2021年11月18日 21:00

DQN彼氏に無理やりアソコにヤバい薬を塗られた結果…(体験談)

読了時間:約 3

投稿者:まり子 さん(女性・20代)

アパレルショップに勤めている24歳の女です。
私には高校の頃からずっと付き合っている彼氏がいるのですが、この彼氏が典型的なDQN体質で困っています。
元々、彼は高校時代から教師に反抗したり他校の生徒と喧嘩したりと、私を含め周囲の人間を困らせる行動ばかり取っていました。

そしてそれは高校卒業後も変わらずで、ここ数年は仕事もせずに毎日フラフラ繁華街を出歩き、他人にたかったりチンピラまがいなことをしながら生活しているんです。
まぁそんな彼とずっと付き合い続けている私も私なのですが…
そしてついこの間、久々に彼と会ってエッチすることになったのですが、その最中に彼が突然こんなことを言ってきたんです。

「なぁ、ヤバいクスリが手に入ったんだけど…使ってみないか?」
彼はそう言うと、懐から透明な液体が入った小瓶を取り出して私に見せびらかしました。

あぁ、チンピラ止まりだった彼もついにここまで堕ちぶれてしまったか…
内心そう思いつつ、私は彼からの誘いを断固拒否しました。

「クスリなんて絶っっっ対イヤ!!そんなのさっさと捨てちゃってよ!!」

普段は彼の悪行に目を瞑っている私ですが、この時ばかりは声を荒げて彼を叱りつけました。

しかし彼は反省する様子もなく、それどころか私の制止を無視して小瓶のフタを開け始めたのです。

それから彼は私をベッドに押さえつけ、小瓶に入っていた液体を私の乳首とアソコに無理やり塗りたくりました。

私はもう泣きながら抵抗したのですが男性の力に敵うわけもなく…

この手のクスリは使うと全身が気持ち良くなるものだと思っていましたが、実際は塗られた部分だけが敏感になる、というかスースーする程度の効果でした。

(そもそも直接塗るものなのか?という疑問もありましたが…)

しかし、その効果もなかなか侮れないもので、私の乳首は息を吹きかけられただけでビンビンに勃起し、アソコの方は少し触っただけでもダラダラと愛液が溢れ出しました。

彼はそれを面白がって、しばらくの間クスリを塗った部分だけを執拗にいじくり回してきました。

それから一度イかされた後、彼は自分のペニスにもクスリを塗りたくり、それを私の膣内にゆっくりと勿体ぶるように挿入してきたんです。

「あ”ぁ”あ”ぁ”アアアアアアアアアアア!!」

そのあまりの快感で私も彼も声にならない声を出して絶叫。

それからはもうお互いにイきっぱなしでした。

あぁ、私も堕ちるところまで堕ちてしまったな…

これから先はきっとヤクザの女みたいにクスリ漬けにされ、最後は廃人になっちゃうんだ…

エッチが終わった後、そんなことを考えて一人ベッドで泣く私。

しかし、その後も何度か彼にそのクスリを使われたのですが、幻覚を見たりクスリの依存症になるようなことはありませんでした。

それもそのはず。
彼がクスリと自称していたあの液体、実はただの「ハッカ油」だったんです。
(あのドラッグストアとかで買えるスースーするやつ)

これを初めて知ったときはもう…

自分も彼もまだ道を踏み外していなかったんだと、安心して膝から崩れ落ちてしまいました。

そしてその姿を見た彼の爆笑っぷりといったら…
まんまと彼に騙されてしまった私でした。

でも、誰だってあんな刺激体験したらクスリと勘違いしちゃいますよ。

ちなみにこのハッカ油、本当に洒落にならないほど刺激が強いので、エッチやオナニーで使うときは水で何百倍にも薄めてから使用してくださいね!

コメント (0)
コメントする