僕と健は親友以上の間柄だった。家が隣同士で同い年。
どちらも一人っ子で、誕生日も近い。物心ついた頃から兄弟のように育った。
どっちかと言えば健は外交的で僕は内向的なんだが、それがいい具合だったのかもしれない。

喧嘩して「絶交」したこともあるけど、いつの間にか一緒にいる。
家族に言えないことも相談し合える存在だ。
 
2人の母親同士も大の仲良し。
年が近いし(健のママが1コ上)、だいたい同じ時期に結婚してこの街に来て、同じ時期に子供を産んだ。

家族構成とかも似てたから、子育てや近所付き合いのことで互いに相談したり、手伝ったり、愚痴を言い合ったり。
しょっちゅう2人で出掛けるし、よく互いの家に来て、お茶を飲みながらお喋りしてた。

健のママ…慶子さんて言うんだけど、ちょっとした美人でもある。
水沢アキを若くした感じかな。

背が高くて細身だけど、体はそれなりにメリハリがあって、胸元から覗く谷間や、短めのスカートから伸びるスラリとした脚がたまらない。
小6でオナニーを覚えてから、慶子さんがナンバーワンのオカズになるのに時間は掛からなかった。

さすがに健に申し訳ないなと思ってたら、実は健も僕のママをオカズにしてたんだ。
健と猥談してたとき…といってもガキ同士だし他愛ない内容だけど、健が打ち明けてくれた。

「お前には悪いと思ってるけど、俺、美沙子おばさん(←僕のママ)もオカズにしてんだ」

それも、やっぱりナンバーワンだという。

もちろん驚いたけど、正直、健の気持ちも分からなくはない。
僕のママ、慶子さんとタイプが違うけど確かに美人。松下由樹似…かな。
どっちかと言えば小柄で、胸とお尻は結構ボリュームがある。
かといって本人が気にするほどは太ってるわけじゃなくて、体のラインはかなりエロい。

健には言わなかったけど、僕も我慢できず何回かオカズにしたことがある。
ムチャクチャ興奮する代わり、終わってからものすごい罪悪感で落ち込むから、僕にとっては「最終兵器」だったけど。

「ええっ、お前も?」
僕も思わず慶子さんのことを告白。
何だか変な連帯感みたいなものが生まれて、それからというもの、互いの母親に関する妄想を話すようになった。

家族でプールに行ったときのママの水着姿の写真とか、タンスから失敬したママの下着とかを交換したこともある。
今から思えば男2人で何やってんだって感じだけど、これで2人の絆というか友情がますます深まった。


中1の夏、僕と健の親子2組で東北の温泉に行った。
本当は父親たちも来るはずだったけど、健のパパの都合がつかず、
「じゃあ、女子供だけで」となったわけ。

健の一家…というか慶子さんと一緒の旅行は5年ぶりくらいだから、飛び上がるほど嬉しかった。
もちろん健も、うちのママと一緒で大喜びだ。
当時、僕のママは35歳で、慶子さんは36歳だったと思う。

旅行の前日、遊びに来た健が、そっと僕に白い錠剤を見せてくれた。
不思議そうな顔をする僕に小声で説明する。

「これ、うちのママの睡眠薬」
眠れない夜に慶子さんが使ってるという。
「まさか…」
これまでも、眠り込んだママにあんなことやこんなことして…なんて妄想を2人で話したことはあったけど、実際になんて…。

「本気かよ?」
ビビる僕に、健は「チャンスがあればってこと」と強がってみせる。
僕も何だかその気になって、錠剤をすりつぶして粉にするのを手伝った。

慶子さんが運転する車で温泉宿に着いたのは夕方だった。
とりあえず近くを散策して入浴。
浴場はたくさんあって、せっかくだから一番大きなのに入ったけど、残念ながら男女別浴だ。

