大学時代の話だ。俺、空手部に入ってたんだけど体硬いとダメだね。
初段試験が有るっていうんでどうも蹴りの練習に打ち込んでたのがいけなかったらしい。
椎間板ヘルニアっっていうやつにかかってしまった。
体が硬くて蹴りが上がらないのに勢いで無理して上げたのが原因。
ある日突然起きたら全く動かないわけ。タクシー呼んで病院行ったら椎間板モロ出てるって言われた。

「神経触れてるから手術しかないかもね~」とか平気で医者が言ってんの。
ビビった。だって俺産まれてからこのかた体にメスを入れた事など一度もないのだ。
「どうにかなりませんか?」って必死に頼んだら。
「じゃーブロック注射(背骨にモロぶち込む)打って様子みようか?」って言われた。

即入院だった。まー俺も腰以外は平気だったんだけど一応親が面倒みに来てくれてた。
あれって照れくせーな?超照れくさかったよ親に体とか拭ってもらったりすんの。
だから俺は「自分でやるからいい」って言ったんだけどね。

俺相部屋だったんだけど、同世代の奴とかも入ってんのよ。
骨折とかで。で、やっぱり体裁あったんだろうなそっちの子の親が面倒みてるのに自分とこは放ったらかしってわけにはいかなかったんだろう。

でも結局そこ三人部屋だったんだけど他の二人が同時期に退院しちゃったんだけどね。
看護婦さん「個室状態ですね、いいですねぇ」とかのんきに言ってんの。
冗談じゃない。俺は正直病院大嫌い人間だからすぐにでもでていきたいのに。

それでもお袋は毎日足繁くよく通ってきてくれた。感謝せねばなるまい。
が、それが祟ったのかお袋は急性胃腸炎とかで何と入院しちまったのである。
もち実家の方の別の病院。俺の実家は電車で東京まで1時間ちょっとなんだけどやっぱりキツかったのかもなぁ。しょうがないこととはいえ罪悪感かんじたの覚えてる。

そしたらお袋いいって言うのに東京の親戚のオバさんに面倒見てくれって頼んでくれたみたいなのよ。

「こんにちは~○○くん久しぶり」って東京のおばさんがいきなりやってきた。
着替えのパジャマ持って。聞かされてなかったから超驚いた。
オバさんは当時俺の一個下の子(俺の従兄弟)が居たんだけど、確か当時まだ40歳にもなってなかったんじゃないか?と思う。

子供の年齢の割に随分若くて綺麗だった。スナック経営してて接客業営んでいたからかもしれない。
ガキの頃よく泊まりに行ってその従兄弟と随分遊んでもらった記憶がある。
が、最近はお互い照れもあってが随分疎遠になってた。

なのにいきなり「じゃ~さっそく体拭いちゃおっか?」とか言ってんの。
久々に会ってそれはないって!

「いやオバさん!いいですよ!それは本当自分でできますから!着替えだけ置いていってください」と固辞する俺。
当然だ。お袋でも照れくさいのにオバさんなんかに拭かせられるか!って気分だった。

「いやだ~、な~に照れてんの?○君、オバちゃん○君のオシメとかも取り替えたんだよ?覚えてないの?」とか言ってんの。
そりゃ俺が毛も生える前だろうに。で結局「いいです!」「いいから!」の押し問答。

随分続いた。かれこれ10分ぐらい?。とうとう根負けする俺・・・・。トホホ情けね~。
上を脱いで恥じらいつつ体を拭いてもらう俺。まるでうら若き乙女のように。

「体格よくなったねぇ○くん。うちの子より全然逞しいわ、うちの子パソコンばっかりイジって全然表にでないんだから」とオバさん。

しかしいかに血がつながっているとは言え綺麗な女性に体を拭われて起たない男など居ない。
しかも俺は入院以来10日弱自慰行為をしてなかったのだ。

相部屋ってこともあるがいかんせん病院でオナニーは無理だね。
絶対に無理。他の奴とかやってんのか?とか思うけど。
あれはできない。

集中治療室の点滴とか看護婦さんがカラカラ運んでる音とかひっきりなしに聞かされる世界でオナニーできる奴はそうとう腹の据わった奴だと思う。

しかしそんな俺の変化にも気付かず俺の背中を拭い続けるオバさん・・・。
とうとう前を拭くときがやってきた。ここで「やめろ!」とも言えない。
俺はそしらぬ振りを通す事にしたのだ。見ればギンギンに高まってるのが一目瞭然。
しかし大人なオバさんならスルーしてくれると思ったのだ。

