2021年06月28日 21:00

Fカップ私、混浴秘湯に友達と行ったら地元の老人子供がいて…(体験談)

読了時間:約 3

投稿者:Fカップ女子 さん(女性・20代)

最近なんだか疲れがとれない。
毎週のように、スーパー銭湯とかにいってはダラダラとお風呂に使っているんだけど、それでもなかなか肩凝りがよくならないんだよねぇ。

友達に相談したら、
「何それ嫌味?ww巨乳だからでしょ、肩凝りひどいのはww」
って笑われちゃった。
でもこのところ、仕事でPCを使うときに椅子と机の高さがなんとなく合わなくて前かがみになっちゃりしてて、姿勢が悪いっていうせいもぜったいあるんだよ!って主張してみた。

そしたら友達が、
「じゃあさ、一回、ほんとの温泉行かない? スーパー銭湯とかって、本当に温泉のところって少ないじゃん。どこも入浴剤入れてるっていうか」
そんなこと知らなかったからびっくりだったんだけど、じゃあどこか本物の温泉つかりたいって言ったら、友達が探しておいてくれることになった(^^)

休みの日に、友達が車で迎えに来てくれて、走ること数時間。
どこからどう見ても河原で、しかも脱衣所は木でできたぼろぼろの衝立みたいなもの。
服を置いておくカゴもなければ、男女で別れてもいない。

「え! ここ、入るの?!」
「うん、なんか秘湯っていってたよ。肩凝りとかにめっちゃ効果あるみたい。温度低めだから、長く浸かったったほうがいいって~」

衝立みたいな脱衣所で、後ろからは丸見えなのに、友達はさっさと服を脱いでいく。
男前すぎるだろwって思いながら私もささっと脱いで、すぐにバスタオルをしっかりと巻いて、お風呂へ。

地元のおじいちゃんたちが数人と、子供たちがいて、子供たちは水着を着ている。
多分、温泉であたたまったり、川遊びも同時にしたいから、水着を着ているんだろう。

言われていれば水着持ってきたのに…って友達のほうをジト目で見ていたら、友達は湯船のそばにきて、いきなりバスタオルを脱ぎ捨てた。

「え?! いや、みなさんタオル巻いてるよ?」
「ん~、まぁそうだけどさ……お風呂のマナー的には、やっぱ裸で入るべきでしょ? 私ちゃんはタオル巻いて入ってもいいからさ」

さっさと湯船につかって、おじいちゃんたちに
「いやぁ、若いのに男前な御嬢さんやね~!」
とか言われて、なんかなじんでるw

隅っこの方に使ってた子供たちもやってきて、女の子の一人が私の友達に、
「お姉さん、私も大人になったらそんなふうに胸おっきくなる?」
て、聞いてきた。

友達はケラケラ笑いながら
「なるなる! 鶏肉食べて豆乳飲んで、あとはいっぱい寝てたら、かってにおっきくなるよ~」
って言ってたんだけど、ふとこっち振り返って、
「あっちのお姉さんはもっとおっぱい大きいよ。なんと、Fカップ!」

ちょうど湯船に足を入れて温度を確かめていたところだった私に、おじいちゃんや子供たちの視線が集中。
恥ずかしくなって、
「も、もう! やめてよ~!」
って胸隠したんだけど……女の子たちがこっちにやってきて、
「ほんとに、おっきいんですか? 見せてくれませんか?」
興味津々で詰め寄ってくる。

いや、でもさすがに…おじいちゃんたち見てるし、下手したら車道からも丸見えだし……って困っていたら、男の子が数人走ってきて、
「早くタオル取れよ~!」
って、タオルを引っ張って、あっという間に奪い取られてしまった……。

こぼれそうなおっぱいを見て、女の子たちは目まんまるくしてるし、おじいちゃんたちもうれしそうに鼻の下伸ばしてるし;;

恥ずかしすぎて、
「私、もう上がってるから!」
って逃げたんだけど、一足先にさっきの男の子たちが私たちのパンツを奪ってて。

「見ろよこれ! パンツもエロエロ!」
「こーら! それは私のだってば!」
黒いレース地のパンツを友達があわてて奪い返しに来たんだけど、私のパンツも見当たらない。

「あれ? 私のがない……」
男の子たちが、私と目を合わせようとしない。
なんかぜったい隠してるな!って思って、一番怪しかった男の子のほっぺたを両手でつつんで、ぐいっと私の方へ向かせて、
「お姉さんのパンツは? どこ?」
って聞いたら、私のおっぱいをがん見しながら、
「か、川に……落ちちゃって…」
茫然としてたらほかの男の子が拾ってきてくれたんだけど、パンツはびしょびしょ。

お風呂に使っていた女の子たちを呼んできて、おつりでお菓子も買ってきていいからっていって、コンビニでパンツを買ってきてもらいました。

友達は爆笑してるし、おじいちゃんたちには
「Fカップと男前な御嬢ちゃん、またおいで」
って言われるし……ほんとにはずかしかったです。

結局ぜんぜんお湯につかれなかったから肩凝りもよくならなかったし……次にいくときは、服の下に最初から水着きておこうと思う。

コメント (0)
コメントする