2017年04月01日 09:00

【レイプ】男3人で学年一かわいい女子を輪姦した初体験(体験談)

読了時間:約 7

初Hが4P(男3:女1)だったこと。俺たちが中2の時。 
その日は部活後友人Aの家に4人集まってダンスマニアをしてた。 

結果的に俺たちにマワされたコは学年でもダントツにカワイイS(ファン多数)。 
友人Aの幼なじみということもあり、たまたま遊びに来ていた。俺とSとはクラス違い。


A「それにしても里美もケツでかくなったなー」
とかいいつつAがSの尻をペチーン。
S「えー!太ったってことー!」
と怒りつつSが制服のままイキナリAにマウントポジション。

Sってけっこうボーイッシュな子なんだなあと思いつつ(正直驚きつつ)
AとSのプロレスごっこに俺とYが乱入し、さらにドタバタとやりはじまる。

すると
「やだやだ!くすぐったい!」
とSが突然叫びだす。これにはびっくり。

なんとAがSの胸(Aカップ)を制服の下からもんでいるではないか。
A「昔はいっしょに風呂も入ったくせに嫌がるなってーの」
とのたまう。

S「いや!今は、今はもう違うのー!」
とAから逃れようとSは必死にもがく。

ハニワのように固まってその光景を見てた俺と友人Y。

Aが「E(俺)!Y!里美の足を持て。パンツ降ろしちまえ!」
と信じられないことを言う。

YがSの足をつかむ。
俺もなぜかSの足をつかむ。
動きが鈍ったあたりでYがスカートをめくる。

Sのはくスーパーの衣料品店に必ずあるような模範的女子用パンツ(白)が見えた瞬間、俺たち3人の欲望がスパークしたと言える。(性欲真っ盛り中2ですから)

人が変わったように乱暴にSのパンツをさげるY(パンツ姿をゆっくり愛でる余裕などない!)
Sは「やだやだやだやだー!」
と半べそかきながら必死にもがく。

張本人(?)Aと傍観者だった(?)俺が驚くほど人が変わったY。
野獣のようにSに襲いかかる。

初お目見えのSの秘部を鑑賞する間もなく、いきなりチ○ポを出しSに入れにかかる。
(俺はゆっくり見たかったのだが。Yの勢いがとまらない)

やはり乾いたままで入らない。
AがSを後ろから羽交締め。Yはクン二開始。
Sの「やだやだやだあー」
半べそに一段と拍車がかかる。
俺は・・・めちゃくちゃ興奮して見ていた。

Y「やった。入る」
といいながら本気でチ○ポを入れにかかるY。(これには鬼気迫るものがあった)
A「いけ!俺が許す(←ほんと意味不明)」
と言うAも興奮していた。

S「やだやだやだいやっいやっや、いたい、やだ、いたい、やだやだやだ、んっ!んっ!ん!」
根元まで入った感じ(入っていった感じ)がYとSの反応で横で見ていてハッキリわかった。

Sの目から涙が溢れてた。
痛みと精神的ショックで息も絶え絶えといった感じ。
Yは「んふー。んふー。」
と深呼吸した後
「ふっ。ふっ。ふっ。ふっ。」
と稚拙に腰を動かす。
俺は・・・まだ興奮してみていた(ハニワ状態)

SはYを押しのけるように抵抗しつつも痛みで力がはいらない様子。
Sは目を強く閉じたまま呼吸もままならない感じ。

S「んんっ!んっ!ん!いやああ!んんっ!んっ!ん!いや、いや、いや。あ。あ。あ。」

Aはトドメを刺すようにSの上着を脱がせにかかる。
これまた模範的女子用スポーツブラ(白)であったがAはさっさとたくし上げ胸をなめ出した。
人気モノのあのSがあられもない姿で男2人に弄ばれている姿は横で見ていて強烈であった。

Y「ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!」
とSを壊してしまいような勢いで突きまくるY。(余裕なし)
もがきつつもアゴをしゃくり上げて、Aをうつろに見ているようなS。

