私と彼と、もうお互い30近いから、そろそろ結婚しようかということになった。

彼とは職場で出会って恋愛に発展。私は少しギャルっぽい見た目だけれど、実際中身はすごくビビリだし、そういうのを隠したくってギャルっぽくしてるっていう感じ。

彼は誠実そうな見た目で、中身も見た目とギャップがあんまりない感じ。
背の高さがけっこう違う(彼が180くらいあって、私は150ちょっとしかない)から、デートのたんびにいつもヒールを履いていたら、
「妊娠したりしたら、ぜったいにそのヒールは危ないよ」とか言ってきたので、
「その予定あるの?」って冗談交じりに聞いたら、
「まぁ…そろそろお互いいい年だし、そういうのもいいかもしれないな。今度の休み、うちの両親に会ってみる?」
って。

彼のKはすごくいいやつで、いっしょにいると居心地がいいし、落ち着く。だからきっと、そのご家族もいい人なんだろうなって、楽しみにしていたんだ。

ギャルっぽい見た目は印象が悪いかな…って思ったんだけど、髪を染めにいったりする時間もなくって、仕方なく当日は、持っている中で一番お嬢さんっぽいワンピースと、ヒールの低い靴、つけまやカラコンはなしで、ナチュラルメイクで行くことにした。

Kのご両親は思ってたとおりのいい人たちで、話し込んでしまって時間も遅くなり、いっしょに夕飯を食べることになったんだけれど、そのときになって二階から誰かの足音が聞こえてきて。

「あぁ、あいついたんだ?」
「そりゃあいるわよ。すぐ入ってくると思うけど、弟のね、Sくんっていうの。あなたの弟にもなるんだから、仲良くしてやってね」
「あ、はい!」

快く返事したけれど、降りてきたのは、べとっとした肩くらいまでのストレートワンレンヘアーに、趣味の悪い服を着た、ちょいデブの男。Kとは全然顔も似ていないし、何より、雰囲気も違う。
仲良くできそうにない…って思ったけど、とりあえずにこにこしてやり過ごして、その日は帰宅。


後日、Kのお母さんからメールで、
「話したいことがあるから、家に来てほしい。Kには内緒ね」
って呼び出された。Kに内緒とか、もしかしたらKの小さい頃のアルバムとか、恥ずかしい話とかかもしれない!って、わくわくして行ってみたら、玄関で待っていたのは、弟のS。

「お母さんは?ご在宅じゃないですか?」
「…ちょっと出てるだけ。すぐ戻るから、中で待てば」

言われるままにリビングで待たせてもらっていたら、なんかSが飲み物を運んできてくれて。飲み物を飲んで、しばらくしたらなんだか眠たくなってきて……。

気づいたら薄暗くなっていて、それになんだか肌寒い。と思ったら、服の前をはさみでまっすぐに切られていて、全開になっていた。

なにこれ?!って声出そうとして、口もふさがれてることに気が付いて。腕も足も縛られてたけど必死にもがいたら、
「あ、起きた?薬の量多かったかな。けっこう寝てたよ」
って、Kの弟の、Sが近づいてきた。

無表情で、無残な姿の私を見下ろして、
「ギャルって、すぐやらせてくれるんでしょ?俺の姉になるわけだし、かわいい弟の童貞もらってくれるよね?」
って、ブラジャーのワイヤー部分もバチンとカットして、胸を丸見えにされ、乳首に吸い付かれた。

気持ち悪くて全身に鳥肌がたちまくり。なのにSは構わずに乳首にちゅうちゅう吸い付いている。
かと思ったら、べろべろと舐めてきたり、強く噛んだり……気持ち悪いし痛いし、早く終わってって耐えていたら、今度は下半身に手を伸ばしてきた。

それだけは絶対に嫌でもがいていたら、
「じっとしてろよ!」
って、頬をぶたれた。

誰かに顔叩かれたのなんて初めてで、衝撃でしばらく呆然としているうちにタイトのミニスカートもジャキジャキと切られて下着姿に。
もちろん、すぐに下着もハサミを入れられて、とりさられた。

「女って、これ使うとすごい気持ちいいらしい」
電マを持ってきて、思いっきり股にぐりぐりと直接当てられ、トイレを我慢していたこともあり、漏らしてしまった。そしたら、
「現実の女も漏らすんだ!!そんなに気持ちよかった?」
って、なんかやけに喜んでる。

電マされすぎてぐったりしていたら、
「そろそろ、外しても大丈夫かな。童貞、もらってくれよ」
脚の縄をほどいて、太ももに手をかけてきた。

で、あそこを押し付けてくるんだけど、なかなか入らない。もたもたしている間に、下の階でなにか音がした。
必死でもがいて、脚で床を蹴りつけて音をたてて、気づいてもらおうとしたんだけど、そんなことをしている間に、とうとう挿入されてしまって。

