2018年10月19日 09:00

読了時間:約 3

1階上に住んでいる奥さん、子供は居ないが27、8歳ぐらいである。
時々顔を合わすが、いつ見ても艶めかしく色っぽく男好きする姿である。
足元も白くほっそりして、お尻を振り振りして歩く姿がいいし、見るたびに前が膨らみ困る時がある。

ちょうど偶然に階段を上がって行く奥さんを見つけた。
短めのスカートで今にも見えそうだが、気付かれない様に後ろから付いて上がっていた時、急に躓いたのか、前のめりに倒れた。
思わず駆け寄り「大丈夫ですか」と声をかけ、抱き起こしたが、その時、偶然にも後ろから抱いたので両方の胸に手が掛かっていた。

「【人妻】同じマンションの巨乳奥さんを助けた結果…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年10月18日 21:00

読了時間:約 4

高校2年生の時の話。
当時は田舎のギャルといった感じでやりたい放題してました。
毎日学校帰りに、仲の良い友達数人とファミレスで騒ぐ毎日。
多い時には十数人で騒いでたから、お店側はとても迷惑してたと思います。

その頃は自分から「私は明るいビッチ!」とか言って結構やりまくってました。
もう性欲が凄かったんですよね、毎日セックスかオナニーしてましたから。
私達のグループの中に1人だけ男がいました。
と言ってもパシリというか、いじめてました。
背が小さくて細くてナヨナヨしてて、話してもどもってて。

「【レイプ】JK時代にパシリにしてた男に犯された話…(体験談)」の続きを読む

2018年10月18日 09:00

読了時間:約 3

俺は上尾に有る大手スーパーの店長。
パートで働いている30代主婦の9歳位の子供がお菓子を万引きしたのを偶々目撃した。
この事を伝えるとパート主婦は真っ青に。
「学校、警察にだけは伝えないでください」と。

彼女は里香という名で巨乳で癒し系の人妻だ。
前々から気になっていた存在。
倉庫に呼びつけ、「それは里香さん次第だね!」と語気を荒げて里香の反応を待った。
里香は察したらしく俯いたまま小さく頷いた。

「弱みを握った巨乳人妻パートを姓奴隷にしてます(体験談)」の続きを読む

2018年10月17日 21:00

読了時間:約 6

今年の4月から女子大生やっています。
ようやく大学にも慣れてきた頃かな。
そうすると、男が欲しくなりますよね。
え?ならないって?でも、あたしはなるんです。
高校の時は、だって、ずっと男がいたから。
週1~2のペースでエッチしてました。

・・・といっても、恋人じゃなくて、ちょっと気が合う男の子の友達で、高2の時に彼氏と別れて淋しくしてたときに、勢いでエッチしたのがきっかけでした。
だから、恋人じゃないんです。
大学に入って、京都に下宿して、恋人だったらそれでも続くんだろうけれど、「セックス付き男友達」なんて、離れてしまうと、わざわざ会いに行ったり来たりはしませんよねえ。

「【ビッチ】ただエッチがしたいだけの女子大生の私…(体験談)」の続きを読む

2018年10月17日 09:00

読了時間:約 3

そう遠くない昔まで、この国は性に対し大らかというか、実に下半身にだらしのない国であったと言います。
ただ、妻・ミカの故郷の村は、その点において昔のままなのです。
妻の育った村の夏祭りの前日、私は妻と2歳の娘を車に乗せ、妻の実家に向かっていました。

娘が後ろのシートのチャイルドシートで眠ってから、妻は助手席に移っています。
「着く頃には、日が暮れちゃうな」
私の言葉に妻は答えません。
山間の道は、すでに薄裏くなっています。
「あしたは、俺も神輿を担がされるのかな」
私が快感から気を紛らわせるためにとりとめない言葉を並べても妻は答えません。
妻の口は私に相槌を打つより、私の愚息への奉仕を優先しています。

「下半身にだらしのない村に生まれた妻…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年10月16日 21:00

読了時間:約 7

これは社会人1年目か2年目の事。
興味本位で始めてみた出会い系で、『K代』という女が引っかかった。
最初は割り切りでやったが、具合がよかったので、「次も頼むわ」と言うと、2回目には格安価格でハメる事ができた。
色んな体位でハメ倒してやったのがよかったのか、3回目には「お金はいらない」という事になった。

