前編はこちら

翌朝、目が覚めたらママたちはもう起きてた。
僕も健も心臓バクバクだったが、逃げるわけにもいかず、4人で朝食を取って出掛けた。

宿の近くにある地獄谷やミニ動物園を見物したり、観光レストランで食事したり。
ママたちが何となくよそよそしい感じもしたから、ずっと緊張しっぱなしだった。
 
午後は二手に分かれ、ママたちは物産館で買い物、僕らはゲームコーナーだ。
遊びながら健と「気付かれてないかな」「大丈夫だよ、きっと」なんて言い合ったが、気休めにもならない。
落ち着かない時間が過ぎ、日が暮れてから宿に戻った。

夕食が運ばれてもママたちは口数が少ないまま。
僕らの不安感も募るばかりだ。
お膳が下げられた後、ビールを飲みながら慶子さんが口を開いた。

「ねえ健、隆君(←僕)、昨日の夜、おばさんたちを寝かせてくれたよね?」
ギクリとした。
「う…うん」
答える声が裏返ってる。
「…でさ、おばさんたちに何か…した?」

「な、何かって?」
震えた声で健が答えた。
「ねえ、隆。正直におっしゃい」
今度はママ。優しいような怒ってるような口ぶりだ。

「な、何も…」
言葉にならない僕の声。慶子さんが続ける。
「何か・・・私たちが寝てる間にあったみたいなのよねぇ。浴衣も変になってたし」
ああ、もうダメだ。その場で消えてしまいたくなった。

「そ、そんなこと…」
健は必死でシラを切る。
「ねっ隆君、おばさんの体、触ったりしたよね?」
慶子さんの矛先は僕だ。

「いいのよ、興味持つ年頃だもんね」
僕は何も言えずうつむいたまま。
「隆。怒らないから正直におっしゃい」
ママは優しい口調だが、これまでの人生で何度『怒らないから』に騙されたことか。

黙秘を貫く男子2人を前に、ママたちは2人でビールを空けてたが、観念したように慶子さんが告げた。
「分かったわ。こんなことしてても仕方ないから、2人でお風呂でも行ってらっしゃい」

よしっ、脱出成功。タオルを抱えて逃げ出そうとする僕らに、慶子さんが声を掛けた。
「そうだ、今日は2階の藤の湯に入れるわよ」

藤の湯は昨日の大浴場よりかなり小さくて、総ヒノキ(?)の上品な造り。
湯船に浸かりながら、「マズいよ…やっぱりバレてる」とビビる僕に、
健は「何とか逃げ切れたじゃん」と強がった。

その時、脱衣所で物音がしたと思ったら浴場の入口がカラリと開き、ママと慶子さんが立ってた。
2人とも小さな手拭いを持ってるだけの全裸だし。

「★!◇*#&%?」
思わず溺れそうになった。
うろたえる僕らに、ママが言ってのける。

「言ったでしょ?家族風呂で予約しといたって」

2人の母は平然と体を流し、湯船に入ってきた。
裸は昨夜見たけど、起きてると全然違う。
白くキレイな体のラインに釣鐘型のオッパイの慶子さん。

小柄な体にぶるんと迫力あるオッパイが揺れるママ。
ボリュームの割に垂れてないのは少し感動ものだ。
やばい、下半身に血が集まってきた。

ひとしきり温まると、慶子さんが声を掛けてきた。
「さあ、茹っちゃうわよ。洗ったげるから出てらっしゃい」
僕と健は顔を見合わせたが、抵抗する術はない。
必死で股間を隠して洗い場に腰掛ける。
ママ2人は、それぞれ息子の後ろにしゃがんだ。

「こうやって見ると、結構大人っぽい体になってきたわね」「そうね~」
なんて言葉を交わす母2人。息がかなりビール臭い。

「はい、次は前よ」
無理やり僕を向かい合う体勢にしたママは、有無を言わさず手拭いを剥ぎ取った。
目の前に揺れる巨乳と、三角の陰毛。
僕の股間は完全に充血していた。

