僕の家には、住み込みで父の仕事のアシスタントをしている30代前半の女性がいました。
身長は160センチくらい、上半身は少しぽっちゃりとした人です。

ある日、中学で部活をして家に帰ると彼女しかおらず、みんな出掛けているようでした。
僕がいつものように汗を流そうとシャワー室で服を脱いでいると、ドアの外まで来た彼女が
「シュンくん、背中流してあげようかぁ~?」と声を掛けてきました。
咄嗟のことだったので、僕は「いいよ、エッチだな~」と返事をすると、
「何言ってるのよ、子供の癖に。一人前みたいなこと言って!開けるわよ、それとも恥ずかしい?」と言うので、からかわてるのが少し気に障り、
「恥ずかしいわけないだろ。じゃ、洗ってよ」と言いました。

すると、フレアースカートの裾を腰に挟み、ひざ上20センチくらいまで捲って、入って来た彼女。
そして、椅子に座っている僕の後ろに来て、「洗いにくいから、立ち上がってくれる?」と言うので、後ろ向きで立つと、タオルで背中、お尻、足と洗ってくれました。

「ありがとう、もういいよ」と言うと、
「何言ってるの、頭も全部洗ってあげるから、そのままでいて!」と前に回ってきたので、とっさに前を隠す僕。

彼女はニコッと笑って頭を洗い、首、胸と洗ってくるではありませんか。
その間、僕は手で前を隠したまま……。

「ほんと、もういいから」と言うと、
「ほら、言うこと聞いて。そこも洗うから、手を退けて!」と怒ったように言うので、その剣幕に押されて、渋々手を外しました。

すると彼女は僕の前にしゃがみこみ、アソコを見て、
「あら、少し剥けてるけど、ここに垢が溜まって不潔だから、良く洗わないとね」と言いながら、ポールの部分を握ってしごくように剥くと、素手で石鹸を付けて亀頭の部分をソフトに洗い出したのです。

女性にアソコを握られたのと、まだ敏感な部分を触られ、すぐ前に女性の顔があるという状況で、すぐに立ってしまいました。

彼女はそれを見て微笑みながら、
「いいのよ、恥ずかしいことじゃないんだから」と言って、今度は右手でしごきながら、左手で袋の部分をさわってきました。

僕は何がなんだか分からなくなり、余りの刺激に1分も経たないうちに勢いよく射精してしまい、精液は彼女の顔や服、そして剥き出しの足にかかってしまいました。

僕は恥ずかしくなり、思わず「ご、ごめんなさい」と言うと、彼女は「気持ち良かった?どう?」と聞くので、
「うん、すごい」と言うと、「そう、良かったね~、でも、あ~あ、服や体にあなたのが付いちゃった、洗わないとね」と言って、脱衣所へ。

まだ興奮が収まらない僕が、ドギマギしながら椅子に腰掛けていると、風呂場のドアが開き、彼女が裸で入って来たではありませんか!?
それも前も隠さず、僕の前にアソコの割れ目が見えるくらいに足を開いて、しゃがみました。

僕は初めて見る女性器に、すぐまた立ってしまいました。

そして、「えっ、ど、どうして脱いだの?」と聞くと、
「だって汚れたじゃない、洗わないとね。あなたも、ちゃんと洗わないと。そこに仰向けに寝なさい」と命令口調で言うので、もう(どうにでもなれ)と思い、仰向けに寝ました。

あまりの興奮と刺激で、僕のモノは情けなくも小さく縮んでしまいました。

彼女は横に来ると手でそれを持ち、なんと口に咥えてしまいました。
初めての経験で、しかも脳天に電流が走るほどの快感で、すぐに僕のモノはカチカチに。

すると彼女は、どこから持ってきたのか、小さい袋を破って、ゴムみたいなものを出し、大きくなったアソコに被せて……。

「いいこと、これからもう一回気持ち良くしてあげるから、このことは誰にも言わないと約束できる?」と聞くので、僕は迷わず「うん」と答えました。

それから彼女は僕の上に跨がり、手で僕のポールを持って静かに彼女の中に入れると、
「あなたは動かないで、私がするから」と言って、ゆっくりと腰を動かし始めました。

そして僕の手を取り、彼女の胸を触らせ、「そっと優しく撫でて」と言うので言われるままにすると、だんだん腰を激しく上下させ始めました。

僕は包み込まれるような刺激ですぐに「出そう~」と言うと、
「良いわよ、硬いわ~、出して!」と叫ぶように言うので、思いっきり放出。

終わると彼女は、「まだ抜いちゃダメよ、まだ硬いんだから」と言いながら、再び腰を動かし始めました。
今度は2回抜いていることもあり、気持ちは良いですが、射精することは抑えられました。

そうしている内に、彼女は3回位大きく叫んで、僕の上に持たれかかり
「硬くて良かったわよ、誰にもバレないように気を付けて、またしましょうね」と囁いたのでした。

それからというもの、僕は家に人が居なくなる機会が、待ち遠しくて仕方ありませんでした。
彼女とは、完全に剥けた今でも関係が続いています。

でも、彼女も40歳になり、少したるみが目立つようになってきたので、(他の若い女性ともしたい!)と思う今日この頃です。

これが、僕の童貞喪失体験でした。