2019年02月18日 09:00

読了時間:約 2

私の勤めてるゲーセンに美奈という16歳の娘がバイトに来ました。
童顔で身長も145cm位、見た目は小学生みたいな子でした。
ミスが多く、注意するたびに泣きそうになる顔がSな私の心に火をつけました。

ある日の夕方、勤務を終えた美奈を店長室に呼びつけ、「美奈ちゃんはミスが多すぎるね・・・このままミスが減らなければ今月で辞めてもらう事になるよ」と告げました。
美奈は母子家庭の長女で、下に小学生のが2人います。
母親は病気がち(ひどい鬱)で生活保護を受けているため美奈の稼ぎが必要なので、クビになれない事情を私は知ってました。

「家庭が複雑な巨乳女子高生バイトを職権乱用で性奴隷に…(体験談)」の続きを読む

2019年02月17日 21:00

読了時間:約 6

友人の田中はまだ独身です。
髭も濃く、体中毛むくじゃらで、じゃがいものような顔をしています。
山男で無口ですがいいやつです。
月に一度ぐらい、山の帰りに家に泊まっていきます。

風呂に入って出てくると、妻の前でも平気でパンツ一枚で飲んでいます。
妻も田中には好感を持っているようで、嫌な顔せず何かと世話をしてくれます。
その晩も、家で飲んでいて泊まっていくことになりました。

「妻を毛むくじゃらの山男に寝取らせてみた結果…(体験談)」の続きを読む

2019年02月17日 09:00

読了時間:約 4

去年の事です。
故郷の親友の息子(中学3年生)が、夏期講習で我が家に来た時のことです。
彼は東京の高校を志望しているため、お願いされたのでした。

私は30半ばの既婚ですが子供はいません。
そんな事こともあり、彼を我が子の様に見ていましたが、彼にとって私はそうではなかったのです。
でも、私はそんなことに気づいていませんでした。

「【筆おろし】うちに下宿していた親友の中学生の息子を食べちゃいました…(体験談)」の続きを読む

2019年02月16日 21:00

読了時間:約 7

高校3年の時、推薦入試で先に進学先が決まった俺は気楽に、それでもちゃんと卒業まで学校へ通っていた。
卒業式の前、皆、受験でほとんど学校には来ていなくて、その日の教室は俺の他に同じく進学先が決まっていた4、5人だけだった。

副担任の玲子先生は大学を出て3年ほどの現国の先生で、「大学に入ったらどんなことをしたい?」などと気楽な話をしていた。
そのうち玲子先生の大学時代の話になり、その頃から付き合い始めた彼氏がいたが1年程前に別れたことを教えてくれた。

「大学が決まった高3の卒業式前に副担の女教師と…(体験談)」の続きを読む

2019年02月16日 09:00

読了時間:約 2

大学の時軽音サークルに入ってたけど、都合のいい時に呼ばれてやられてた。
1対1は少なく、いつも数人で、誰かの家にみんなが集まって呼ばれるのがパターン。
夏の夜に学校のプールでやったことも。
居酒屋で下着一枚にされたことも。

新歓で輪姦されて、そこからずるずる卒業まで。
体験人数は30人くらいかな。
今は立派に教師やってます!

「大学の時にサークルで公衆便女にされてました…(体験談)」の続きを読む

2019年02月15日 21:00

読了時間:約 4

恒例の家族旅行は今年は親父の急用のため、母と俺と妹の3人で海に行く事になった。
海に着くなり、仲の良い妹と泳ぎに行き、遊んでいる間、母は海辺で俺達を見ていた。
平凡なワンピースの水着の母だが、もう直ぐ40歳とは思えぬ若々しさと、そのスタイルに魅せられた様に男が次々に声をかけていた。

軽くあしらっている母だったので、俺達も遊びに夢中になり、母親の姿が消えたのには気づかなかった。
暫くしていないのに気づいたが、先に帰ったくらいにしか思っていなかった。

