2021年01月29日 09:00

【調教】学生時代に就職課の先生に目覚めさせられた私のM性…(体験談)

読了時間:約 3

20代の頃、就職課の先生の所に進路相談に行きました。
そして食事に誘われ飲みに行き、無理やりラブホに連れて行かれました。
先生「俺がオマエのスケベな部分を目覚めさせてやる」
当時44歳の先生の強引で、命令調のセックスになぜか快楽を感じました。

いきなり、「オナニーはやったことあるのか?」と聞かれました。
実は6歳からしていましたが、親や姉妹や友人はもちろん、今まで付き合った人にも話していない秘密のことでした。
私は、「やったことない」と言いました。


先生と温泉に行って一泊した時のこと。
部屋に入るといきなり、「服を脱げ!」と命令されました。
戸惑ってると、「何をしている、早くするんだ!」と命令され、私は慌てて着ている物、パンティーも全部脱ぎました。

先生がトイレでおしっこをして、私に口でおちんぽを掃除するように命じました。
嫌でしたが、おちんぽを口で拭いてあげました。
先生「おまんこを開いて見せろ!」
当時の私にとっては恥ずかしい行為でしたが命令です。

M字に開脚し、指でぱっくり開いて見せました。
おまんこは蜜で溢れていました。
恥ずかしいのに愛液がシーツに垂れてシミを作っていました。

先生「『私のおまんこにちんぽを入れてください』って言えっ!」
私「あ・・・わ、わたしの・・・おまんこに・・・お、おちんぽを・・・入れて・・・ください・・」
先生「お前は本当にいやらしい女だな」
そしてオナニーを命ぜられました。

(恥ずかしい・・・人に話したことも見せたこともない姿を・・・)
本当はオナニーが大好きなのに、慣れていないフリをしてクリトリスを愛撫しましたが、身体は嘘をつけません。
一番感じるところなので、「アアッ・・・」と喘いでしまいます。
下半身がビクンときました。

先生はすぐ隣で、私が自分でおまんこを触って仰け反ってる姿をじっと見てます。
(見られてる・・・私のオナニー・・・恥ずかしいっ!あぅ、あぅ、ああ、見てぇ~見てぇ~、私、ホントはこんなにスケベな女なの~、ああ~っああ~っああ~っ)
私のおまんこがヒクヒク動いてきて蜜がドクドク溢れています。

先生「オラオラオラ~!早くイケ!早くイケ!」
私「ふぅあぅっ!ふぅあぅっ!ふぅあぁぁぁ~~~~~~~~っ!」
眉間に皺を寄せ、誰にも見られたくない一番恥ずかしい顔・・・。
自分で自分のおまんこを触り、イッた顔を見られてしまいました。

イッてぐったりしてた私の口に先生はちんぽを咥えさせました。
朦朧としてましたが、私は口でしごいてあげました。
(フェラチオで男をイかす自信はあったので)
先生「ア~~~~~~~~~~ッ!」
私「ングッ、ンンンンンン~~」
先生は白いホットカルピスのようなザーメンを私の口の中で飛ばしました。
私はそれを1滴残らず強く吸って飲み干してあげました。

後日、先生から読み終わった本を貰いました。
それは調教に関する官能小説でした。
初めて読んだ調教に関しての小説。
それはとっても衝撃的な内容でした。
野外で人前での強制オナニー。
オマンコをぱっくり開いてヒッチハイクを命ぜられる主人公・・・。

幸い(?)私は命令はされませんでしたが、衝撃を受けました。
その本を読んで何回もオナニーをしてイッてしまいました・・・。
その後、先生は他の“おもちゃ”を見つけて私のもとを去っていきました。

書いてておまんこが濡れてきました・・・。
あぁ・・・私って本当にスケベでいやらしい女です。
なのにここ数年、ずっとおちんぽを入れてないんです。
先生からも、「ナイスバディで、よく締まるいいおまんこ」と褒められたのに・・・。

最近、特にちんぽが欲しくて欲しくて・・・。
オナニーの回数が増えてしまい、1日に何回もやってしまいます。
仕事中も思い出し、パンティーに染みができています。
でも、会社では夜のオナニーを楽しむため我慢我慢。
バイブも勇気を出して買いました。

当時を思い出して、鏡を見ながら、今からおまんこをくぱぁと開いてオナニーします。

コメント (0)
コメントする