去年の夏、俺の彼女だった真理がチェリー坊どもに思う存分突ききられた話です。

真理は学生時代のサークルの後輩で、年は3つ下。今年で24歳(やられた時は23歳)です。
俺が4年生の時に新人で入ってきたのですが、男どもの争奪戦のはて、俺が付き合う栄冠を勝ち取りました。
身長は159センチ、スリーサイズは91(Eカップ)-61-92、で今思い出してもよだれが出るほどのダイナマイトボディでした。
付き合い始めて4年間、全て順調でした。あの日がくるまでは。
 
真理が就職して1年目の夏。二人で千葉まで1泊の予定でドライブに行きました。
ドイツ村で遊んだりバーベキューを食べたりした後、予約してあった勝浦の旅館に着いたのが夜7時。
ところが、予約してあったはずの旅館が、どうした手違いか予約がされておらず、仕方なく他の宿を探すことになったのです。
これが悪夢の始まりでした。

今思えば適当なラブホを探して入れば良かったものを、勝浦で魚が食べたいという間抜けな根性を出して、旅館を探しました。
当然ながらあまり良いところもなく、夜も遅くなったので、とある和風旅館にチェックインしたのでした。

この旅館は値段も安いせいか、東京の高校の柔道部が合宿にきていたのです。
車でついた時にマイクロバスが止まっていたので、その時点で気づくべきでしたが。。。
食事も満足なものではなかったのですが、幸せいっぱいの気分でビールや日本酒を飲んで二人とも相当酔っ払っていました。

食事の後、二人で風呂に行きました。あいにく家族風呂もなかったのですが、露天風呂があるとのことで、二人別々に男湯と女湯に入りました。30分後に部屋でと約束をして。

それが2時間後に、チェリー坊どもに思い切りストロークされた状態で会うことになろうとは、この時思いもしませんでした。


俺が露天風呂に入ると、合宿の高校生らしい数人の若造が既に風呂に入っていました。
若いな~などののんきな目で見ながら風呂に入っていたのですが、そのうちの1人が塀によじ登っていました。
(こいつ何やってんだ~)と思っていたのですが、そいつが他の仲間に言ったのです。
「おい女風呂見えるぞ!」
このやろ~と思いましたが、まさかそんなに鮮明に見えるわけもないだろう、とたかをくくって、風呂につかっていました。

そいつの言葉を聴くやいなや、他の若造どももかわるがわる塀によじ登りました。
(真理が入ってくるからまずいな)という潜在意識はあったのですが、どれくらい見えるのかもわからず、チ○ポ丸出しで塀によじ昇る若造どもをやめろという気持ち半分、まさか見えないよなという気持ち半分で見ていました。

数分後、1人のチェリー坊が大声出したいのを抑えるように塀から飛びおりて仲間にささやいたのです。

「おい、すげえ身体の女が入ってきた」

まさかと思いましたが、注意するのもためらわれ、そのまま風呂に使っていましたが、若造どもはかわるがわる塀に登っては鼻血を出さんばかりに顔を硬直させて、
「おっぱいでけ~」とか「肌むっちむち」「あそこが見てえ~」などと報告しあっています。

やつらが見ているのは真理以外には考えられず、全員袋だたきにしてやりたい気持ちでした。ただ、柔道部らしく皆小柄なやつでも筋肉隆々で下手に注意できない状況でした。

中には自分のチ○ポをしごきながら覗いているやつもいる始末。
そのうち1人が「オ○ンコ見えた!」と報告すると、他のやつらが
「ああ、あんなダイナマイトないい女とやりて~」と口々に言い合っていました。

俺はいたたまれなくなり、一刻も早く真理を抱きたいという気持ちで一杯になり、風呂を出ました。真理もまもなくでるだろうと思いながら。
まさかあの若造どもが、本当に欲望を真理にぶつけるとは思いませでした。


1人で部屋に戻って、さっきのことを思いだし、真理に責任はないのに、一体何を無防備に風呂に入ってるんだとか、怒りを抑えるのに精一杯でした。
戻ってきたら、メチャクチャに抱いてやろうと考えていたのです。

