2021年01月05日 21:00

巨乳ビッチに強制射精させられた哀れな童貞バイト君…(体験談)

読了時間:約 2

聞いてくれ・・・。
うちの会社の社員(26歳ビッチ)が、バイト(21歳のコミュ障男)を飲み会で襲って射精させた・・・。

コトが起こったのは、旦那さんの転勤に伴い辞める事になった30代派遣社員の送別会。
ビッチは“絡み酒”をするので、部長が「飲みすぎるなよー」と注意していたのに、無類の酒好きなものだから聞きやしない。


丁度良いところで止めておいてくれればいい盛り上げ役になってくれるんだが、やっぱり盛り上がりすぎて飲みすぎるんだよなぁ・・・。
そしてたまたま隣の席だったバイトに絡み始めるビッチ。

「バイト君って童貞っぽいよねぇ~」
「・・・いやなんなんすか急に」
「童貞なんじゃない?ねぇ童貞っしょ?」
「・・・やめてくださいよ」

バイトはコミュ障で童貞っぽいが、服とか小物はオシャレにしている。
喋った瞬間に童貞感が露わになるタイプ・・・というかむしろ服オタなのだと思う。
割とプライドが高い。
だからそういうイジリは受け入れられない方だ。

でも近くの席にいた営業のチャラ男がさらに盛り上げようとする。
チャラ男「バイト君この際だからビッチさんの巨乳触れば?」
バイト「え?いや無いですよそういうの」
ビッチ「巨乳だよっwお姉さんの巨乳だよっw」
バイト「勘弁してくださいよ・・・何なんですかこういうの・・・」
ビッチ「可愛いんだけどー!何このバイト君可愛い!」

飲み会の座席は俺ら年増チーム(30歳以上)と、若者チーム(20代)でざっくりと2つのテーブルに別れていたので、若者チームの方にブレーキ役が居ない。
(まずいだろ!部長注意しろ!)と俺は思っていたが、部長は辞める派遣社員と話し込んでいて若者チームの盛り上がりは無視している。

少しするとウワー、ギャハハーみたいな笑いが一斉に起こった。
若者チームの方を見ると、ビッチがバイトの上に対面座位みたいに座り、巨乳で顔を挟みながら腰を振っとった。

さすがに俺も「何やってんだ!」と叫んで、気付いた部長と一緒に立ち上がって若者テーブルに注意しに行った。
ビッチはヒャッハッハみたいに笑いながらバイトから降りようとしたが、泥酔していてヨレヨレでなかなか降りられない。

部長が「ふざけるな!会社の飲み会だぞ!」と一喝してビッチの腕を引っ張り上げると、やっと少し素面に戻ったような顔をした。
ビッチは部長に個室の外に連れ出されて一対一で説教。

俺は、残されたバイトが目のふちを赤くして鼻水が少し出ていたので「バイト、顔洗え」と言って個室の外に連れ出した。
その時バイトの体から精液の匂いがした。
あれだけ腰振られたら童貞だったら出てしまうかもしれない。

俺は既婚だし、歳を取ってすっかり遅漏になってそんな敏感さなんて失ってしまったが・・・。
そしてバイトをトイレまで送ってやった。
掛ける言葉もなかった。
もっと早くに大声を出してやれば救えたのかもしれないのだが・・・。

それにしてもうちの会社の若手はあまりにも酷い。
ビッチも営業のチャラ男も仕事はそれなりに出来るんだが、無神経すぎるし人としておかしい点が多々ある。
正直ノリが合わないというか転職したくなる時がある。

コメント (0)
コメントする