りながら女性に踏みつけにされたい…と密かに股間を勃起させていました。

それから30年。僕はすっかりド変態の域に入る真性Mと成り果ててしまいました。
念願の顔面騎乗を受けた事をきっかけに、縛られたり、アナルを犯されたり、鞭打たれてイッてしまったりと全身M開発されてゆき、今では乳首とチンコにピアスまで着けている程です。

「ベテランのM男が素人女王様に虐められて大興奮しちゃいました…(体験談)」の続きを読む

2022年01月17日 09:00

読了時間:約 10

投稿者:しろくま さん(男性・30代)

体験談タイトル:ただの撮影のはずが・・・

先日あった役得の話。
オレは小さな広告代理店に勤めているんだけど、大手と違いクライアントも小規模な飲食店や物販店が多い。
なのでオレレベルの若造営業でも社長やオーナークラスとも仲良くしていただいている。

その中のひとつのランジェリーショップの女性オーナーは同年代ということもあり、仕事だけじゃなくプライベートの話などもよくする仲だ。

先日その女性オーナーと打ち合わせに行った時のこと、仕事の話が終わって雑談をしていたらオーナーが言った。

「デリヘルサイト用の撮影バイトで思わぬ役得が…(体験談)」の続きを読む

2022年01月16日 21:00

読了時間:約 2

投稿者:バーボン さん(男性・50代)

体験談タイトル:昼休みの短い至福の時間

美智子さんにすれ違いざま、おしりにタッチ!
キッとした目で私を睨みます。

昼休み、食事を済ませ車の中で休憩中。
「トントン」 窓ガラスをノックする音が…
逃げ込むように、美智子さんが後部座席に入ってきた。

「社内清掃の女性(46)に性処理もお願いしてる僕…(体験談)」の続きを読む

2022年01月16日 09:00

読了時間:約 5

投稿者:真実大好き さん(男性・40代)

体験談タイトル:レースクイーンの実態

昔レースクイーンの元カノから聴いたレースクイーンの実態。
人気レースクイーンのゆみ。
ファン感謝撮影会の前夜、ゆみはスポンサー社長にホテルの一室に呼び出された。

「ゆみ、明日の撮影会ではこのコスチュームを着るんだ。」
そう言うと社長は紙袋をゆみに渡した。
「今すぐ着替えるんだ」
ゆみはバスルームで紙袋を開け中のコスチュームに着替えて部屋に戻った。

「レースクイーンだった元カノから聞いた話…(体験談)」の続きを読む

2022年01月15日 21:00

読了時間:約 5

投稿者:美乳星人 さん(男性・40代)

体験談タイトル:元モデルに中出しし続けた2年間

5年程前の経験談です。
欧州の某都市で有る業種の日本市場の担当をしていた時の事です。

事務所には英国やフランス、イタリア、ドイツ、ロシア、ポーランド、中東など様々な国の従業員が居ました。
殆どが20代から30代の独身でした。

各国セールス部門には、何故か女性の職員が多く、日々が女子校のような感じ(下ネタのレベルが半端無い、バイブ使ってオナニーするとか:::)))) でして、男性は小生一人であったため、いつも聞く側に回っていました。

「東欧の元モデル美女に中出しし続けた2年間…(体験談)」の続きを読む

2022年01月15日 15:00

読了時間:約 5

タイトル:【女王様との出会い】M男を虜にする基本の言葉責め調教

言葉責めは精神で味わう快楽です。揺さぶられた感情によって体に感じる刺激もより敏感になるというもの。

身体には何のダメージもありませんが、言葉で支配しマゾをコントロールする、そして調教をより深いものとするために言葉責め調教は必要だと思っています。

しかし、この言葉責め、慣れていないと“どんな風に言葉を発したらいいのかわからない” “なんだか少し照れ臭い”と感じることでしょう。

これは調教を積み重ねて慣れていくしかありません。初めはぎこちないですが、次第に言葉で支配し調教していくことが板について相手の感情に刺さるように必ずなってくると思います。コツコツとマゾを罵倒していきましょう。

そのためにここではM男を虜にできるように言葉責めのコツを書いていきます。

「」の続きを読む

2022年01月15日 09:00

読了時間:約 5

投稿者:抹茶さん(女性・20代)

体験談タイトル:【レズ】ゼミの女友達に全裸にされ…

わたしはこの春に大学を卒業したばかりで、今は会社の研修に明け暮れる日々ですが、ふいに自分の経験をつづる場所を見つけたので、ここに書き残したいと思います。

私たちのゼミは二年生のときから同じ顔ぶれのせいか、全体的に仲の良いゼミでした。
特に仲がよかったのはわたしとTとかなこです。
二人はとても明るく、三人でよく冗談を言い合っていました。(ゼミの先生にたまに怒られることも…)

「【レズ3P】卒業記念に女3人で飲んでたら…(体験談)」の続きを読む

2022年01月14日 21:00

読了時間:約 3

投稿者:しおり さん(女性)

体験談タイトル:レズ

私は○学生の時バレー部に所属していた。
当時は将来本気でバレーの選手になりたかったので入部した時から、人一倍努力をしてその年にレギュラーになることが出来た。

レギュラー入りしてからも必死に努力を続けたが2年になってすぐ練習中に大怪我を負い半年近く参加できず戻ったときにはレギュラーから外されてしまっていた。
簡単に外されて気持ちが折れあっけなく退部してしまった。

