昨日久しぶりに一人暮らししてる兄貴んちにいくことになったんだ。
んでいざ夜の10時ころにいくと、なんと兄貴が彼女連れてきてたw
おいおい、話と違うじゃんか…。焦りつつも仕方なく同席することに。

「彼女がさ、どうしても俺の弟みたいっていうから連れてきた」
兄貴はオレにそう言うと紹介しはじめた。
 
「あっはじめまして…弟のあきらです…」
緊張しながらもぺこぺこ頭さげた。

「こう(兄貴)に似ずにイケメンじゃん」
兄貴の彼女は少し酔ってるらしくふざけながら話しかけてきた。
「オレのほうがイケメンだろ~りさ(兄貴の彼女)」
兄貴も酒がはいってるらしく顔を赤らめながら俺の頭を意味不明に叩いてきた。
久しびりに会うんだから酒がくらい控えろよ。そう思いつつもオレも酒をすすめられてた。

ちっちゃなこたつに足をつっこんで三人でしばらく酒を飲んでた。
りささんは見た目がギャルっぽくてはじめは話があうか心配だったけど酒を飲むにつれて話もあい、盛り上がっていった。
やっぱ兄貴の彼女だけに俺とも気があうんだな。
このときなんか血のつながりの偉大さを無駄に覚えたw

オレも他の二人と同じように顔が赤くなってきてた。
オレは酒があまり強くないからこのときすでに結構頭がぼんやりしてた。
でもりささんのある行動でそのぼんやりがふっとんでしまった。
「あたし、ちょっとトイレ」
りささんはそう言うとこたつから足を出しトイレに洗面所の方に歩いて行った。

このときになって俺ははじめてりささんの脚を、というか下半身をみることになった。
といのも、俺がきてから彼女はずっとこたつに入りっぱなしだったため
上に薄い白っぽいセーターを着てる姿しかみていなかった。
まあ下にはスエットとか適当にラフな格好なんだろなとは思ってた。
でも驚いたことに、彼女はセーターに隠れるか隠れないかくらいのかなりミニのホットパンツを履いてた。
太もももムチムチで尻を振るかんじでトイレに向かっていった。

続きを読む(【ビッチ】酔った兄の彼女とゲーム→「勝てば何でも聞く」→全力で勝ちにいった結果・・・・・・・・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば続きをお読みいただけます。