このK代、大阪の出身で高校中退、その後工場、スナック、キャバクラ、デリヘルとお決まりのコースを辿ったものの、どれも長続きせず、弟のアパートに転がり込んで家庭内ヒモみたいな生活をしている女だった。
見た目は長身で派手目な顔立ちで、胸はCくらいだった。

「【調教】どこに出しても恥ずかしくない変態女に育成した…(体験談)」の続きを読む

2018年10月15日 21:00

読了時間:約 6

私と妻は結婚して10年が経ち、夫婦ともに30歳代になりました。
結婚10年を祝うつもりで近くに住んでいる共通の友人たちを家へ招き、ちょっとしたパーティーを開くことにしました。
私たち夫婦を入れて総勢6組の夫婦たちが当日用意した妻たちの手料理に舌鼓を打ちながら、ビール、焼酎、ウィスキー、日本酒へと、かなりのハイスペースで進んでいきました。
日頃、こんなに揃う事の無い妻たちは、笑い転げながら、昔話に花が咲いていました。

パーティーが始まってから約5時間経ったころ、さすがに友人たちの多くは帰り支度を始め、妻もほろ酔い気分で片付けを始めていました。
そんな中、私の親友Tは、まだ飲み足りない様子で、妻に日本酒を催促していました。
Tは、友人たちの中でも一際酒に強く(SEXも)、私もそんなTにペースを合わせ、呂律は廻っていなかったと思います。

「【寝取らせ】巨乳妻の裸エプロンを巨根の友人に見せつけた結果…(体験談)」の続きを読む

2018年10月15日 09:00

読了時間:約 5

大学3年の時のこと。
研究室の事務員さんは、幾つ位年上だったのかなあ。
結局年は教えてくれなかったんだけど、たぶん20代後半くらいか30前半くらいだったかと思う。
もう結婚されてて、でも人妻って感じは全然しなくて、同世代の学部生にはない落ち着きを持ってる人だった。

よく研究室で飲んだりしてたのだけど、学生や教授たちと一緒に杯を重ねて、いい気分でほろ酔ってる姿もそれまでよく目にしていて。
皆で酔っぱらって、ついつい肩を寄せ合ってたり抱きしめられたりしたこともありましたが、女性には興味がいっぱいの年頃、そんな行為にちょっと(かなり?)ドキドキしていました。
もしかして・・・って。

「【初体験】今でも思い出す事務員の慶子さん…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年10月14日 21:00

読了時間:約 3

私47歳、妻37歳、子供1人(妻の連れ子)の結婚5年目の夫婦です。
妻は、私の知人達からも必ずと言っていいほど、「お綺麗ですね」「スタイルいいですね」「色っぽいですね」などと言われる。
166センチ、48キロ、Fカップ、足長で峰不二子似の自慢の女です。
はっきり言ってエロイです。

そんな妻の過去経験を聞いて、私もビンビンに勃起する性癖なのですが、二つだけ、怒りなのか、劣等感なのかわかりませんが、苦しいことがあります。
妻の経験人数は、私を入れて8人(8本)です。

初体験は17歳の時に高校の同級生として、その後、高校の先輩としたしたそうです。
20歳まで付き合ったということですから、健全な方と思ってます。
そこから妻の“おてんば”が始まったのです。

「自慢の美人妻なのに酷すぎる過去に我慢できません…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年10月14日 09:00

読了時間:約 3

これは私が小学4年生の時の話です。
一年程前から母がよく私に、「預かり物」などと言っては、私が集めていた文具やお菓子などを渡してくれていました。
「誰がくれたの?」って聞くと、母のパート先に出入りする業者のお兄ちゃんだとの事です。
私は特に何の疑いもせずに喜んで貰っていました。

ある時、母が「そのお兄ちゃんと一緒に遊びに行こうか」って言って来ました。
聞くと、その方も娘さんがいるようで、私と歳も近かったので4人で遊びに出かけました。
どんな人なのかなぁって私は緊張してました。
いざ会ってみると、凄く爽やかなお兄さんでした。
母よりも3歳程下だという事でした。

「【不倫】母と不倫相手とのデートに付き合わされて…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年10月13日 21:00

