2017年08月04日 17:00

【痴漢】ガラガラの映画館でなぜか隣に座ってきた女に…(体験談)

読了時間:約 5

お目当ての映画はいつも封切り直後に観に行くことにしている。
最近はネットで座席まで予約できるからとても便利だ。

今回、端っこの二人掛けの席を予約した。
本当なら、カップルで座る座席なのだが、敢えて二人掛けの片方を予約したのだ。
わざわざ隣を予約する人などいない、気楽に映画を楽しむことができると、そうしたのだった。



当日になり、俺は上映の10分前に席に着いた。
劇場内を見回すと、全体の半分も入っていない。
それほど人気がないようだった。

上映開始5分前ほどになった頃、一人の女性がこちらに近づいてきた。
半券を見ながら席番号を探しているらしい。
そして、俺の横で立ち止まると
「すみません・・・」
と、声を掛けてきた。

まさか???
そのまさかだった。
なんと彼女は俺の隣の席だったのだ。
俺は通路側、彼女は壁側だった。

俺は前に投げ出していた脚を曲げ、彼女を通した。
(なんで???)
俺は頭の中で自問自答した。
なんでわざわざ二人掛けの席を購入したのか?
全く謎だった。

それから間もなく、スクリーンにCMが流れ始めた。
どうして、金を払っていながらテレビと同じCMを見せられなければならないのか!?・・・と、いつもは考えるところだったが、今回は違った。

どうして、この女はわざわざ二人掛けの席を予約したのか?
と、頭を悩ませた。
しかし、そんなことを聞いてみる訳にはいかず、CMが終わり場内の照明は落ちた。
そして、予告が始まった。

俺は顔をスクリーンに向けたまま、目だけを彼女の方へ動かし服装などをチェックした。
膝丈の白いスカート。
淡いピンクのノースリーブのシャツを着ている。
先ほど声を掛けられた時、咄嗟に目が合ったが、その時の顔を思い浮かべてみる。
どこにでもいそうな普通の感じだったと思う。

清楚な服装だが、トータルではどちらかというと地味なタイプだ。
一人で映画に来るくらいだから、よっぽどの映画好きか、寂しい女に違いない・・・俺は勝手に彼女のことを想像した。

視線を落すと、真っ白な膝がスカートの裾から覗いていて、明らかに生脚だとわかる。
その左右の膝は、ピッタリと合わせられている。
まるで隙がない。

周りから見ると、俺達は明らかにカップルに見えるだろうか?
ほどなくして映画が始まった。
映画の良し悪しの判断は、最初の5分で決まる。
それは俺の持論であり、経験から感じることなのだが、今回の映画は前評判の割りに導入がイマイチに感じられた。

一旦、頭の中でその考えが過ぎってしまうと集中力に欠ける。
そして、何しろ数十センチ隣にいる彼女の存在が気になり、益々映画に集中できなくなってしまうのだ。

彼女は身動きひとつせず、スクリーンに集中しているようだった。
開始から15分ほど経過し、俺は既にもうこの映画はダメだ・・・
と、判断していた。
それよりも・・・。

斜めに下に視線を落したまま、彼女の膝を盗み見て徐々に触りたい衝動が湧き上がってきた。
もし、手を伸ばしたら・・・。
彼女はどのように反応するだろう?

俺の見立てでは、騒ぐようなタイプではない。
じっと堪えるだろうか?
幸い、前も後ろも客はいなく、通路を挟んで反対側の列も中央に男性客一人なので、彼女が騒ぎさえしなければ痴漢行為は容易に感じられた。

俺の右手が無意識に宙をさ迷った。
そして、とうとう彼女へ手を伸ばしてしまったのだった。

太腿に手を置いた。
!?っ
彼女は無言でビクッと反応した。
そして俺の手を掴むと払いのけようとする。
俺は彼女の太腿を強く握る。
彼女の手にも力が入るが、俺の手を押しのけるほどの力はない。
ピッタリと合わせられた太腿の間に指をねじ込み、四指を曲げ伸ばしして内腿を刺激した。

彼女の両手が俺の右手の手首を掴んだが、やはり力はない。
やがて手を股間へ近づけていった。
スカートの裾が上へずれ、膝から10センチほどまで腿が露出した。
胸が高鳴り出す。
裾を指先で引っ掛けると同時にスカートの中へスルリと手を入れた。

彼女は必死に両脚を閉じようと力を入れたが、俺は強引に股間へ向かって手をねじ込んでいった。
「ん・・・」
微かに彼女がそう声を漏らしたようだ。
すべすべでムッチリした太腿の感触を指の腹で味わう。
やがて、指先が柔らかな部分に触れる。
そこは両脚の根元の中心部。
彼女の下腹部だ。