「【近親相姦】若者に犯される母の痴態を見た俺と妹が…(体験談)」の続きを読む

2019年02月15日 09:00

読了時間:約 7

昔会社に派遣で来たK子は相◯紗◯に似てモロ俺好みだった。
同僚Tに言うと「えー、あんなやつどこがいいんだ?」と全く相手にしない。
確かに男に対してガードが堅い雰囲気があってどことなくすました感じ。
噂ではお嬢様育ちで男性経験なしとの情報も。
そりゃハードル高いわ。

でもやたら美人だったので諦めるのは勿体無いと思った。
「俺アタックしてみるわー」と言うと「どうぞお好きに」というスタンスだった。
なので最初はTや仲の良かったM子などを含むグループでカラオケやライブなどを企画。

「粗チン同僚に寝取られたお嬢様を寝取り返したった…(体験談)」の続きを読む

2019年02月14日 21:00

読了時間:約 3

ネタなしに、そのまま報告する。
すべてガチ報告である。
今日は久しぶりにデリヘル嬢を呼ぶことにした。
昼・夕方・夜と3人のデリヘル嬢を呼ぶ。
お店は別々。

今からお店に電話する。
今、俺はかなり溜まってる。
欲求不満だ。
今電話した。
3軒のお店に電話した。

「溜まってたので1日に3人デリヘル嬢を呼んだ結果…(体験談)」の続きを読む

2019年02月14日 09:00

読了時間:約 5

僕はある仕事を辞めて無職に逆戻りかと思いましたが、とある仕事を紹介してもらう事になります。
体力的にはキツかったのですが、働かせてもらった経営者の方には感謝してました。
ある仕事とはハッテン場のサクラバイトでした。

僕自身はゲイではなくノンケでした。
僕みたいなサクラを雇うようになったキッカケは、お店にはおじさんしか来なくなり、僕のような若い見た目の常連が欲しかったみたいです。

「ハッテン場のバイト絡みでAVに出演した時の話…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2019年02月13日 21:00

読了時間:約 4

池袋での話です。
今から10年以上前、俺はテレクラや出会い喫茶にハマっていた。
やり過ぎてホテルで普通にエッチするのも飽きて、興奮もしなくなってきてたから、野外プレイに挑戦してみた。

で、出会い喫茶で交渉してみるが、野外と言うと警戒されて大体断られる。
少しハードルを下げて、「手コキかフェラだけ」って言うとやっと交渉成立。
場所はだいたいサ◯シャインシティの辺り。

「出会い喫茶で見つけた巨乳ギャルと覗かれ野外セックス…(体験談)」の続きを読む

2019年02月13日 09:00

読了時間:約 3

小六の時、お隣のお姉ちゃん(高校生くらいだったはず)の家に預けられた。
(よく覚えてないが、何か用事で遅くなるからだったかな)
お姉ちゃんの親は母親しかおらず、しかも仕事で家に帰るのはいつも10時くらいだった。

ご飯を一緒に食べて、テレビゲームをして遊んでいたが、お姉ちゃんが「お風呂に入りなさい」と言うので、自分の家から着替えをとってきた。
何だか不自然な気がしたが、断るのも何なので言われるままに入ることにした。

・・・で、当たり前のようにお姉ちゃんも一緒に入ることに。
やはり恥ずかしいので、前を隠しながら早く済ませようとしたが、お姉ちゃんが黙って後ろから俺の体を洗い始めた。

なでられているみたいで心地よかったが、お姉ちゃんの手が何故か俺の股間に伸びた。
自分で洗うからいいと手をどけようとしたが、優しかった腕に急に力が入り、押さえつけられてしまった。