「あらあ、どうしちゃったのかな?」
悪戯っぽく笑うママ。
隣では慶子さんが、やはり天を向いた健の股間を凝視してる。

「ママのヌード見て…興奮しちゃったんだよね?」
この状況ではどう抗弁しても説得力ゼロ。
僕も健も真っ赤になってうつむくしかなかった。

「これで言い訳できないわよ。昨日の晩、ママたちの体を触ったわね?」
慶子さんが追及する。
後で思えば勃起と悪戯は別だとか強弁できたかもしれないが、何だか動かぬ証拠を突きつけられた感じで、僕も健もうなずいてしまった。

「やっぱりね…」
結局、母2人の尋問を肯定する形で、昨夜の悪さをほとんど白状してしまった。

いったん罪を認めてしまうと、ママも慶子さんもそれ以上は怒らなかった。
ママ2人、それぞれ息子の体を流して湯船に入る。

ママは僕の隣でお湯に浸かり「そういうのはね、犯罪なのよ」とたしなめたけど、口調は穏やかだった。
僕はすぐ横でフワフワ揺れる扇情的なオッパイから目を離せず、湯の中でチンコがさらに充血した。

「さ、先に上がってなさい」
慶子さんに促され、僕らは湯船を出ると体を拭いて浴場を後にした。
2人ともチンコはビンビンのままだが、こればかりは仕方ない。

部屋に戻り、健と「よかったなあ、そんなに怒られなくて」と話してたら、程なくママたちも到着。
お酒と入浴のせいか、2人とも白い肌が少し赤みがかってる。
湯上り姿に思わず見とれる僕らに、慶子さんが微笑んだ。

「健、隆君、そこに立って服、全部脱ぎなさい」
訳が分からずポカンとする僕らに、ママが笑顔で続ける。
「恥ずかしがることないわよ。さっきも裸だったんだし」

口調は穏やかだけど、何となく抗えない雰囲気。僕と健は立ち上がると、Tシャツとジャージ、そしてちょっと抵抗があったけどトランクスも脱いだ。
チンコは少し落ち着きかけてる。

「よーし、いい子」
慶子さんがママに目配せし、2人同時に帯を解くとはらりと浴衣をはだけた。
紺色の布地が体に沿って滑り落ちる。中は2人とも全裸だ。

おおっと僕の瞳孔が広がる。
さっき風呂場で見たばかりなのに、部屋だとさらにエロいというか…。
水平くらいに角度を落としてたチンコが、再びググッと頭をもたげた。

「ふふ、本当に元気よね」「でも、こんな大きいなんて思わなかったわ」
母2人はあくまでも笑顔。
中学生男子の平均なんて考えたこともなかったが、僕も健もチンコは15センチを超えてた。

もっとも毛は半分くらいしか生え揃ってなかったし、普段は2人とも亀頭の半分くらいは皮に覆われてたけど。

慶子さんが僕の手を取り、布団を敷いた母親たちの寝室へ移動。ママと健も一緒だ。
「ねえ、昨日はどんなことしたの?やってみせてよ」
そんなこと言われても困ったが、ギンギンに勃起させて恥ずかしがっても仕方ない。

慶子さんと並んで布団に腰を下ろすと、僕は思い切ってツンと立ったオッパイに手を伸ばした。

「そんなことしたんだ…」
形の良い胸を揉まれながら、慶子さんが僕の頭を撫でる。
僕は黙って彼女を押し倒すと、両乳房の間に顔を埋めた。

そのまま指先で転がした乳首は、早くも硬くなってる。
隣の布団では、健が赤ん坊のようにママの乳首に吸い付いてた。
ママは健の頭を抱くような体勢で上気した表情。
ちょっとだけ嫉妬心が沸いた。

僕もたっぷり乳首を味わいながら、慶子さんの下半身に手を伸ばした。
「あらあら…エッチな子ねぇ」
慶子さんが甘い声を漏らす。
指先で陰毛をかき分けると、オマンコの割れ目は早くも濡れ始めてた。

