今から1年半前、私の娘の亜夜奈は交通事故に会い、後遺症で足を引きずるように歩くようになりました。

その事で亜夜奈は同級生からからかわれたり、囃し立てられるようになり、引きこもるようになりました。
旦那に相談してもまともに歩けない娘の事で、奇異の目で見られる事を気にして夜中にならないと帰ってきません。
 
で、学校のほうに改善を求めましたが埒が明かず、そこで私は近くに住む娘の幼友達で同級生であるまさし君に「娘を助けて欲しいの」と頼みましたが、断られました。

まさし君は小さい頃、私の事が大好きでいつもまとわりついてきました。
それを鬱陶しく思い、きつくいって追い払いました。
その事を今も怒っていたのです。

かといって他に頼める人は居らず、そこで私はまさし君に娘の面倒を見てもらう代わりに自分の体を好きにさせる事にしました。
どうせ、旦那とはずっとレス状態だし、自分は逃げて、すべて私任せです。
だから、私の思ったようにする事にしました。

体は三十代後半なので若いこのようにいきませんが、シェイップアップしているので二十代後半の肉体と美貌は保っているつもりです。
まさし君も小学6年生ですが体は中学生並に大きく、女性の体には興味があるはずです。

比較的露出の高い服を着て「私を好きにしていいから」といった所、まさし君は勘違いして積年の恨みを張らすべく、「よっしゃ」と嬉々として私を殴ろうとしました。

私は「違うわよ、Hよ、H、私と好きなだけHをさせてあげるから」といい直しました。
でも、まさし君は「Hのやり方など知らない」といったので、その場で、キスからセックスまで教えてあげました。

まさし君は最初と惑っていましたがキスをしながら、オチンチンを揉んであげるとあっという間に勃起し、とても小学生とは思えない大きさで私がびっくりしました。

オチンチンが勃起したところですかさず、パンツとズボンを下ろして、ビョンと飛び出したオチンチンをタオルで軽く拭き、咥えて舐りましたら、あっとという間に射精してしまいました。

青臭い精液を飲み干し、バキュームフェラをするとまたもや硬くなりすぐに射精。
それを繰り返し間、私は自分のショーツに手を入れて、オマンコをいじってました。

3回ほどフェラで抜いた後はすぐに私も下半身を裸し、まさし君にお尻を向け、
「この穴にオチンチンを入れて、すぐに気持ちよくなるから」
というと、おっかなびっくりでオマンコにオチンチンを入れてくれました。

その後、まさし君は相当気持ちがよかったらしく、むしゃらに腰を振り、私の中に精液を出して果てました。
私もその勢いで膣内を突きまくられ、気持ちよすぎていってしまいました。

「真由奈(私の名前)とのHは凄く気持ちよかった。いいよ、亜夜奈ちゃんと一緒にいてあげる」

まさし君は毎日好きなだけHをする事を条件に亜夜奈を助けてくれる事を約束しました。
いささか不安はありましたがまさし君は約束どおり、亜夜奈と一緒に学校に登下校をしてくれ、色々と気遣ってくれました。

そして、家に戻ると亜夜奈をお姫様抱っこで2階の部屋に運びます。
亜夜奈は着替えやらなんやらは一人でデキますがどうしても40分ほど掛かるのでそのわずかの時間の間に私とまさし君はHをする事にしています。

まさし君は私を抱き締め、ディープキス、その後、私は跪き、まさし君のズボンとトランクスを下ろし、オチンチンをフェラし、2回ほど抜きます。
もちろん、吐き出された精液はきちんと飲み干します。

それからスカートとパンティを脱いで綺麗にパイパンにしたオマンコの中とオチンチンにローションを塗ってもらい、まさし君のオチンチンを私のオマンコに入れて、Hをします。

まさし君の好きなように動いてもらい、膣内に精液を射精してもらったらそれでおしまい。
急いで片付けて、まさし君に亜夜奈を1階に下ろしてもらいます。

週末は亜夜奈はおじいさんの所で養生、私はまさし君を家に招きいれ、朝から昼までじっくりとHをする。
そのスケジュールでHをしました。
すべては娘のためでした。

ただし、それは最初の一週間だけです。
二週間あたりになるとまさし君もHのやり方を覚え、私も気持ちよくなっていきました。
四週間目になるともう自分の快楽と性欲を満たす為にまさし君とHをするようになっていました。

娘の事など二の次です。
まさし君が降りてくると自分からキスを求め、フェラもしゃぶりつきます。
ローションなど必要ありません。

まさし君と亜夜奈が帰ってくる一時間前から股間が濡れてしまい、ほぼ毎日ノーパンで過ごしています。
Hをするとなるとスカートだけ脱いで、オマンコを穴を広げて「早く入れて、早く」とまさし君にせがんでおります。
完全に淫乱女になっちゃっていました。

そんな楽しい生活を1年ほど送りましたが、亜夜奈が再手術やリハビリでまともに歩けるようになり、助けが要らなくなると、まさし君は
「もう大丈夫だよね、今年から中学生だから、変な噂がたつのも亜夜奈ちゃんも嫌だろうし」
と私達の家に来なくなりました。

もともと、助ける事を条件にHをしていたのですから当然といえば当然ですが、私はとにかくまさし君とHがしたいので、家に来るようにするためにまさし君の事が好きになり落ち込んでいた亜夜奈を炊きつけ、まさし君に告白させました。

なんとかまさし君は恋人として付き合ってくれて、その後は亜夜奈に家でHをさせるように色々言い含めました。それからほぼ毎日まさし君を家に連れ込んでHをします。
ですがそれが私の狙いでした。

亜夜奈は気持ちよくなると1時間は寝てしまう癖があります。
なのでまさし君に気持ちよくいかせてもらい、寝たあとで、私はまさし君を自分の部屋のベッドに連れ込みます。

「早く、早くまさし君、私をめちゃめちゃにして」
「あのね、真由奈。一応、僕は亜夜奈ちゃんの彼氏なんだけど」
「でも、私のまさし君の女でもあるのよ。さあ、早く」
「うん、じゃあするよ」

まさし君はそういうと私を抱き締め、Hに突入します。
亜夜奈は私がまさし君とHをする事は気にしていません。
私とまさし君の関係が始まって一ヶ月が過ぎる頃には私は大きな声を上げてHをしていたのですから。
私との関係など百も承知です。

この間など、母娘丼をやってしまいました。
もう、まさし君とのH無しでは生きてはいけない体なのです。
最初は娘のためにしたことですがもう、自分の為にまさし君とHをしています。
淫乱な母親とどうぞ笑ってやってください。

では。