2017年04月27日 15:00

惚れた女に誕生日プレゼント渡したら壁に投げつけられた…(体験談)

読了時間:約 5

俺「あ、あのー」
嫁「あれ?どうしたの?」
俺「一応、駅までお送りします」
嫁「君まで来たらまた合わなくなるでしょうがw」
俺「自分一番下っ端ですし、その方が先輩達も楽しいでしょうから」
嫁「大変だな若者ww」
俺「嫁さんだって十分若者じゃないですかw」
嫁「君が言っちゃダメだろwwwww」


合コンで男1人ドタキャン
女側最年長の嫁が人数合わすために離脱
男の先輩が本気らしく、男少なくていいのにwwww
とか俺見て言うから、今の人送ってきます
っつって店出た時のこと

駅に着いて、どうせ店には戻れないし帰ろうと思って
嫁が切符買ってる横で自分の切符も買った
そしたらたまたま方向が一緒で同じ電車に乗ることに

嫁が降りる駅が近づいてきたところで
嫁「今日、本当はあの先輩達に邪魔だから帰れって言われたんでしょ」
俺「い、いえ、そんなことは…」
嫁「君は嘘つけないねwあの先輩達かなりギラギラしてたしね」
俺「ははwまぁ職場が男ばかりだからですかね、そう見えるのも」

嫁「そっか、じゃ君も久しぶりの女の子とのあれだったんだ」
俺「はい、でも嫁さんとお話しできて楽しいですよ」
嫁「社交辞令ありがと」
俺「あ、いや、そんなつもりは…」
嫁「可愛いねぇww今日のお詫びと今のお礼を兼ねて、この後ひまなら飲みにでも行かない?奢るよw」
俺「ありがとうございます、ですがもう切符買ってしまったので」
嫁「電車賃くらい出すからwお互い一人酒は寂しかろう?」
俺「ははwじゃ割り勘でなら」

ってな感じで2人で飲みに行くことになって~って感じ
そこで嫁がつぶれたのもあっただろうなww

嫁の家の最寄り駅で降りて、狭くて汚い変な居酒屋に連れていかれた
嫁は常連らしく大将と親しげに話をしてた

大将「嫁ちゃん、やっと彼氏かいwww」
嫁「いやいやww迷惑かけたお詫びにね、今日初対面w」
大将「またまたw兄さん!嫁ちゃん酒強いから気をつけなよ!」
嫁「おっさんは黙って料理出しなさいww」
みたいなこと話してた

自分で言うのもなんだが、俺もかなり酒は強い
飲みまくってベロベロな嫁でもわかったらしく飲み仲間認定を受けて連絡先交換

ある程度経ったら嫁がトイレから出てこなくなった
大将が様子見に行ったら潰れてるとのこと
ビールほぼ一気で熱燗ガバガバやってたしそうなるか

仕方なく俺が支払い済ませて、嫁をおんぶして嫁の部屋まで運ぶことにした

ゲロりまくってたが、おんぶ中に吐きそうになると背中から降りて吐いてた
べろんべろんなのに変にしっかりしてて変わった人だと思った

嫁の家の鍵をどうにか開けさせてベッドに寝かせてゴミ袋を枕元に広げてその日は帰った

嫁の家に入った時に
「初対面である君が¢£%&@§☆●∞」
とか呂律回ってない変な人がいたのは気のせいじゃない

後日、嫁から電話があって謝られた
今度こそお詫びするって言って、また飲みに行く約束をした

そんな感じで毎月数回呼ばれてその居酒屋で飲むようになった
そうしてると、大将から色んな情報が流れてくる

・ここ数年、毎週一人酒しに来る
・誰かと一緒に来たことはない
・毎年、誕生日は必ず店に来て持ち込みケーキ食べてる
・おっさんは、嫁ちゃん可愛いと思う
などなど、他にも色々あった気がする
その話で嫁の誕生日の情報を手に入れた
嫁の誕生日は、その日から2ヶ月後くらいだった

せっかく誕生日を知ったからなんかしてやろうと思った
きっとこの時にはもう惚れてた
22の当時までKIRINだったし、度々2人で飲んでてこれで惚れないなんてことがあろうか、いや、ない
これ反語だっけ

とりあえず誕生日は、一人酒の嫁にプレゼントとケーキ持って凸の予定を立てて、大将にも、嫁が店に来たら連絡くれって頼んだ
プレゼントには悩んだ挙げ句、嫁は赤が好きと言ってたから赤い石のついた5万くらいのネックレスにした