部屋でたばこをふかしながら、待つこと20分。真理はいっこうに帰ってきません。
風呂に入ってから既に40分は過ぎており、おかしいなと思いました。

さっきのチェリー坊どもの獣じみた視線を見ていたこともあり、俺は急に不安になって露天風呂へと戻りました。男湯を覗きましたが、既にさっきのチェリー坊どもはいませんでした。

女湯を覗くわけにもいかず、待つこと10分、一向に出てこないので、俺の不安は頂点に達しました。
あわてて女中さんをつかまえて、
「俺の彼女が風呂から出てこないのですが見てもらえますか?」
とお願いしたのです。見てくれた女中さんの答えは、俺の不安を増幅させました。
「今はどなたも入っていらっしゃいませんが。。。」

俺はあわてて部屋に戻りましたが、やはり真理は帰っていません。
となると、さっきの若造どもしかないと思った俺は、若造どもがとまっているであろう部屋まで走っていったのです。

2Fのフロアは思ったより広く、若造どもの部屋はわかりません。こ
の時点で、旅館の人に緊急措置をお願いすべきだったのですが、そんなことまで頭が廻らないほど、無我夢中でした。
ラッキーなことに同じ合宿のメンバーと思われる若造が廊下を通りかかったので、強引に部屋を聞き出し、中を見せてもらったのですが、真理もさっきの若造どももいません。

俺は狂ったように露天風呂まで戻り、その近くをうろうろしていました。
その時、露天風呂の脇にある布団部屋のようなところから、
「あああん」という真理の声が聞こえたのです。

俺は狂ったように扉をたたきました。
すると扉が以外にさっとあき、次の瞬間首を強力にねじ上げられてしまったのです。
組み伏せられて俺がみた光景は、悪夢でした。

真理が全裸で布団に組みしかれ、4人がかりで真理を襲っていました。
1人は真理の両腕を抑え、2人が真理の豊満な巨乳をひとつずつなめしゃぶり、1人が真理のおしりをかかえあげるように、オ○ンコに顔を埋めていたのです。

真理は小刻みを身体をふるわせながら、「あっあっ」と喘ぎます。
チェリー坊どもは狂ったように、真理の身体をなめまくっていました。
俺はあまりのことに声も出ず、どれくら抵抗したかもよく覚えていません。

両腕を組みしいていた若造がねっとりと真理の唇を奪います。
真理は「んんっああっ」と抵抗しようとしますが、同時に左のパイオツにほおずりされ、右のパイオツをもみしだかれ、オ○ンコに喰らいつかれて思わず受け入れてしまっていました。

4人は代わるがわる巧みにポジションをチェンジして、顔をなめまくり、右と左のパイオツをほおばり、オ○ンコに顔を埋めてベロンベロンに真理のきれいなアソコをなめまくっていました。
俺を組み敷いているやつは何も言わずにじっとそれを見ていました。

そのうち、一番最初に真理の右のパイオツをなめまくっていた若造(A男)が、
「じゃ俺からね」と言いながら、真理の両足をかかえあげました。
他のやつは「オス先輩」と言って真理をおさえつけました。

A男「真理ちゃん、入れていいですか~?」
なんでこいつが真理の名前を知っているのかと思う余裕もありませんでした。

真理「ああっ、だめやめてください」
A男「だって真理ちゃん、風呂でストリップするから悪いんですよ~。だから僕たちガマンできなくなっちゃって。俺は経験済だけど、あとのやつらは柔道ばっかりやっててチェリーだから、たっぷり経験させてあげてね」
真理「ああ、だめ」
A男「いくよ真理ちゃん、そ~れ」