地元食材をふんだんに使った夕食は美味しかったけど、僕らはそれどころじゃない。
といっても配膳は仲居さんがしてくれて、薬を仕込むチャンスなんてなかった。

お膳が下がって布団も敷かれ、ママたちはまだビールを飲んでた。
2人とも普段は飲まないのに、旅行先でリラックスしたんだろう。
僕が半分諦めながら健と対戦ゲームをしてたら、ママが追加注文したビールが届いた。

「僕が注ぐよ」
健は立ち上がると僕に目配せする。
「あんたは飲んじゃダメよ」なんて声を掛けて、ママたちはお喋りを続けてる。

健はママたちから見えないような体勢でコップにビールを注ぐと、粉にした睡眠薬をポケットから出してサッと混ぜた。

「ありがと」
ママたちは怪しむ素振りも見せずコップを受け取ると、美味しそうに飲み始めた。
僕も健も緊張で顔が引きつってる。

5分…10分…母親2人に変化はない。
やっぱりダメか、冷たいビールだから薬が溶けなかったのかも…とか考えながら、子供2人はゲームを続行。

再び熱中し始めた時、健が「おいっ」と小さく声を掛け、アゴでママたちの方を指した。
そういや話し声が途切れてる。

薬を飲ませて30分くらい。
振り向くと、慶子さんは机に突っ伏して、僕のママは座椅子で丸まるように眠ってた。

「ねえ…ママ?」
健が声を掛けたが反応はない。
子供2人が同時にゴクリと唾を飲んだ。
10分くらい観察して、もう一度声を掛けても同じ。
僕らはゲーム機を置くと、恐るおそる母親に近づいた。
2人とも安らかな寝息を立ててる。

「お、おい…動かそうぜ」
健に促され、まず僕のママ、それから慶子さんを2人がかりで布団に寝かせた。
僕らが泊まってた部屋は3つの小部屋に分かれてて、食事する少し広い部屋と、小さな寝室が1つずつ。
目を覚ましたとき言い訳できるよう、ママたちは大人用の寝室に運んだ。

「触って…みようか」
僕の提案に健は黙ってうなずいた。
おっかなびっくり手を伸ばし、横たわる慶子さんの肩口…そして憧れのオッパイに指を這わせる。

浴衣越しに少しゴワっとしたブラジャーの感触。
それでも興奮を高めるには十分だ。
襟元から手を差し込んで、滑らかな肌の手触りを楽しむ僕の隣で、健が僕のママの大きな胸を撫でながら、浴衣の襟元を広げようとしているのが見えた。

僕も慶子さんの胸元を広げてみた。
ベージュのブラに包まれた白いオッパイは、想像したより大きくてCカップくらい?
しばらくブラ越しに撫でた後、思い切ってカップの中に指を差し込んでみた。

指先に乳首が触れた瞬間、慶子さんが「ん…」と顔を動かす。
心臓が止まる思いだったが、起きる様子はない。
僕の股間は早くも充血してた。

「もうちょっと…大丈夫だよな?」
「う、うん…」
何の根拠もない確認を交わすと、健はママの浴衣の帯を解き始めた。

僕も慶子さんに同じことをしたが、これが案外難しい。
やっとの思いで帯を抜き取り、浴衣の前を全開にする。

慶子さんのパンティーはブラと同じベージュ。
隣では薄い青のブラに覆われたママの胸を健がまさぐってる。
Eカップはありそうなオッパイは、仰向けでも大きく盛り上がるほどのボリュームだ。

安らかな寝息に僕らは少し大胆になった。
慶子さんの浴衣を脱がせ、細身の体を抱きかかえた。洗い髪のいい匂い。
そのままブラのホックを外そうとしたが、童貞の中学生にはなかなかの難題だ。

四苦八苦してホックを外し、ゆっくりとブラ紐を肩から抜く。
ぷるんとこぼれ出た丸い乳房。
柔らかな感触に気が遠くなる思いで、先端にある少し濃い色の乳首を摘んでみる。