指先の感触からパンティの生地は無地に感じられた。
太腿に締め付けられて窮屈だったので、辛うじて中指の第一間接を動かすの精一杯だった。
しかし、ずっとこうして下腹部を撫でていれば、いずれ彼女も降参するだろう・・・。
指の腹と爪の先で柔らかな膨らみを撫で続ける。
既に映画を観る気は全くなかった。

流石に両脚に力を入れ続けるのが困難になってきたのか、時々力が緩む瞬間がある。
それを見逃さず、更に手を奥へ入れた。
今度は完全に陰部を擦れるほどの位置に手が入った。

俺は中指を上下に動かした。
グイグイ指で中心を押し続けると、パンティが食い込み筋が出来た。
そこを上下に擦り続ける。

右手を掴む彼女の手の力が緩くなる。
彼女を見ると、瞼を強く閉じて俯いていた。
指先の神経を研ぎ澄ませクリトリスを探った。
一箇所だけコリコリした部分を見つけたので、そこを集中的に責める。
声を押し殺してはいるが、息が荒くなっていくのが聞こえる。

「はぁ・・はぁ・・ふぅ・・あっ・・・」

パンティの上からクリトリスだけを執拗に撫で続けた。
やがて彼女は脚を閉じるのを諦め、力が抜けて膝を離した。
そして、何度も座りなおすように腰をモゾモゾ動かした。
生地を通して愛液が滲み出て、指先がヌルヌルしてくる。
完全に抵抗するのを諦めたらしい。

パンティの横から指を入れると、中は既に洪水になっていた。
指を激しく動かすと、クチュクチュといやらしい音を立てた。
彼女の手が俺の手首を強く締め付けてくる。

「もっと脚開いて・・・」

耳元でそう囁くと、彼女は言われたとおりにした。
大きく開脚し、更に触りやすくなる。

一旦指を引き抜き、パンティを脱がそうとすると、彼女は腰を浮かせた。
左右を交互にずらしながらパンティを膝まで下ろした。
そして、両足から抜き取ると、俺は丸まって小さくなったパンティを自分のポケットにしまう。

彼女は観念したらしく、大きく脚を開き、シートに浅く座り直った。
スカートを腰まで巻くり上げ、下半身を裸にしてやる。

陰毛は濃い目で綺麗な逆三角形をしていた。
股間に手を被せるようにして、指を突き立て、そのまま挿入してやる。
ズブブ・・・十分潤った蜜壺は、簡単に中指と薬指を飲み込んだ。

ゆっくり出し入れしながら、ブラウスのボタンを外してやる。
パンティとお揃いの真っ白なブラが露になった。
ホックは外さず、肩紐をずらしてブラを捲り、乳房を中央に寄せるよう引っ張り出した。

乳首は左右とも勃起していて、ツンッと前に突き出している。
俺はそれを摘んで引っ張った。

「あふっ・・・」

咄嗟に声が出そうになり、彼女は片手を口に当てた。
俺は乳首を転がしながら、下は手を動かして、指でピストンを施してやった。

「はぁ・・・・だめ・・・」

微かにかすれた声で彼女が俺に訴えてきた。

「いきそう?」

そう囁くと、彼女は無言で激しく首を立てに振った。

「いいよ、いっても・・・」
「ダメ~~・・いくっ・・・」

俺にしか聞こえないほどか細い声で彼女が言った。
すると彼女の全身が痙攣し始め、次の瞬間ビクッ!と跳ねた。
ガクガクガク・・・・そして、どうやら絶頂に達してしまった。

指を引き抜くと手の平まで彼女の愛液で濡れていた。
彼女は頭を壁側にもたげたまま、肩を上下させて深呼吸している。
脚はだらしなく開かれたままで、下半身は相変わらず裸のままだった。

ふとスクリーンに目をやると、映画は既に中盤を過ぎ、これからクライマックスという場面だった。
俺はぼんやりとスクリーンを見ていた。

全くどんなストーリーかわからなかったが、映画はどうやらハッピーエンドのようだった。
エンドテロップが流れ始めた頃、俺は逃げるように席を立ち劇場を後にした。

彼女はそそくさとスカートを直し、座りなおしているのが視界の端に入ってきた。
そう言えば・・・彼女から取り上げたパンティは俺のジーンズのポケットに入ったままだった。
記念にもらっておこう(笑)

コメント (0)
コメントする