これは数年前に起きた話です。

我が家は、街からちょっと離れた所で、山間に出来た住宅地にあります。
週末の午後7時位に、仕事を終え自宅に向かっていると、いつもは家の明かりがいっぱい点いている筈なんですが、何処の家も暗く不気味な雰囲気を醸し出していました。
 
我が家も例外では無く、明かりは点いていません。
車を停め、玄関を開けようとしても鍵が掛っていました。

その時です。
隣の家から妻が出て来たんです。

「貴方、お帰りなさい!」
「どうしたんだ?」
「停電なの!」

妻に呼ばれお隣さんへ向かうと、隣の武田さん夫婦と子供達(お互いの子供が同級生)、それに妻がリビングでロウソクの明かりの中、時間を過ごしていた様だった。

話を聞けば、夕方4時位に近くの山が崩れ、送電線が何本も切れたらしく、復旧には時間が掛かると言うのだ。

しかも、我が家はオール電化で、停電では何も出来ない状態。
そんな時、お隣さんが声を掛けてくれて、一緒に夕食を済ませたという。

お隣さんはガスも使っていて、食事の準備は出来るらしく、しかも小さいながらも発電機があるので、ちょっとした電源は確保出来ると言うのだ。

「本当に助かります。色々ご迷惑を掛けてすいません」
「良いんですよ。困った時はお互い様ですよ」

子供が同級生で、何かと一緒に行動する事もあり、仲良く接してきて本当に良かったと、その時は思っていました。

「さぁ、齊藤さんもお腹空いたでしょう、ごはんでも食べて下さい」
「あ~すいません」

夕飯を御馳走になり、武田さんに酒を勧められ一緒に飲みながら、色んな会話をしていた。
子供達も、初めて体験する停電に興奮気味で、LEDライトを持ち出し探検ゴッコを始める始末。
何だかんだと、停電も良いものだと思っていました。

「子供達!そろそろ、風呂でも入りなさい!」
「風呂って・・・停電ですよ」
「家はガスで沸かすから風呂入れるんですよ!」
「へぇ~ガスも良いんだな!オール電化は駄目ですね・・・」

酒も進み、子供達も風呂から上がると子供部屋に向かって行った。

「そろそろ家に戻らないと・・・」
「今日は泊まって行って下さい。子供達も喜びますし、明日も停電が続くらしいですから」
「でも、お邪魔じゃ!」
「家は全然平気です。たまにはいいじゃないですか!」

そんな訳で、その日は武田さんの言葉に甘え、泊まる事にしました。

「奥さん、お風呂先に良いですよ」

隣の奥さんにそう言われ、妻が着替えを持って風呂に向かった。
暫くして、妻がネグリジェ姿で、リビングに戻って来た。

「あ~いい湯でした。次の方良いですよ!」
「奥さん、いつもそんな色っぽい服装で寝るんですか?」
「えっ、え~」
「旦那さん羨ましいな!うちの嫁は全然!色っぽさに欠けるんですよ」

「何!あんた・・・どうせ私は女っ気無いですよ!」
「そんな事ありませんよ。奥さんも十分に色気がありますから」
「あら、齊藤さんったらお世辞言っちゃって・・・嘘でも嬉しいわ!じゃ私も色っぽい下着つけようかな?」

そんなことを言いながら、奥さんは風呂に向かって行った。

その後、私も風呂に入ると寝床が用意されているところで、何故か1階の和室に布団が4枚敷いていた。
どうやら大人4人はここで寝るようだ。
私、妻、武田さん、奥さんの順番!

酒で酔っていた事もあり、あまり気にする事もなく布団に横になったんです。
他所の家で何だか寝付けない中、奥の方からは小さくイビキを掻く音がする。
暗い室内で、辺りは良く見えない。
もう何十分経ったのか?そんな時でした。

“ス~ス~”

肌を擦る様な音!

「うっ・・・あっ」と小さく聞こえる声!

(何だ!この音、声は・・・)

息をする音も粗々しく聞こえ始めた。

(こんな所で、お隣さんも盛り上がっちゃったのかな?)

武田さん夫婦の営みと思いながら、知らないふりをしていたんです。

「ハァハァ!」

息が荒れる音、私も段々興奮し、股間がムクムクと大きくなっていました。
そんな中、“ペチャペチャ”と舐める音!

続きを読む(【寝取られ】停電中、無防備すぎる妻が隣の旦那にハメられていた・・・・・・・・・・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば続きをお読みいただけます。