2021年09月12日 09:00

老舗温泉旅館で女湯覗き工作…(体験談)

読了時間:約 2

投稿者:朝やん さん(男性・30代)

タイトル:老舗温泉旅館で女湯覗き体験

先日、お盆に家族で関西ではCMでお馴染みの某有名温泉旅館に宿泊したときの話です。
その温泉は海に面しており、距離はある程度あるものの露天風呂が向かいの防波堤から見えることでも有名です。
朝になると女湯目当ての釣り客が防波堤に何人かいます笑。

そんな女湯、夜は男湯なのですが、入浴していると奥に非常用?の扉があります。
扉の向こうはホテルのプールサイドに繋がっている模様です。
「関係者以外立入禁止」と書いてあるのですが、気になって触ってみました。

鍵はお風呂側はカチッと回す鍵(サムターン)で、外からもカンヌキで鍵がされており、外には開けれませんでした。

ピーンと良いことを思い付いたわたしはサムターンを開けたままにして男湯をでました。

翌朝、日の出と共に風呂は空いています。

昨日の扉のあった男湯は女湯に替わっています。

さっそくプールサイドから昨日の扉に向かいます。

ドアの隙間を見ると施錠されてません。

昨日わたしが開けたままのようです。

外からそっとカンヌキを外して、扉を少し開けます。

バッチリ女湯が覗けました。

朝のプールサイドは無人で、扉の前で朝日を見ながら、小一時間たっぷり女湯を堪能しました。

隙間から写真や動画なども撮れそうでしたが、さすがに自重しました笑

一緒に旅行にきてた義姉や外国人、妊婦さん、親子連れ、熟女から学生さんまであらゆる裸体を見れました。

さすがに小一時間眺めていると飽きてきたので、思いきって扉を全開にしてみました。

扉を全開にして離れて観察してみたものの思いの外だれも気づかないもので、5分ほどはそのままでした。

通行人を装い扉の前を通りすぎてみると、ちょうど扉の前を通った若いママさんと目が合い悲鳴をあげられました笑

びっくりしたフリをして通りすぎると慌てて扉が閉められ、覗きは終了しました。

向かいの防波堤では、覗き目当ての釣り客がいましたが、至近距離でたっぷり見れて大満足のわたしでした。

コメント (0)
コメントする