授業終わって帰路につく俺と女友達。

俺「今日疲れたからお前んち寄って行くわ(冗談風)」

女友達「明日授業無いし、良いよ~♪」

俺「(!)・・・ならお邪魔するわー」

で、女友達んちに行くことになった。
 
俺「お邪魔しまーす!って誰もいないか」

女友達は独り暮らしである。
しばらく話したりなんなりで時間は過ぎ・・・。

俺「俺も明日授業ないし泊まってこうかなー(チラッ)」

女友達「いいけど、床で寝てね♪狭いし」

俺「まじ!?仕方ないけど泊まるわ。コンビニで酒と摘みでも買ってこようぜー」

女友達「わざわざ行かなくても常備してあるよ(笑)」

しばらく飲み続け、時刻は24時を過ぎた。

俺「てか、お前って地元に男いないの?」

女友達「いたけど、会えなくなるから別れた~。そろそろ欲しいよねー」

俺「せっかくの独り暮らしなら連れ込めるのにね、勿体無い」

女友達「そんな事ないよー、うちに来たの俺君が初めて(笑)」

俺「マジで?何か嬉しいね。で、彼氏ってどんな人だったの?」

女友達「もう!忘れかけてたのに!でも酔ってる今なら悲しくはないし、教えるね!」

彼氏の事を話し始めたのでしばらく聞き続け、俺は酒の勢いに任せて質問した。

俺「彼氏とどこまでしたの?」

女友達「それ絶対言うと思った(笑)。俺君そういうの好きそう」

バレてた。

女友達「まあそれなりにはしたよ(笑)、もう大学生だしね」

俺「そりゃそうだよなー。今時みんなやってるか」

ご存じの通り、俺は未体験だ。

女友達「俺君ってまだした事ないでしょ?(笑)」

俺「ぐぬぬ・・・」

この時、すでに女友達は俺の真横に寝転がっていた。

女友達「女は大体勘付くよ♪俺君って急にキョドるもん(笑)」

女友達は俺の二の腕をツンツンしだした。
この時、すでにビンビンである。

俺「くっそー!!誕生日までには終わらせるからなー!」

女友達「とか言っちゃって~♪」

ここら辺でじゃれ合いだした。
その時、女友達の脚がビンビンのモノに当たった。
それもかなりの強さで。

女友達「あっ」

俺「あっ」

女友達「俺君大きくなってんじゃん(笑)」

酒もあってか、恥ずかしさすらなかった。
女友達は足でおちんちんをツンツンしだした。

女友達「ほれほれ(笑)」

俺「あっ」

女の子におちんちんを触れられる事すら初めての俺。
足だろうが気持ちよい。

女友達「俺君可愛いじゃん(笑)」

この時、女友達は触るというより両足の裏で挟むようにおちんちんを上下していた。

女友達「俺君ってチューした事もない?」

俺「ないよ!」

次の瞬間、女友達の舌が俺の口に進入してきた。
生まれて初めてのキスはとても気持ちよく、さらにビンビンになった。
女友達は俺のズボンを脱がし、パンツの隙間からおちんちんを取り出した。

女友達「俺君のちんちん臭っ!」

女友達の言葉にショックを受けながらも、女友達はまた足の裏でしごいている。
しばらくして限界が来た。

俺「いかん、もう出そう」

俺がそう言った瞬間、女友達はしごくのをやめた。

俺「(!?)どうしたの?」

女友達「わたし生理だからやめる。俺君自分でしたら?」

そう言われた俺は困ったが、出したかったので自分でしごく事にした。
しかし普段のようにはいかず、なかなか出ない。
しばらくしたが、なかなかイケそうにない。

俺「ちょっと無理っぽいわ」

そう言おうとした時、女友達がおちんちんを握った。

女友達「俺君ほんと可愛いね(笑)。ちょっと面白い物あるから使ってみていい?」

掘られるのかと心配したが、持ってきたのはぺぺローションだった。

俺「なんでそんなのあるの(笑)」

女友達「前の彼氏と使ってて、実家に置いとくわけにもいかないし持ってきた♪ちょっと待ってて」

女友達はそれを台所に持っていった。
空のペットボトルに入れて水で薄めているようだ。
手慣れている・・・。
戻ってきた女友達は、よく混ぜ、手の平に垂らした。

女友達「この感触がいいんだよねー♪」

女友達の手はヌルヌルになり、それを見ているだけで興奮した。

女友達「じゃ、触るね」

そう言って女友達のローションまみれの手がおちんちんを包み込んだ。
使った事ある人なら分かると思うが、素手より格段に気持ちいい。
女友達はおちんちんをしごいた。
部屋にはクチュクチュという音が鳴り響いていた。

女友達「俺君気持ちいい?」

俺「はい」

なぜか敬語になっていたが、気持ちいいのでどうでもいい。
そう返事すると、女友達は金玉の裏まで手を伸ばしローションを拡げた。
左手で金玉を、右手でおちんちんをしごかれて、俺は限界が近づいている。

俺「あーイキそ・・・」

それを聞いた女友達はおちんちんを高速でしごきあげた。
亀頭が熱くなり、声も出なかった俺は精液を放出した。

俺「あぁ」

女友達「ふふふふ♪」

精液は2メートルぐらい先まで飛んだが、フローリングなので大丈夫。
女友達は射精したのを見るとゆっくりとしごき、最後まで出してくれた。

女友達の手には精液がべっとりと付いていたので、俺は真横にあったティッシュを取り、女友達に渡した。
精液を拭くのかと思ったら、なんと女友達は精液がついた指を舐め始めた。

女友達「俺君の精子、臭くないね♪」

そう言いながら口いっぱいに精子を含んだ女友達。
次の瞬間、女友達は俺にキスをしてきた。
精子まみれの口で。
普段なら気持ち悪いと思うけど、その時の俺はどうでもよく、自分の精液など気にはならなかった。
しかし・・・。

俺「うえっ」

女友達「ふふふふ♪」

俺は自分の精液をティッシュに吐き出し捨てた。

女友達「俺君よかったね♪じゃあ寝よっか!」

俺は自分で床やおちんちんを掃除して眠りについた。