言うやいなや、A男は真理のおしりをしっかりと抱えこみながら、砲身をズブズブと埋めていきました。

真理「はあうっああ」
A男「う~ん、いい。こんないい女一生抱けないかも!こんなところまで合宿にきて超ラッキー!」
と叫びながら、リズミカルに腰を振りぬきます。

真理が「あん、あん、あん、あん、あん」と可愛い声で反応しているのを、俺は呆然と見ていました。

A男「おお、もう出ちまいそうだ。おいお前らいいぞ」
A男「おい、お前らはじめてなんだろ。だから、たっぷりかわいがってもらいな」

すると、さっきまで真理のオ○ンコに顔を埋めていたB男がポジションにつきました。

B男「それじゃ、頂きますっ!」
真理「ああ、だめえ~っ」
B男の細身ながらそりかえったイチモツが、ゆっくりと真理のお○んこにあてがわれました。
B男「いきますっ!」
真理「はあう」
B男「あああ、きもちいい、いい、いい、いいぞ~」
B男は狂ったように、腰をバズーカ砲のように打ち付けています。

真理「あん、あん、だめだめだめ、あああああん」
真理の柔らかいパイオツが上下にブルンブルンに揺れまくり、それを両側のチェリー坊が頬擦りしながらなめまくっていました。

初めてのくせに、B男のストロークは強力でかつリズミカルでした。
200回は突いたでしょうか?
B男「ああっ最高、とろける~、真理さんぶっかけていいですか?」
真理「あん、あん、だめやめて、やめてください」

真理のお願いなど聞き入れるワケもありません。
B男の生チンが抜かれると、真理のおなかにどっぷりと放出されました。

するとA男が残る2人にこう言ったのです。
A男「おい、お前たち1年はこれも練習の一つ。入れたらガマンしないで、一気に突きまくれ。突いた数の多いやつが勝ち~。やったね、うれしいね真理ちゃん!」
真理「ああ」

そういわれたC男が、真理の足をなめ上げて、いちもつを握りながら、真理に近づきます。
C男「ではいきます。真理さん、すみません、トレーニングお願いします」
言うやいなや、C男はあまり大きくない小ぶりのチ○コを真理の中に突き立てました。

C男「ああ、きもちええ~、ついにやった、やったった。こんなかわいいお姉さんにやらしてもらった!さいこー」
真理「はあん、あああああん」
C男「では行きます、いちっ、にっ、さん」

みんなの掛け声とともに、C男は真理の両足を肩にかつぎあげて、真上から腰を振りおろします。

C男「二十、にじゅういちっ、にじゅうにっ」
真理「あん、あん、あん」
C男「オス、もうだめですいきます、ごじゅういちっ、ごじゅう、うっ」
真理「ああああん」
C男は真理の右のパイオツにザーメンをかけまくります。
C男「ふえ、ふえええ~」
真理「あああ」

A男「なんだ、たったの50回か。でもまあこれだけいい女なら、無理ねえな。初めてにしちゃ頑張ったよ。じゃ次D男な!。真理ちゃん、たくさんたぎりいったチンポがあっていいね~。絶叫しちゃっていいんだよ!」

今度はD男がいちもつを握り締めながら、真理に近づきます。

真理「ああ、もう、もうやめて。。」
D男のいちもつは、俺が今まで見た中で最大級でした。特に太さが際立っていました。

真理「ああ、そんなの壊れちゃうよ、やめてお願いだからやめてっ」
D男はダラダラとヨダレを垂らしながら、真理の両方のパイオツをなめしゃぶり、ゆっくりとねらいを定めました。そして、ゆっくりと柔らかな真里に向かってチンポをはめていきます。

D男「入ります。やったやったオマンコ決めた~、それ~っ」
真理「はああああああん、だっだめ~っ」

D男「いちっ、にっ、さんっ」
真里「はあう、ああああああ、あん、あん、あん、あん」

ずぶといチンポをはめられたせいか、真里の顔がトロンと紅潮し、かわいい喘ぎ声がリズミカルに響きます。
D男は筋肉も隆々で、ものすごいマッスルマンが、白くてムッチムチの真里の上で踊り狂っていました。

D男のものすごいストロークで、パンパンパンという音が響きます。
D男「真里ちゃん、真理ちゃん、真理ちゃん」
真里「あん、あん、あん、あん、いいっあああいいっ」
ついに真里の口から、悦びの声が思わずもれました。
D男「いいのいいの、俺なんかがはめちゃってご、め、ん、ね~」

