俺は一年くらい前から出会い系をたまにしている。
基本はエッチ目的w 素人のことデートして、お金使いまくって、要約エッチできるまでに行くのが疲れた。
だから大人の交際目的。
俺は早漏だから、車内エッチが基本。ホテル代がかなりもったいなく感じて…
とある日曜日に、暇過ぎたのと、ムラムラが止まらなくて、出会い系を覗いていた。
市外だったが、車で20分くらいの23才の自称会社員の子とコンタクトを取った。

身長は160で体重は45㌔㌘のスリムな体型、写真は無理だとのこと。
別1.5でゴムは絶対につける条件だった。
迷ったけど、余り出会い系をやった事がないことがメールしている内に分かったので興味が湧いた。
また、スリム好きだったし、実際に会って見た可愛くなかったりしたら逃げるつもりだった。

車内の提案をしたが、昼間だし、誰かに見られたら…という。
俺は、車はミニバンだし、カーテンあるから大丈夫と。
彼女は迷った挙句、すぐ終わるならと。俺は早漏だからwと。

14時に駅前に待ち合わせをした。時間前に着くと、話していたピチピチのジーパンに上は茶色のジャケットを着た彼女を見つけた。
顔は、木村文乃のよく似ていて、体型は確かにスリムで美脚が眩しかった。

俺は、「まきちゃん?」と話しかけた。
「さむさんですか?乗ってもいいですか?」
「どうぞ(^_^)」
俺は、すぐに駅地下の駐車場に向かった。
着いた後、後部座席にまきを招き入れた。

「あの、先にいいですか?」
あー先にかあ、萎えるなーと思ったが、「いいよ」と渡した。
萎えたが確かに美女!俺は、彼女にどうしても生でしたくなった←普段はあまりしない

「俺、早漏だから、いきなりだけどフェラ優しくお願いできる?」
「いいですよ」
まきは俺のズボンとパンツを脱がした。
「あのー剥いていいですか?」←俺は仮性包茎 
「いいよ」
彼女は優しく皮を剥いた。

「舐めますね」
最初は確かに優しく丁寧だったけど、すぐに激しくなった。
「ちょっと待って!出ちゃうって!」
まきはフェラをやめない。

この女、早漏だとわかってて、口で逝かして終わりにする気だったなと、頭にきた。
俺は、まきを押し倒し、上着を脱がせ、胸にしゃぶりついた。
大きくはないが、綺麗な形の良い胸だった。

「ヤダ、気持ちいい」←明らかに演技とわかりきっていたので、余計に頭にきた。
俺は、まきのジーパンとパンテイーを一気に脱がした。
「ヤダ、乱暴過ぎます、優しくしてね」←お前が乱暴だ!
まきのあれは、毛が薄く綺麗なまんこをしていた。

俺はむしゃぶりついた。
「やだ、恥ずかしいです」「余り見ないで」
「アン、アンいっちゃいます」←マジで行きどうりを感じた。
俺は、まきの股間に入り、キスをした。
そして、自然に入れようとした。

「あっ、ゴムしてください、私持ってます」
「少しだけ、すぐゴム付けるから」
「絶対ダメです、今日、危険日だし、生なんて彼氏ともありません」

仕方なく、俺はゴムをつけた。
正常位で挿入。一分もしないうちに出そうに。

「やばい、すぐ出ちゃう」
「いいですよ、出してください」
「待って、早すぎ!」俺は膣から、チンコを抜いた。
「なんで抜いちゃうんですか?」
「正常位だけで行くのは寂しい、バックが好きなんだ」
「わかりました、バックで逝ってね」

彼女を四つん這いにした。←彼女が四つん這いになる瞬間、俺はゴムを巻き上げ、先端のみについている状態にした。
挿入後も、抜き差しを繰り返し、ついにはゴムを外し、ゴムを投げ捨てた。

「あーん、なんかめっちゃきもちいい」
「さむさんはきもちいい?」
「めちゃ気持ちいいよ」←生出しW

しかし、彼女が異変に気づいた。なんと、ゴムが彼女の目線に投げ捨てられていたのだ。←興奮で気がつかなかった。

「なんでここにゴムがあるんですか!外したんですか?」
彼女は危険を感じて、イチモツを抜こうとする。俺はそんな彼女の腰を掴み、
「ごめん、あまりに可愛いい子で、どうしても生でしたくなったしまって」
「ダメ!抜いて、今日危ないの!」

彼女は暴れた。
「俺は、ダメだー、行きそう」
「えっ、ダメ!中に出さないで!抜いて!」
「ダメだ、気持ちよすぎる、中に出すよ」
「絶対にダメ!本当に「危険日なの!外に外に出してください」
彼女が泣き出した。

構わず俺は
「ダメだ、出る!」
「ダメ、ダメ、お願いだから外に出してください、中なんてイヤー」
俺は、嫌がる彼女の腰を持ちながら、膣奥に出した。

「いやー出てる、妊娠しちゃう!早く抜いて!」
しっかりと出したあと、抜いた。
「ひどい、妊娠したらどうするんですか?」
彼女は泣きながら激怒。
お金10万払えとか、うるさいから、裸のまま外に放り出した。
パンツとバックのみ渡してW