そして当日、大将から連絡を受けて店に凸した
ケーキをつついてた嫁はかなり冷めた様子で
「あ、来たんだ、今日は一人が良かったんだけど」
とか言ってた
俺は勢いにまかせて、誕生日おめでとうございます
って言ってプレゼントを差し出した

次の瞬間には、プレゼントは壁に当たって床に落ちてた

何が起きたかわからなかったが、嫁の手に弾かれてプレゼントが俺の手を離れただけだった
嫁は何も言わずにため息ついて店を出て行った

もう死んだと思ったわ本当に
血の気の引く音がハッキリ聞こえて大将のにやけ顔も完全に行き場を失ってた

プレゼントは落ちたまま、呆然としてたら大将に座んなって言われたけど無視してフラッと店を出た

その時、告白するつもりでいたから余計ショックだった
初めて告白しようとしてたのに、する前にふられた状態

ショックなんて簡単なもんじゃなく酷く沈んで仕事もおろそかになるくらいだった
まだ新人だったのに仕事中も放心してたから上司には毎日怒られてた
嫁の連絡先も即消した

数日後、いつも通り嫁から飲みの誘いがきたが無視
また次も無視
数回無視した後、ようやく回復してきたところで仕事の帰りに会社の出入り口で嫁に会った

気まずかったから軽く会釈して通り過ぎた
そしたら腕を掴まれて振り向かざるを得なくなった

「あの時はごめんなさい」
「また〇〇君と一緒に飲みに行きたい」
「頼むから無視しないで」

しつこく言われて、ひとまず近くの喫茶店へ

そこでは色んなことを聴かされた

誕生日は、実は嫁の誕生日ではなくて
嫁の母親の誕生日だってこと
その母親は嫁が働きだすころに亡くなったこと

つまり勝手に勘違いしてた俺が悪かった

こっちの事情を全て話した後、嫁の誕生日がその日の数日後だと知らされた
嫁は、もう一度あれを渡して欲しいと言った
俺は、もうなくしたから新しいのを買うって言った

押し問答の後、新しいのを買うことにした
喫茶店を出る頃には仲直りして今まで通り話をしてた

新しいプレゼントは嫁の希望で指輪を。
嫁の希望で居酒屋に行くと大将はいつも以上にしわくちゃな笑顔をしてた

あのネックレスは大将が取っといてくれててそれも嫁の手に渡った
すると嫁が、誕生日プレゼントとプロポーズの指輪もらった
ってえらく騒ぎ始めて、今度はちゃんと告白して付き合うことに

そんなこんなで2年後、俺24、嫁28で結婚

新婚初夜は色々あったけど、それなりに夫婦やってますww

>>545だけど最後に少し…

嫁が会社前に来た時はかなりしつこかった
最初は当然無視してたが、会社前なんでそういうとこを上司に見られたら良くないってのと、単純にまだ嫁に惚れてたってのがあって結局、話をすることにした
別に俺の心が広いわけじゃなくて、打算とか色々あっただけww

あと、新婚初夜
新婚初夜って書いたが、初せくろすだ
実は初せくろすは付き合って1年半以上あと
結婚の少し前になる

童貞なので自分から切り出せなかった
きっかけは大将の、
「嫁ちゃんのおっぱい揉んだか?ん?どーなんだよww」
みたいな発言
その時は嫁も笑いながら流してたが帰り、嫁を家まで送った時

いつものように元気良く笑ってたのに急にしおらしくなって
やっぱり男の人はおっぱい揉みたいの?って聞かれて
酔いもあって、頷いてそのままベッドイン

嫁は非処女だったが、セクロスは高校の時以来らしく、顔真っ赤にしながら、恥ずかしいって連呼
裸でもじもじしてるのがいつもとギャップがあって完全に嫁に魅了された

最初は入れた瞬間、果ててしまって情けなさに凹んでたら嫁に押し倒されて結局朝までぶっ通し

その後も何回か飲みの帰りに朝までやったりしてたら騒音とかで嫁がアパート追い出されて俺のとこに転がり込んできた
そっからとんとん拍子で結婚
セクロスよりオナヌの方が気持ちいいって聞いてたが余裕でセクロスの方がいい、オナヌとかwwwwくらいに思った

そんなこんなで今じゃ嫁も妊娠して酒断って早くもママ気分
嫁を好きすぎて子どもも愛せるか不安ww

長々と本当にすまんかった
これで終わり
嫁の横に戻りますwww

コメント (0)
コメントする