「Mでレズの私が女ご主人様から受けた嫌なプレイ…(体験談)」の続きを読む

2022年01月14日 09:00

読了時間:約 3

投稿者:ゴミ野郎 さん(男性・50代)

体験談タイトル:完璧超人だった高校時代の同級生をレイプ

あれはもう30年くらい前のことだろうか。
さすがに時効だと思うのでここに投稿することにした。

当時の俺は一浪して入った大学を二留した挙げ句退学してフリーターのような生活を送っていた。
ある日の夜、いつものようにふらふらと出歩いていると、高校時代の同級生だった河西夢菜を見かけた。

「優等生だった同級生を理不尽にレイプした夜…(体験談)」の続きを読む

2022年01月13日 21:00

読了時間:約 4

投稿者:あかい さん(男性・30代)

体験談タイトル:人妻になった同級生

半年付き合った彼女と別れ、酒に酔った勢いで、かつて好きだったが思いを告げることなく離れた同級生の子に連絡してみた。

彼女とは高校卒業後は一度もあっていなかったが、在学中わりと仲が良かったからか、意外に乗ってくれた。

少し浮かれていたが、彼女は結婚して既に子どももいるようだった。
24歳なのでタイミングとしては普通のことではある。

子育てで忙しいのだろうが、しばらく連絡を続けるうちに、会おうということになった。

「浮気相手の人妻同級生に無性に中出ししたくなり…(体験談)」の続きを読む

2022年01月13日 15:00

読了時間:約 3

タイトル:【初心者でも楽しめる】女王様からの射精管理の魅力

男なら射精の気持ち良さは筆舌に尽くせないものだというのは知ってのとおりでしょう。

中にはトラウマで射精に罪悪感や嫌悪感を持っている人もいるかと思いますが、M男ならそのトラウマさえも自らの性癖に昇華できるようになるので、マゾ男になることをオススメいたします。

普通は射精は自分がしたい時にするものです。
もしくはパートナーがいる場合はお互いにしたい時にするものです。

決して誰かに命令されてするものではありません。

ですが、S女とM男の間では自分の意志で当たり前のようにできていた射精が当たり前でなくなる事があります。

それが射精管理となります。

「SM初心者でも楽しめる「射精管理」の魅力とは…」の続きを読む

2022年01月13日 09:00

読了時間:約 8

投稿者:トモ さん(男性・20代)

体験談タイトル:社内でビッチと噂される年増に手を出した結果

俺にはセフレがいる。
俺より7つ上の35才、独身の女だ。
同じ会社の経理課にいる。

まぁ、顔はちょいブスで眼鏡をかけている。
服装も地味で、大人しそうに見える女だ。

通勤の地下鉄が同じだった。
並んで吊り革を握ったこともあった。
少し話しするようになった。

飲みに誘ったら、躊躇なくOKした。
飲み屋を出て、手を握ったら握り返してきた。
そのままラブホに入った。

「セフレだと思ってた年上巨乳独女に中出ししまくってた結果…(体験談)」の続きを読む

2022年01月12日 21:00

読了時間:約 12

投稿者:カイト さん(男性・20代)

体験談タイトル:筆おろしさせてもらったオナニー好きのビッチ女に本気になってしまった結果

高1の秋、風邪気味だが通学の電車に乗った。
でも、熱が上がって辛くて途中駅で降りた。

家に戻って、学校に電話した。
薬を飲んで、2階の自分の部屋に行った。

着替えもせずに、ベッドに横になった。
すぐに寝落ちた。

昼過ぎ、目覚めた。
隣の姉の部屋から音楽が漏れ聞こえた。
音楽が止んで姉の声が聞こえた。

「俺に筆おろししてくれた男好きの姉の友達に惚れてしまい…(体験談)」の続きを読む

2022年01月12日 09:00

読了時間:約 11

投稿者:0127 さん(男性・50代)

体験談タイトル:妻の本性

後日談⑦:妻が寝取られて初めて自分の性癖に気付いた夏…(後日談⑦)
後日談⑥:妻が寝取られて初めて自分の性癖に気付いた夏…(後日談⑥)
後日談⑤:妻が寝取られて初めて自分の性癖に気付いた夏…(後日談⑤)
後日談④:妻が寝取られて初めて自分の性癖に気付いた夏…(後日談④)
後日談③:妻が寝取られて初めて自分の性癖に気付いた夏…(後日談③)
後日談②:妻が寝取られて初めて自分の性癖に気付いた夏…(後日談②)
後日談①:妻が寝取られて初めて自分の性癖に気付いた夏…(後日談①)
最初のお話:妻が寝取られて初めて自分の性癖に気付いた夏…(体験談)

《店の中の事は、店の中だけ》
イズミとの約束は必ず守ろうと、車を走らせながら思いました。
もちろん彼女にも言いません、コレ以上淋しい思いをさせたく無かったからです。

(あの夜の事、書いてごめん、イズミ)
これを曲がれば家が見えてくる最後の角、一番奥だけは真っ暗、妻は未だ帰宅してません。
午前3:30過ぎ、家に入りダイニングテーブルに、コーヒーを入れタバコに火をつけた矢先に、妻が帰宅。

「妻が寝取られて初めて自分の性癖に気付いた夏…(後日談⑧)」の続きを読む