クリトリスの場所は昨日で学習済み。
指で広げ剥き出しにしたクリを指の腹で撫でたら、「あっ」という声と同時に慶子さんが体をビクっとさせた。

「いつの間にそんなこと覚えたのかしら…」
親指でクリをいじりながら人差し指、そして中指を膣口に挿し込むと、中はもうドロドロ。

「ああ…ああぁ…」
慶子さんが切ない声を上げる。
興奮した僕は、彼女の両脚を広げて股間に顔を埋め、割れ目からクリに舌を這わせた。

隣の布団では、逆に両脚を広げて座る健の股間にママが顔を埋め、ビンビンになったチンコの先を口に含んでる。

「もう…だめぇ…」
慶子さんは体を起こすと僕を仰向きに寝かせ、腰の上に跨った。
「美沙子…ごめんね」
慶子さんの声に、ママも健のチンコから口を離して同じように馬乗りになる。

「隆君、じっとしてるのよ…」
慶子さんはトロンとしてた目で、身を硬くした僕のチンコに手を添えて膣口にあてがい、そのままゆっくり腰を下ろした。

にゅる…とチンコが飲み込まれる。
「はあぁ~」
慶子さんは目を瞑って声を上げた。

すぐ横では、健の大きなチンコをオマンコに挿し込んだママが「いいわぁ~」と腰を動かしてた。
ぬちゃ…ぬちゃ…何とも言えない卑猥な音が部屋に響く。

母2人は膣内に埋まったチンコの感触を楽しむように、上下そして前後に腰を動かした。

あまりの気持ち良さに頭が真っ白になりながら、僕は本能のまま慶子さんのウエストを押さえて腰を突き上げた。

「凄いわぁ…突いてぇ…」
普段の慶子さんからは想像もできない淫らな声。
それ以上に想像できなかったのが、
「いい…、もっとぉ…」
と獣のような声を上げるママだったけど。

さすがに童貞中学生に熟女をイカせる技量はない。
このまま快感がずっと続けば…なんて願いも空しく、5分も経たないうちにマグマがチンコの奥でうなり始めた。
やべっ…と焦れば焦るほど無意識のように腰を突き上げてしまう。

「す、凄いいぃぃ」
慶子さんの腰の動きも早まり、加速度的に快感が高まった。
ああぁ、もうダメだ…。

頭の奥で何か弾けたような気がして、僕は体を起こし慶子さんの胸にしゃぶりつく。
同時に、深く突き刺さったチンコの先から、ドバババって感じで精液が飛び出した。
その直後、隣の布団では健が仰向けのまま、ビクンビクンと腰を痙攣させた。

「ああん…出しちゃったんだ」
ガックリと僕に体を預けて、慶子さんが荒い息をつく。
粘液まみれのチンコが、ずるりと膣から抜け落ちた。
僕は何も考えられず、布団で大の字になってた。

「健、初めてだったんでしょ?どうだった?」
慶子さんが隣の布団に声をかけると、優しく微笑んで健の手を取って引き寄せた。

健も開放感で一杯だったのか、そのまま慶子さんの隣に座り込むと、崩れるように母親に身を預けた。

「これで…大人なのよね」
少し寂しそうにつぶやくと、慶子さんは健を抱き寄せて頭を優しく撫でる。
僕も放心状態のまま隣の布団に移り、ママの隣に腰を下ろした。

童貞喪失の余韻に浸ってるのか、健は甘えモードになって慶子さんに頬ずり。
「いい子ね…」
髪をくしゃくしゃに撫でていた慶子さんの唇が偶然、健の唇に触れた。
健は少し驚いたみたいだったけど、そのまま唇を押し付け舌を絡め始めた。

目の前で繰り広げられる光景に、なぜか「異常」だとは思わなかった。
むしろ自然な感じ。濃厚なキスを交わしながら、健の手は慶子さんの丸いオッパイへ、慶子さんの手は上を向いたままの健のチンコに。

僕も隣にいるママを見た。ママも僕を見てた。
引き寄せられるように顔を近づけると、僕はママに唇を重ねた。

ママも口を半開きにして優しく迎えてくれた。
考えてみたら、これが僕の初キスだ。
たっぷりヨダレを交換した後、顔を離してママを見た。
「…いい?」
ママは黙ってうなずいた。

