高校三年の時。

家にいるときは大体部屋にこもってたちんこ。
ある日、同じ学校に言ってる1コ下の妹が隣の部屋で友達と話してた。
ぼそぼそしてよく聞こえんが、多分いつものAちゃんだろ。
ちなみに2人ともモッサイタイプで全く萌えない。この話とは無関係。

その日ツレが貸してくれた写真集で抜きたいんだが集中できん。
ちなみにヒロスエの「H」ってやつだ。
見てみたら全然Hじゃなくてへこんだが、まあかわいいから、ぺらぺらめくりながらチンコいじってた。

隣の部屋から妹たちが出てくる音と、駅まで送ってくとかなんとか聞こえて、出ていった。
推定往復時間30分だな。

おやじは仕事、この日はかーちゃん遅番。
これでうちには俺1人だから、落ち着いてオナニーできるちんこ。
ヒロスエもいいがいまいちエロが足りん。
そのうち立ち上がってドアに貼ってある雛形と向かい合いながらしこしこちんこ。

俺立ってオナニーするとなぜかのってくる。
いきそうになってきてティッシュとったら、一枚しかねーじゃん!
一枚じゃ押さえ切れん、ちんこ気分はのってきてたが、まきちらすわけには

そうだトイレでまきちらそう!そのときのカッコはTシャツと下まる出しちんこ。
チンコ出して握ってイク寸前でトイレにGO!

ガチャってドア開けて即座にどぴゅ、え、何この子だれ?どぴゅどぴゅ。

目が合ったまま時間はとまったがこの子のおしっこはまだちょっと出てたみたいだ。
しっこ出しながら何だ、ひ、ひ、ひー?て言ってひきつってた。

俺もわけがわからん状態でトイレットペーパー切ってチンコふいて、そのこの足の間から便器に紙捨てて、水流すっていう落ち着いてるのかなんなのか意味がわからん感じで。

どぴゅしたのは、スカートと足に少しかかったのはまだ許せるとして、問題はパンツの内側にそこそこの量がかかってた。

誰もいないと思ってた家で突然知らない人に遭遇する恐怖。
その瞬間は萌えるとかエロとかそんなの関係ねえ!ただただ心臓ドキドキちんこ。

パニクったまま、「とにかくこっち来てー」と手ひっぱって、俺はチンコ出したままちんこ。
その子はまんこ拭く余裕もなくて、パンツはヒザくらいまでおろしたまま、そのまま居間まで連れてった。

泣きそうになりながら、精子がついたパンツあげようとするから、あわてて止めた。
それじゃ妊娠するかもって当時童貞のいらん心配ちんこしてて、彼女もパンツに精子ついてるを知って青ざめた。

「わー、わー、ごめん洗って返す」って。そんなこと言うのかちんこ。
彼女も放心状態のまま「ハイヒ」とか言って脱いで、パンツを俺に渡した。
とりあえずあずかったちんこ。
冷静だったらこんなやりとりにはならん。

俺はやっと短パンはいた。
時間たつと意外と落ち着いてくるもんで、よく見たら割とかわいい。泣きそうだけど。
学校でみたことある。割と人気あった気がするちんこ。妹の友達とは知らなかった。
「すまん俺、誰かいるって知らんかった」とあやまった。

彼女(S子)から見た状況はこうだったちんこ。
3人で部屋にいて、S子はマンガ読んでた。Aちゃんが帰ると言った。
妹は駅まで一緒に行ったが、マンガがいいとこだったので、S子は残った。
兄貴の俺がいることは知らなかった。

妹は何も言わなかったみたいだし、俺はオナニーしたいから気配を消してたちんこ。
トイレ入ったら鍵がかからん。ドアはガタがきてて実はちょっとコツがいる。
誰もいないからいいかと思っておしっこしてたら足音が聞こえてきた。
いきなりガチャ。いきなりちんこ。いきなりどぴゅ。放心状態ちんこ。

話はしどろもどろちんこだったが、こういうことだったようです。

苦笑いだか照れ笑いだかひきつり笑いだかわからんが笑ってて、死ぬほどびっくりはしたが怒ってはいないらしい、とわかってほっとしてたら妹が帰って来た。

「あれアニキいたんかー。あれS子も一緒。話してたの?ひょっとして前から知ってたっけ」

ついさっき知り合い以上の関係になったちんこ。
なりゆきでその場で少し3人で話したが、意外と活発系で結構かわいい。しかも今ノーパン。

しばらくして妹が送るよ言ったの断って一人で帰って行ったが、ノーパンだ、どうするちんこ。
妹に見られないように、俺のブリーフ(白)もってこっそり追いかけた。
ノーパン気にして歩いてたせいかすぐ追いついた。

ないよりましだからって渡したら、男のユーズドブリーフ(白)なのにすごい嬉しそうに「よかったー」って言った。
よほど不安だったんだな。高架下の目立たないところでその場ではかせた。
ブリーフ(白)界広しと言えど女子高生をここまで喜ばせ、役に立ったのはお前一枚だけだ。

「本当にすまんかった。返さんでいいからな」と真剣にあやまったちんこ。

「あたしのも返さんでいいから、アニキさんお願い見ないで捨てといて!お願い!」


すまん、今はいてる。