周り「二百三十、二百三十一、、」
D男の激しい打ち付けはいつ果てるともなく続きます。
真里「あん、あん、ああああ、もう、もう、ああん」
D男「いっちゃうかい?真里ちゃん、いっちゃうかい?僕の初めてのSEX、一生の記念だから一緒に行こう、ねっねっ、行こうっ!」

D男は真里のパイオツを時には強く、特には柔らかくもみしだきながら、歓喜の叫びをあげていました。
D男「ああっ、とけちまう。いくよいくよっ、真里さ~んっ」
真里「ああっ、いくいくやだやだ、いっちゃういっちゃう」
D男「ふふふははははは、やったこんなかわいいお姉さんと初体験させてもらうだけじゃなく、いかせてやった、俺の鍛えぬいたイチモツでいかせてやった、やったぞ~っ」

真里「あああ、だめだめ、いっいく~うん」
真里の身体が弓なりになり、同時にD男は生チンを抜いて真里の顔にたっぷりと放出したのです。

D男「ふえ~っ、きもちいい~っ」
A男「すげえな、完全に突ききったね。ストローク250回だよ。たいしたもんだ。」
D男「おす。ありがとうございます」

真里「はあああ」真里は完全に放心状態でした。
A男「じゃ次お前な」と俺を抑えている男(E男)が呼ばれました。
代わりにC男とD男が俺をおさえつけると、E男は小躍りして真里に近づきます。

E男のチンポも巨大でした。真里が壊れちゃう、そんなことをぼんやりと考えていました。
E男「ああっ。待ちくたびれた。たっぷりや・ら・せ・て」
真里「ああん」

マッスルなE男は真里を軽々と抱え上げて、駅弁スタイルで決めました。
E男「近くで見ると余計かわいいじゃん。さいこ~」
真里「ああああああん、だめっえええ~」

E男「真里ちゃん、真理ちゃん、あっそ~れ、あっそ~れ、あっそ~れそ~れそ~れそ~れ、ううん、いいっ~」
真里「ああん、ああん、ああん」

E男はたっぷりと駅弁を楽しんだ後、真里を四つんばいにさせました。
B男やC男が口々に「俺もバックでやりて~」と勝手なことをほざきます。
E男は真里のヒップを抱え上げると、両手でもみしだきながら、巨大なチンポをはめて行きました。

E男「ああっ、これも最高、まりちゃん、いいぞいいぞ、いいぞ~っ!」
真里「あん、あん、あん、あん、ああああああああああっ、いい~っ」
パンパンパンというリズミカルな音がこだましました。

真里「ああう、またまたいっちゃう、だめだめ」
E男「ん~っ?いっていいんだよ、いいんだよ、まりちゃん、まりちゃん」
真里「うわああああああ、いくっ、いくっ、気持ちいいっ」
E男「はははははっ、うわはっはっはっ。まりちゃんかわいいっ、さいこ~っ!」

E男「いくぞ、いくぞ~っ」
E男は真里の胸を後ろからもみまくりながら、最後のストロークをしました。
E男「ううっ、いくっ」
真里「はああああん、ああん、いくいくいくいくいくいく、ああ~っ」
真里がいくのと同時に、E男のザーメンが真里の背中に降りかかりました。

真里「あああん。」
E男「やったぜ、ふえふえ、もう死んでもいいよ」

最後に再びA男が真里にのしかかりました。
A男「フルラインアップどうだった?真里ちゃん。よかったでしょ?俺は年長だから他のやつらとは違うよ。へへへ」
A男のチンポが真里の中にズブズブと入っていきます。

真里「ああっ、もうだめ、またいきそう~っ」
A男はべろんべろんに真里の胸や顔をなめながら、狂ったようにストロークを繰り返しました。
A男「ううん、いいっ。いくよ、真里ちゃんのために、中でいくよっ!」
真里「あああああ、だめだめやっやめて~っ」
A男「それ、それ、それ、ううう気持ちいいっ、ああああ」
真里「ああっ、いっちゃういっちゃう、あん、あん、あんいくいく」
A男「いくぞ~っ」
真里「いっく~うん」
A男は真里に身体をこすりつけるように味わいながら、真里の中で果てました。