Y「あかん。イクわ。イク。あ、これ、気持ちっ。気持ちいいって。」
と聞いてもないのに報告するY。

S「いや、んっ!ん!いやあ!んんっ!んっ!ん!いや、いや、いや。あ。あ。あ」
と抗議?するS。
Yは最終段階なのだろう。
Sの白いお尻を両側から両手でがっしりとつかんで自分の股間にSの腰ごとバンッバンッバンッと勢いよく叩きつけてる感じだ。

Sの白く奇麗な体が時おり、ビクッビクッビクッと痙攣している。(見ていてちょっと心配)

Yも「ンフー、ンフー、ンフー、フハー、フハー」
と息を吐いたかと思うとピクリとも動かない。
Yは膣中でみごとイッてしまったようだ。

A「おいY!中で勝手にイクなや。俺もや!(←意味不明)」
Aの出陣である。

・S=里美 A=彰(アキラ) Y=吉田 E=俺。おもひで再開。
・いちおうネタだからナと言っておくテスト。

吉田「イッてもた。止まらんかった。彰もEもヤレよ。腰止まらん。気持ちいー」
里美「やだ・・・。もうしちゃだめえ。」
里美はこのとき泣いてぐすぐす。(←かわいかった!)

しばらくモゾモゾとやったいた彰。
威勢良く吉田に続くかと思いきや、
彰 「あかん。E。やっぱオマエ先やれよ。俺まだ勃ってねえ(←ハイ?)」
彰は興奮し過ぎて(全部初めて。現実感覚なし?)で勃ってなかったらしい。

吉田が率先して里美を脱がせはじめる。
俺はこの時、初めてゆっくりとオンナの裸を見た。
なんと奇麗なんだと俺は見入ってしまった。
当たり前だがチ○ポは確かになかった(笑)
秘部には毛はほとんど生えてなく、俺たちのボウボウぶりが恥ずかしかったくらい。
(まあ。手入れなどまったく知らない中2の小僧でしたから)

吉田に全部脱がされた里美。
カラダを隠すように壁に向かって背中を丸めている。
学校の廊下でいつも「かわいいなあ」と思いながら無意識に目で追っていた背中。
その背中。その後ろ姿が目の前に裸で存在しているなんて!

下着も無造作に落ちてるんだ。
ちょっと見えただけで興奮爆発モンだったのに。
(当時中2の我々には強烈であったということだ)

俺は里美のカラダをこちらに引きよせ後ろから縦方向に里美の恥部を強くまさぐった(←余裕なし)
吉田のモノと里美のモノが混ざり合ってる感じ。
でもそんなこと関係なかった。

里美「やっ。あっ。いや・・E君はそんな人じゃないよね?ね?」
後ろ向き&涙目で懇願されても俺の欲情と動悸は激しさを増すだけだ。

ついに俺は里美に入れようとした。
手を使ってチ○ポの先を里美の縦方向に合わせて前後させる。
前方に特に引っかかるところがあり、栗と解ったがほとんど興味なかった(大興奮で余裕なし!笑)

里美「やだやだやだ。やだよお!」
力なくグスグス泣きながら懇願する里美。
逃げよう離れようとする里美に対して俺は後ろから胸を鷲づかみにする。

と、角度つき過ぎ興奮し過ぎのチ○ポが、里美の縦方向に合わせて黄門方向にビンっ!と弾ける。
もう!うまく入らない。穴ってどこ?って感じだった。

シミ1つない背中とやわらかそうな小さな逆ハート型のお尻がたまらなかった。
(俺の尻フェチは、かわいすぎた里美のせいで一生モノです)

穴があった。小さな穴。
チ○ポの先で見つけ軽く先を押し当ててみた。
特にヌルヌルしている。
少し堅さはあるけど、ぐっと突くとチ○ポ分の径は押し広がりそう。

里美「もう。だめえ。やだやだやだやだあー!」
一段と嫌がる里美を見てココだと解った。

俺はゆっくり、ゆっくり(数回往復させながら少しずつ)深く強く奥まで突き入れた。
突き入れるたび里美の明るく幼さの残る声で
「あっ、いやっ、あっ、あっ」
と喘ぎ声が響く。