心なしか慶子さんの息が荒くなったみたい。
親指と人差し指でコリコリといじると、少しずつ硬く大きくなってきた。

健も苦労してママのブラを取り去って、手のひらに余る2つの膨らみを掴みながら谷間に顔を埋めてた。
乳首もママの方が慶子さんより大きいけど、乳首の色はママが薄め。

僕らは夢中で柔らかいオッパイを揉み、舐め、赤ん坊みたいに乳首に吸い付いた。
片方の乳首を指先でいじりながら、もう片方を咥えて舌先で転がすと、声こそ出さないけど慶子さんが深く息を吐いた。

健の興奮は止まらない。
ママの大きなオッパイを堪能すると、そのまま体を下に移動して白いパンティーのゴムに指を掛けた。

「えっ?」
思わず声を上げそうになった僕を尻目に、健は小さな布地を引き下ろそうとする。

僕も意を決して慶子さんのパンティーに手を掛けた。
腰を持ち上げるようにしたら、案外するりと脱げた。
ママのお尻が大きい分、苦労した健も、何とか布を剥ぎ取った。

中1男子の前で一糸まとわぬ姿のまま、安らかな寝息を立てる母2人。
どう見ても異常な光景なんだろうけど、そんなこと考える余裕はなかった。

下の毛は慶子さんのがちょっと濃くてダイヤ形。
ママのは薄めで逆三角形だ。
女の人も色々なんだと、変なことに感心した。

唾をもう一度ごくりと飲んで慶子さんの下腹部に手を伸ばす。
ゴワッとした陰毛の手触り。
そのまま指を進めると、肌とは違う肉の感触がした。

「よく分かんないよ」
健は大胆にもママの膝を立てて脚を広げ、熱心に観察してる。
僕も真似て慶子さんの股ぐらを足の方から覗き込んだ。

初めて見た女性のオマンコは複雑な形で、色も肌と違う。
軽くつついたり広げて指を這わせたりすると、少しずつヌルヌルしてきた。

『眠ってても感じるんだ』
新しい発見だ。夢中になっていじると、ますます濡れてくる。
「たぶん、これがクリトリスだぜ」
隣を覗くと、健がママのオマンコを指で広げてた。

言われてみれば、割れ目の端に小さな突起のようなものが見える。
13年前に僕が通ってきた場所と考えたら、ちょっと妙な気分。

健が指先でつつくと、ママが「ん…んん…」と声を漏らした。
僕も慶子さんのクリトリスを探り当て、指の腹で軽く撫でてみる。
「はあ…あぁ…」
慶子さんも荒い息を吐いた。

「もう、我慢できないよ」
健がジャージの下を脱ぎ捨てる。
僕もギンギンになったチンコを引っ張り出した。
慶子さんの膣に達した僕の指先はベトベト。

出し入れすると慶子さんの息がさらに荒くなって、キレイな顔が歪む。
僕はオマンコをいじりながら、もう一方の手でチンコをしごき立てた。
健はといえば、ママの乳首を咥えながら片手で股間をまさぐり、もう片手でチンコを握ってる。

頭の中じゃギンギンのチンコを挿し込んで…なんて想像ばかり先に進むが、悲しいかな童貞少年たちは既に精一杯。

「ああ…ダメだ」
泣きそうな声を上げた健が、体を反らせると同時に、チンコの先から白い液が飛び出しママの大きなオッパイに。

次の瞬間、僕のチンコも爆発し、ドロっとした粘液を慶子さんのお腹のあたりにぶちまけた。

出すもの出してしばらく放心状態だった僕と健だが、興奮が鎮まるにつれ、とんでもないことをしてしまったという思いがこみ上げてきた。

「やっぱり…マズいよ」
「そ、そうだな…」
2人はチンコをしまうと、ママたちの体に付いた粘液をティッシュで拭き取る。
匂いが取れなくて焦った。

パンティーは何とか履かせることができたが、ブラのホックに手こずって焦りまくり。
どうにかこうにかして浴衣を着せたら、今度は帯の締め方が分からない。
何とか形だけ整えて布団をかけると、2人逃げるように隣の部屋の布団に飛び込んだ。

続く