僕はママをゆっくり横たえ、再び舌を絡めながら大きなオッパイをまさぐった。
慶子さんより柔らかくて重量感がある。

首筋から胸元へ舌を這わせ、これ以上ないくらい肥大化した乳首を口に含む。
舌先で転がしたり軽く噛んだりしながら指を下半身に伸ばすと、ママは自然と脚を広げてくれた。
愛液と健の精液が混じってネトネトのオマンコ。

乳首を舌で刺激しながら指を出し入れすると、ママが「あぁっ…そうよ…」と切ない声を漏らした。

指と舌でたっぷりと愛撫して、僕はママの脚の間に体を入れて覆いかぶさる。
もう一度、ねっとりしたキスを交わしてから、組み敷いた格好のママに聞いた。
「…いい?」
ママはやっぱり黙ってうなずいた。

さっきは慶子さんが全部リードしてくれたが、僕が上だと勝手が違う。
入れようとしてもつるりと滑って少し焦った。
「いいのよ。ゆっくりね」
ママが手を添え、亀頭の先を膣にあてがってくれる。

「そのまま…来て」
腰を前に押し出すと、ズズズ…って感じでママの毛深いオマンコに僕のチンコが入っていった。
「あああぁぁ…」
ママの喘ぎ声に興奮が高まる。
奥まで入ってしまうと、2人同時に大きく息を吐いた。
「ゆっくり…動かしてごらん」

ぬちゃ…ぬちゃ…おかしな話だけど、慶子さんより気持ちいいと思った。
僕のチンコが出入りするたび、ママが顔を振りながら「ああぁ!」と声を上げる。

1回出したからか、さっきみたいに制御が利かないってことはない。
ママの両太股を抱えるようにして腰を突き出すと、チンコはさらに奥まで入り、ママの声が一段と高くなった。

隣の布団では、健が正常位で慶子さんを貫いてた。慶子さんも感じまくり。
妙なライバル心が起きて、僕はさらに腰の動きを早めた。

「ああぁ、いいぃ…凄い…凄いのぉ」
ママの声の間隔が短くなる。僕はオマンコが壊れるほど強く、激しく腰を打ちつけた。

「ああぁ…隆…隆…」
ママの声が一段と高くなったと思ったら、体をピンと反らせて腰がガクンガクンと痙攣した。

同時に僕のチンコも爆発し、さっきと同じくらいの量の精液をママの膣にぶちまけた。
隣の布団では、健が慶子さんの体にしがみつくように腰を振っていた。


その夜は大変だった。
パートナーを交換しながら3回戦、4回戦
…結局、外が白むまで10回くらいはしたような気がする。

部屋でも家族風呂でも楽しんだ。
ボリュームあるお尻を抱えて後ろから貫くと、ママも何度もイッた。

普段のオナニーはマックス5回で止めておくんだが、この日は何度セックスしても不思議なくらい勃起した。
もっとも最後の方は、イッてもほとんど精液が出なかったけど。

慶子さんの体も素敵だったけど、なぜかママとのエッチの方が感じた。
不思議なんだけど、ママの体を見ると出した直後でも硬くなるというか…。

アソコの相性もいいのか、ちょうど僕のチンコが納まって一番気持ち良くなる感じ。
ママも同じだったみたいで、
「恥ずかしいけど、あんなに気持ちよかったのは生まれて初めて」と話してた。

最後の何回かは僕とママ、健と慶子さんにパートナーを固定して楽しんだ。

後で聞いたらママと慶子さん、かなり前…僕らがオナニーを始めた頃から「成長ぶり」が気になってたそうだ。
さすがに実の子をってわけにはいかないから、お互い相手の息子を妄想の対象にしてた。

互いにそのことを告白して、それぞれの子供のことを報告したり…ちょうど僕らと同じだ。
で、旅行に来た最初の晩、僕らに悪戯されたことを知って、次の日に2人で買い物しながら
「いっそ、私たちで教えてあげようか」って話になったらしい。

といっても半分本気、半分冗談で、ママたちとしても最後まで教える覚悟はできてなかったみたい。
僕らの筆下ろしをした後、実の息子とも結ばれるなんて、完全に想定外だったそうだ。

まあ、健も「美沙子おばさんには悪いけど、うちのママとする方が興奮した」と言ってたし、慶子さんも健との方が燃えたようだ。

やっぱり親子は特別なのかな。