痛みがあるようだ。
挿入深度に比例し里美も背中をエビ反りにして、逃げよう?とする。

俺は奥までキッチリ入れきった。
チ○ポが里美の膣内の様子をダイレクトに伝えてくる。
やわらかく、それなのにキツく、ヌルヌルで、あったけえ。
よだれが本当に垂れそうになる。
気持ち良すぎて動けない。

ぴたっと動かない俺と里美。
里美ぐずぐず。
俺は「ンフー、ンフー」
と荒い息使いをしてるだけ。

「喘ぎ声」っていつもの声と全然違うんだな。
かわいいなって思いながら本格的に始動。
誰に教わった訳でもないのにお尻を両手でガシっと固定。
里美は軽く四つん這い。
女の子のお尻ってぷにっと親指ひっこむ程やわらかいことにビックリしつつピストン開始。。

里美は「あっ、あっ、あっ、だめっ、だめっ、やっ、やっ」
ピストンに合わせ可愛く喘ぎ始める。

バックスタイル。
Aカップの胸を軽く揉みしだきつつ浅めのピストン。
吉田は「入ってるとこスゲー」
と言いつつ俺の玉に触れつつ(コラ!)里美の栗をいじくり出す。

里美は「だめっ、だめっ、だめっ」
と一段と喘ぎ、膣中はキューンと締まり出す。これはヤバかった!

出し入れしている自分のチ○ポと突かれるたびプルン!プルン!と波打つ里美の小さなお尻を見ていて
興奮MAX中。
チ○ポが熱い。最高に熱い。奥から突き上げるように熱い。
ヤバい!イキそう!

はあーー。はあーー。と深い呼吸を始めた(イク直前。脳内麻薬?ドバドバ状態)の俺。
激しく動かなくても気持ちよすぎ状態。
イクそうなトコぎりぎり状態をゆっくり味わう俺。

彰 「E。ナカでイっちまえ!いいっていいって(←だから意味わからん)」
吉田「な!な!たまらんだろ?俺また勃ってきたあ~!」
俺 「はあー。はああー。そろそろ・・・。うッ。イきソッ。イきッソ。」(←限界な俺/笑)
里美「あんっ、あんっ、やんっ、ナカもうだめって。ナカもうだめって。」(←ちょっと壊れかけ?)
吉田「里美の栗起っとんで!スゲー!ホラ!ピンクピンク!」(←里美の栗をギューっと摘んでた吉田)
里美「きゃッン、ヤッ、ヤッ、アンッ、アンッ、アンッ、アンッ」(一段とカワイイ喘ぎ声に。感じ始めてた?)
彰 「はあー。はあー。はあー。」(←いつの間にか彰は横でオナってたんですけど・・・)

吉田が正常位で里美を腰ごとカラダごと自分の股間にバンバン叩きつけてたように、いつの間にかバックで里美を腰ごとカラダごと自分の股間に叩きつけてた。
俺に自我は無かった。

そしてついに俺はピストンを止めると同時に深く深く深呼吸をして息を吐き出した。
気持ち良かったあああああ。
そう。俺は里美の膣中に発射してしまった。

俺はビュッ!ビュッ!ビュッ!ビュッ!ビュッ!という強い発射時の勢いを初めて感じた。
(今までポタポタたれてただけ/笑)

里美「やあ。やだあ。ナカはもうだめって。ナカもうだめって・・・」
グズグズ状態の里美。

チ○ポの先っぽが急に熱くなり俺のモノで狭い里美の膣中が一気に満たされたのが解った。
しばらく動けなかった。ていうかチ○ポが痛かった。里美の膣内の締め付けも強かったし。
痛くないように抜くのに1分くらいかかった。ゆっくり抜いた。

俺はこれ以降しばらく放心状態だったが、彰、吉田がそれぞれ里美をさんざん味わったようだ。

里美はジブリアニメの雫(しずく)似だったこともありカント○ーロード?って歌を聞くたび里美の綺麗で青臭い裸と初Hを思い出す。

中2の時のちょっとHなおもひででした。

ネタだからな・・・・・きっと/笑。

コメント (0)
コメントする