「うわっ!」とオバさん大声をあげた。
俺の期待も虚しくオバさん俺の高まりを見て思いっきり反応してる。
「すいません・・・」と項垂れるしかない俺。
シュンとする俺の心と関係なくよけいそっちは自己主張を強めている。
意図に反してビクンビクンいってるし。

「こ、こっちまで逞しくなっちゃって・・・」とオバさん。
冗談で和まそうとしたんだろうが全然笑える雰囲気ではない。
「自己処理できないんで、今無法地帯なんです、すいません」と俺。

俺も必死に笑いにしようとしたがダメだった。
「何でできないの?」とオバさマジで聞いてきた。
「病院ですよ?できませんよ」と俺。
「しちゃダメって事はないでしょ?苦しいならすればいいのに」
とオバさん水商売系らしくそっちの話はオープンだった。

「一回試したけどダメでした」と俺(これ本当)。
「なんで?」とオバさん。怪訝そうな顔をしている。
「音とか雰囲気とか凄い気になるんですよビクビクしちゃって・・・」(これ本当)と俺。

「へ~意外とデリケートなんだね、まぁ良いか?オバちゃんに反応したわけじゃないみたいだし」とオバちゃん。
ようやく雰囲気が和んできた。

「でも大きいねぇ~!やっぱり背かが大きいとこっちも大きいんだねっ」とかオバちゃん言ってんの。
こういう事を平気で言えちゃうところがいかにも水商売系だな~と思った。

「お、大きいですか・・・ね?」と俺。そんなん他人と大きさ比べてみたことねぇし。
「ウチの(旦那)もこんぐらい大きければねぇ・・・まぁどのみち殆ど機能してないけどハハハ!」とオバさん。

下話モード全開だ。(あ~オバさんちセックスレスなんだ?)と思ったのを今でも覚えてる。
一見やりまくってそうだけに意外だったから。

そして雑談しつつ下腹部から太腿に手が及んだときだ。
いきなりビクン!ビクン!とチンポの痙攣が始まった。うそだろ?自分でもあまりにも突然の前兆に驚いた。

「お!おばさん!やばい!ちょちょっと待って!」と思わず叫んだ。
「どした?」とオバさんびっくりして俺を見てる。
そして俺の下半身が痙攣してるのを見て
「ティッシュ?ティッシュか?」と言って俺に箱を渡すオバさん。

「あ、いや、大丈夫そうです・・・でもやばかったです」と俺。
まだ残る下腹部の震えを抑えながら言った。
「出しちゃえば良いじゃないの無理しないで~」
とオバさん腰に手を当て呆れているご様子。

「無理ですよだって病院ですよ?」と俺。
「だって生理現象なんだから・・・オシッコと同じで若いときは無尽蔵に湧いてくるんだから出さないとしょうがないじゃない」って言うわけ。

そう言われればそんな気もしてくるが、それにしたって病院じゃ無理だよ、やっぱ。
俺何も言わずにフルフル首を横に振った。

フゥ・・とオバさん大きく溜息をつくと「もう大丈夫そう?」と俺に聞いてきた。
「は、はい。すいません、もう大丈夫です」と俺。

俺も深呼吸をして息を整える。
「じゃ、さっさと済ませちゃうね」と言って足の方を拭いていくオバさん。
しかし・・・しかしだ・・またビクビクと痙攣が始まってしまった!もう拭くのは無し!ダメだ!

「オバさん!やっぱりダメだ!もう拭くのはいいですから!」と言って上体を仰け反らして辛うじて射精を耐える俺。と、その時だ。

「もういいから、出しちゃいな!」
と言ってオバさん無造作にチンポをサスサスしごき始めたわけ。
ちょと待って待って!度肝を抜かれる俺、急所を責められると男は動けなくなる。これ本当。

「うわ!オバさんまずいですよ!オバさん・・・肉親なのに・・・」
と言って辛うじて射精に耐える俺。
肉親に射精に導かれては後々自責の念に囚われるのは目に見えている。

「目を瞑りな!気にならないから」とオバさん。水商売系だけに超上手かった。
チンポの裏筋とか指でコチョコチョすんのよ。あれは研究しないとできない技だね。

シーツを掴んで「やばい!やばいよ!」と言いながら必死に俺堪えた。正直よく頑張ったと思う。
が、堪えるのはここまでが限界だった。

尿道を必死に締めていたいも関わらずビュウビュウ!と凄まじい射精を開始してしまう俺のチンポ。
結局最後の一滴までオバさんがあてがうティッシュの中に吐き出してしまった。


つづく
【近親相姦】入院中、叔母に下の世話してもらった話(体験談)※後編
2017/4/21 18:00 公開予定