紀子ちゃんとセックスするまで、私は自分がレズだなんて…

彼氏もいるし、イったことはないけど…、セックスもそれなりには。

紀子ちゃんは、一緒に入社した同期の中では、一番かわいいっていわれてて、男の人にモテモテだった。
誰も紀子ちゃんがレズだなんて思ってなかったし、私も残業で二人きりになるまで紀子ちゃんがレズだなんてしらなかった。
 
ようやく残業が終わって、立ち上がった私を紀子ちゃんがいきなり抱きしめてきて。

しばらく、なんで抱きしめられてるかわかんなくて、呆然として…

「佑ちゃん・・・私、レズなの。はじめてあったときから、佑ちゃんのこと、好きだった。」

っていわれてはじめて、紀子ちゃんがレズなんだってわかって、ものすごく動揺した。

「ええっ!なんで私?えっと、私、彼氏いるよ?」

「知ってる・・・。彼氏と別れてなんていわないから・・・。」

紀子ちゃんのかわいい顔が近づいてきて、私にキスした。

うそ・・・紀子ちゃんとキスしてる・・・

紀子ちゃんの唇はすごくやわらかくて、小さな舌が口の中に入ってくるのも気持ちよくて、なんだか抵抗できなかった。

紀子ちゃんは私にディープキスしながら、器用に私の服を脱がせていく。

えっ、会社でキス以上のことするの??

戸惑っているうちに、私のシャツのボタンは全部はずされて、ブラジャーも脱がされていた。

「きれいなおっぱい・・・」

前かがみになった紀子ちゃんが、私の乳首を咥えた。

口の中に含んだ乳首を舌でれろれろと舐められて、体に力が入らなくなる。

「佑ちゃん、かわいい。ねえ、もっと感じて?」

紀子ちゃんは小悪魔みたいに微笑んで、反対側の乳首もしゃぶりはじめた。

切ないような気持ちよさがおまんこを濡らしていて、レズなのに彼氏とする以上に感じている自分に愕然としてしまった。

「机に座って、足を開いて?」

私は紀子ちゃんにいわれるまま、机の上に座って、手を後ろにつき、足を大きく開いた。

するりとパンティを脱がされて、ぬるぬるになったおまんこをクンニされる。

舐められれば舐められるほど、愛液があとからあとからあふれてきて、机にこぼれてしまうくらいびちゃびちゃになってしまった。

濡れ濡れになったおまんこを指でなぞるようにさわられて、おまんこの中に中指を挿れられると、もう信じられないくらい気持ちよくて、あえぎ声が抑えられなかった。

「ああっ・・・気持ちいい・・・いいの・・・。」

紀子ちゃんは私のおまんこの中に、二本目の指を挿入しながら、

「男とするセックスとどっちがいい?」

ってきいてきた。
紀子ちゃんの指先がおまんこの奥のいいところをぐいぐいと刺激してて、なんかイクかも…

私がいつまでも質問に答えないので、紀子ちゃんは指の動きを止めてしまった。

「今まで男としたセックスの方が気持ちいいの?」

悲しそうな紀子ちゃんの表情をみていると、うそはつけなくて、

「こっちの方が気持ちいい・・・だから、もうイかせてぇ・・・。」

恥ずかしいと思いつつも、おねだりしてしまった。

「やっぱり、佑ちゃんもレズだったんだ。」

紀子ちゃんは満足そうに笑いながら、指の動きを再開してくれた。

おまんこを指でこすりながら、乳首をぺろぺろと舐められて、私ははじめてイくことができた。

じーんとした余韻にひたっていると、さらに強烈な快感を与えられて、気持ちよすぎてつらくなってしまう。

「もうヤだ・・・ああんっ・・・もう許してぇ・・・。」

「あれ?佑ちゃん、イっちゃったんだ。教えてくれないとわからないよ。」

いじわるそうな笑顔の紀子ちゃんには、私がイったことくらいわかっているはずなのに、なんだか申し訳ない気持ちになって、

「ごめんなさい・・・。」謝ってしまった。

「今度からは、イくとき、ちゃんと教えてね。」

紀子ちゃんは、私にちゅっとキスすると、また激しくおまんこの中をこすりはじめた。

クリトリスも一緒にこすられて、またすぐにイってしまいそうになる。

なんで紀子ちゃんに愛撫されると、こんなに何回もイっちゃうんだろうと思いながら、

「イきそう・・・イくっ・・・。」と紀子ちゃんに報告した。

さすがにもう終わりだろうと思っていたのに、紀子ちゃんはバイブを取り出して、私のおまんこに挿入した。

スイッチを入れると、かすかな音を立てながら、バイブがくねりはじめる。

指とはまた違う快感に私は悶えた。

「遅くなっちゃうから、もうそろそろ帰ろうか。」

紀子ちゃんはブラジャーをはずしたままで、私のシャツのボタンを留めた。

バイブもおまんこに挿れっぱなしのまま、パンティをはかせて、私を机からおろす。

立って歩くと、バイブの先がおまんこの奥をえぐるようにかすめて、しゃがみこみたいほど気持ちよかった。

「明日は休みだから、このまま、私のうちに泊まりに来て。」

快楽に支配された私には断ることなんてできなくて、月曜日の朝、会社に行くまでには、彼氏と別れて、紀子ちゃんと付き合うことになっていた。

もうレズだって、かまわない。

こんなに気持ちいいセックス、他の人とじゃできないから・・・。