電マを当てられてイかされたとはいえ、やっぱり、生理的に嫌悪感かんじてる人間にこんなことされて、濡れるはずもない。
濡れてないのに入れられて痛くて、それに気持ち悪くて。それでも腰をバカみたいに振りまくってるSに抵抗して、脚で床を蹴り続けていたら。

「Sくん?何か大きな音がしたけど……あら」
ドア開けたお母さんが、こっちを見てびっくりした顔して。
ふつうなら「何やってるの!!」ってなるところなのに、困った顔して、

「ごめんなさいね。でも、Sくんはあなたの弟になるんだから、面倒みてあげてね。最近の子たちは貞操観念が薄いっていうから、あなたも大丈夫でしょ?終わったら降りてきなさい、ごはん用意しておくから、食べて帰ってね」
って、まるでなんでもないことみたいな言い方して、降りていった。

「助けてもらえると思った?ww残念だったね~、母親は俺の言いなりだからwwそれにしても、ブラつけてるとあんなに大きく見えるのに、外したらほとんどないねww偽乳だったわけ?wこれ、何カップ?」

たしかにBカップしかないけど、それにむしゃぶりついたり、揉みまくりながら腰振ってる人に言われたくはない。
「早く終わって」って、それだけ考えながら、ずっと泣いてた。
そんでやっと、
「あー、イクッ!中でいいよね、弟なんだから。家族なんだからっ」
って、中に思いっきり射精された。


終わった後、すぐに縄をほどいてくれて。すぐに自分の指でできるだけ精子を出してティッシュで拭い、服を着ようとしたけれど切り裂かれてしまって、着られたもんじゃない。

Sはすぐに「腹減ったから下降りてる」って、リビングに降りていった。
汚くて嫌だったけど、そこらへんに散らかっていたTシャツとトランクスを奪ってはいて、すぐにスマホでKに連絡。

まだ仕事中の時間だったけど、何度も何度も連絡したらやっと出てくれて、あったことをすべて話した。そしたら。
「仕事中にそんなこと連絡されても困る。結婚したらお前の弟にもなるんだから、大目に見てやってくれ」
って!!

信じられなくて、その後はまっすぐ玄関から出て、家の前で待機。お父さんが帰ってきて、玄関前に座り込む私の姿を見てびっくり。

近くにユ○クロがあったから、そこでシンプルなワンピースを買ってきてくれたので、ありがたく着させてもらい、ファミレスへ移動。

何があったのかを洗いざらい話したら、ファミレスなのに、通路に出て土下座してくれた。
「息子が申し訳ないことをした。謝罪は、なんでもするから」
って。
どうやら、末っ子で、少しご両親が高齢になってから生まれた子供だったということもあり、甘やかして育った結果……ニートで、あんな最低なやつに育ってしまったらしい。

その責任は自分にある。妻や息子がした失礼な行いも、自分が謝罪するっていって、床におでこくっつけたまま顔あげてくれない。

さすがにいたたまれなくなってきて、顔あげてください、大丈夫だからって言ったら、
「大丈夫なはずがないでしょう!今から、病院にも行ったほうがいい。車出すから」
っていって、緊急避妊薬をもらいに、産婦人科まで連れて行ってくれた。

お父さんの気遣いがありがたくて、お父さんだけでもまともな人でよかった…って安心して、車の中でしばらく泣いてしまった。

その後、避妊薬もらって、一安心。
お父さんには、Kとの結婚はナシにすることを話したら、
「こんなことがあったら当たり前です。気にしないで」
って言ってくれて。

Kには、「別れたいから、家帰ってこないで。荷物は後日まとめて送る」って、同棲している家には帰ってこないように連絡。
それで納得するわけもなく、家のチャイムを何度も鳴らされ、大声で呼びながらドアをたたかれたので、お父さんに連絡して、Kを連れて帰ってもらった。

その後も何度もKがやってきて怖かったので、お父さんに頼んで、違うところへ引っ越した。
今度Kが来たら、警察呼ぶからって、Kにメールで警告はしておいた。


1か月くらい、Kの顔を見ることもなくなって。私は仕事もやめて、もう接点もない。
だけどある日、Kからメールが来て。
「お前がいないと生きてる意味がないから、死のうと思う。とめたかったら、会いにきてほしい」
って言われて。

さすがにやばいと思って、警察にかけこんで、メールとか全部見せて説明した。
産婦人科にいった証拠も見せて、一応とっておいた薬の殻も見せて。なんとか警察が動いてくれて、一緒にKの家に。

目の前で、弟は婦女暴行ってことで逮捕。それをかばった母親にも、なんか罪があるっぽい。Kは憔悴しきった顔をしていて、自殺に使おうと思っていたらしい刃物を私に向けてきたので、こちらも逮捕。

警察で何日間かいろいろ聞かれて。やっと解放されたと思ったら、新しい家のポストに封筒があって、札束が入っていた。

「家族が本当に申し訳ないことをした。許してほしい」
って、通帳も入ってた。

その後、Kたち家族がどうしているかは私は知らない。知っているのは、お父さんに連絡が取れなくなってしまったこと。どうやら、失踪したらしいということくらいだ。