あまり俺は力の強い方ではなく、お姉ちゃんはバレー部で、体格差はかなりのものだった。
突然無言で押さえつけられて、当時の俺は相当ビビった。

「【精通】小6の俺が女子高生のお姉ちゃんにお風呂で強制的に…(体験談)」の続きを読む

2019年02月12日 21:00

読了時間:約 4

一昨年、一人娘が進学で東京に出てから、妻の孝子に浮気を公認している。
孝子が初めて浮気をしてきたのは一昨年の初夏。
結婚して20年、孝子が44歳の時だった。
卒業25年の高校の同級会に出席して、帰りは深夜だった。

「誰かに抱かれてきたのか?」
「ええ、ちゃんとコンドームはしたから・・・」
「良かったか?」
「良かったって言うか、興奮した。だって、あなた以外は・・・22年ぶりだから・・・」
「22年ぶりかぁ。ところで俺は何人目の男なんだ?」

「あなたは3人目。私に浮気を許したんだから、あなたも浮気して良いわよ。でも私を抱くことはやめないでね。浮気は興奮するけど、セックス自体はあなたが一番気持ちいいもの。私の体を知り尽くしているから当たり前だけど・・・」
嬉しい事を言ってくれると思った。
俺の浮気は孝子の浮気の1ヶ月後、部下の人妻だった。

俺より10歳年下の37歳、メガネをかけた堅物な女で、一緒に行動すること4年、思い切って口説いてみたら簡単に落ちた。
初めてメガネを外した顔を見たが、意外と美人だった。
体は細く、妻の孝子より抱き心地が硬かったが、普段の堅物イメージが嘘のような乱れっぷりだった。

「凄く感じやすいんだね」
「主人の時だと、恥ずかしくてあんな風にはなれないんです」
浮気と割り切るから思い切り貪欲になれるようだった。
孝子はどうなんだろう?と思った。

「妻に浮気セックスを隠し撮りさせて楽しんでます…(体験談)」の続きを読む

2019年02月12日 09:00

読了時間:約 5

小料理屋の大将の息子と結婚して、今は女将になった真弓が連絡してきた。
「ねえ、明日お店が休みだから、夕方から一杯付き合ってくれないかな?」
真弓も満足させることもない旦那の浮気に気付き、不満と浮気された怒りが爆発して、中学時代の友人だった私に白羽の矢が立ったようだ。

旦那には、中学の友人と会うから遅くなると言って出てきたそうだが、その友人が男だとは思っていないだろう。
中学時代、俺は可愛い真弓を好きだったが、気持ちを伝えないで友達のまま卒業した。
卒業20年の同級会以来だから、真弓に会うのは5年ぶりだった。

「【不倫】中学時代の初恋の女性に20年越しに「想い」を遂げた…(体験談)」の続きを読む

2019年02月11日 21:00

読了時間:約 6

もう3年ほど前の話。
晴れて志望していた大学に進学した俺は、新歓飲み会の後にオッパブでハメを外して終電を逃していた。

で、タクシー呼ぼうかな、でも金無いな、とか考えながら、歩いて帰れない訳では無いけれど、歩いて帰るにはかなりしんどい距離の自宅に向かってとぼとぼ歩いていた。
で、繁華街の駅から5分くらい歩いた頃、制服姿の少女に声を掛けられた。

「飲み会帰りに拾った家出少女がとんでもないビッチだった…(体験談)」の続きを読む

2019年02月11日 09:00

読了時間:約 3

ネトゲのオフに行った時の事です。
ゲーム内でずっと口説かれていたAが参加するということもあり、私はちょっと緊張していました。

当時彼氏がいたのですが、中々会えない時期だったので欲求不満でちょっとその気になってる部分&ついでにM女なのでAのキモさにも興味がありました。
Aとは以前にもオフをした事があり(二人きりじゃないです)、顔はたらこくちびるでテンパー?な頭で、ふつーに「ヲタ」って感じでした。

「ネトゲの泊まりオフ会でキモオタの部屋に行ってしまった…(体験談)」の続きを読む

タグ:
1 / 23712345...102030...最後 »