読了時間:約 3

出会い系で出会い、それ以来5年もの間関係を続けた女性が居ました。
私が28歳~33歳、彼女が32歳~37歳。
身長が153cmと低くいが細くて巨乳!顔が酒井◯子に激似!?
子供が居ない人の妻・・・。
お互い仕事が忙しく、逢うのは平日の20時~24時、週一の関係だった。

出会った頃私はまだ独身で、年上で美人で経験豊富なこの人妻に溺れる毎日。
しかも基礎体温を測っているから逢う時は必ず中出し。
32歳になった時、私に突然お見合いの話が来た。
エエ所のお嬢で向こうはかなり乗り気らしい・・・。
何気にそのことを人妻である彼女に話したところ「今晩逢いに行く」と言う。

「不倫相手の巨乳人妻に要求されて中出ししたら…(体験談)」の続きを読む

2018年10月13日 09:00

読了時間:約 3

仕事が忙しくて、結局徹夜で残業。
翌朝始発でシャワーを浴びに帰ることにした。
悶々とした気持ちと、ひとまず長時間の仕事を終えた開放感から、一人暮らしをしているセフレのアパートへ直行。
朝5時じゃあ、まだ寝てるだろう。
僕の職場からは45分くらいで着く。
まだこの時間は通勤ラッシュとは逆方向なので電車は空いている。

セフレの住んでいる最寄駅に着いた。
駅から歩いて10分弱。
この辺は比較的ワンルームやアパートが密集している。
セフレのアパートの前から携帯へ電話。
なかなか出ない。留守電になる。
リダイヤル。
ものすごく眠たそうな声で・・・

「徹夜明けの早朝に寝てるセフレ宅に突撃したった…(体験談)」の続きを読む

タグ:
2018年10月12日 21:00

読了時間:約 4

大学の頃、一人暮らしをしてる文化住宅に男友達とその彼女が予告もなくやってきた。
結構夜遅くて俺は晩飯を済ませ、AVでも見て一発抜こうと思ってるときだったので、ビデオデッキにはレンタル店で借りてきたエロビデオが入った状態だった。
二人は既に酔っており、かなりハイな状態。
楽しそうにいちゃついて俺は出す物を出せず、やや不機嫌な状態だった。

男友達は高校の頃からの悪友。
彼女はそいつと付き合うようになってから紹介され、3ヶ月くらい前に初めて会ってから何度か顔を合わせている。
当時、俺には彼女がおらず、3人で遊ぶ事も2~3回あった。
彼女は良くモテる男前の友達の彼女らしく結構美人で派手な顔立ちだった。

「【フェラ】酔って家に来た友達カップルの彼女にAVを見られて…(体験談)」の続きを読む

2018年10月12日 09:00

読了時間:約 4

私の場合は姉弟相姦です。
私の姉は今年31歳になります。
私は年子で30歳。
それぞれ仕事を持っています。
姉は個人経営のレストランに勤め、私は印刷会社の事務員をしています。

両親は健在で、二人とも年金で暮らしています。
両親とはそれぞれカマドを分けています。
まだ親も若いですし・・・キッカケは何だろう。
こういったスレに書き込みする段になって、考え込んでしまいます。
当然のことながら他人にお話しするのは初めてで、自分の中で整理がついていないのです。

「【姉弟相姦】結婚する姉に昔から憧れてた気持ちが溢れてしまい…(体験談)」の続きを読む

2018年10月11日 21:00

読了時間:約 4

私は、25歳の社会人です。
ある日雑誌の性感マッサージの特集を読み、どうしても試したくなりました。
そこで女子大生で21歳の妹の彩に試すことにしました。
彩は身長こそは低いですが、形のよい胸、くびれた腰、むっちりと充実したお尻、かもしかのような脚、スタイル抜群でした。
彩が女子高生の頃から、いつかセックスしたいと考えていました。

彩の部屋に行くと、彩はパジャマ姿でうつ伏せ状態で本を読んでました。
私は、まず彩の肩を揉みました。
「肩凝っているの、気持ちいい」と喜んでいました。
私は背中から責めることにしました。
まず背骨の周りを押しました。

「【兄妹相姦】妹(JD)に性感マッサージを試してみた結果…(体験談)」の続きを読む

1 / 22112345...102030...最後 »