街で見かけた女子高生がとても可愛かったので、思わず後をつけました。
女優の広瀬すずに似た完璧な美少女で、セーラー服に黒いタイツ、革靴という、男がそそられるスタイルでした。スカートは短めで、程よい濃さの黒いタイツに包まれた脚が、惜しげもなく晒されています。

女子高生は特に当てもなくブラブラしているようで、誰かに声をかけられるのを待っている様子にも見えました。

女子高生が本屋に入ったので隣りに立ち、様子を伺いました。
近くに寄るととてもいい匂いがします。
長い睫毛、形のいい唇、サラサラの髪。
きっと彼氏がいるんだろうな、と思いながらも声をかけてみる事にしました。

あの、今時間とかあります?

はい?

可愛いね、良かったらお茶しない?

いいですけど、僕オトコですよ。

その時の私の驚きを表す言葉を知りません。
私は動揺しながら彼女?彼?を見つめました。
声を聞くと女子にしては、少し低いトーンですが、そう言われても、目の前の美少女が男だとは俄かには信じられません。

男の娘なんだ、でも可愛いよ。まるで女の子じゃん。

そのような意味の事を、口ごもりながら言うと、彼女はニコッと笑い、
アザース、本当に男だと思います?
と謎かけをします。

どっちなの?と聞くと、
確かめてみたら?と誘う彼女。

カラオケボックスに入ると、彼女はスカートをめくって、股間を見せてくれました。
黒いタイツ越しに見える白いパンティー、その前はもっこりとしています。
その下にあるペニスはかなり大きそうです。

ね?オトコでしょ?と彼女は笑います。
その笑顔が可愛いすぎて、私は彼女が男でも構わない、付き合いたいと思いました。

確かに男のコだね、女装が好きなの?

うん、女装は好きだよ。

男の人が好きなの?

男も、女も、両方好き。今は男が好きかも。

そう打ち明けた彼女に、私は完全にノックアウトされました。
広瀬すず似の美少女で、髪がサラサラ、睫毛パッチリ、短いセーラー服に黒タイツの男のコ。いい、すごくいい。この子のチンポしゃぶりたいと真剣に思いました。

ねえ、この後予定あるのかな?

無いけど、おじさん僕としたいの?

うん、したい。いくら欲しい?

ウリはしないの。気が合う人だけ。

そうなんだ、おじさんは君と気が合いそうかな?

どうかな?やってみなきやわかんない。

それから30分後、私たちはラブホでキスをしていました。
彼女の唇は柔らかく、甘い香りで男とキスをしている実感はありません。
彼女は積極的に舌を絡めてきます。
キスをしながら彼女は私の股間を触りました。

勃起してるね。裸になってよ。

言われるがままに服を脱ぐ私。
彼女はセーラー服を脱ごうとしましたが、私は脱がなくていいよと止めました。

裸いやなの?

嫌じゃないけど、セーラー服好きなんだ。

変態だね。

変態だよ。チンポ触らせてくれる?ハアハア。

触って・・

タイツ越しに触る彼女のチンポは固く、私のよりも立派でした。

大きいね、よく触られるの?

たまにね、みんな僕のチンポしゃぶりたがるよ。

おじさんもしゃぶりたいよ。

いいよ。

彼女はタイツを少しずらし、チンポを出しました。
大きくそそり立つチンポを見て、私の中のスイッチが入りました。
私は夢中で彼女のチンポを吸いました。
男のチンポを触るのも、しゃぶるのも、はじめてでしたが、舌を這わせると彼女は呻きはじめました。

僕もしゃぶりたい。

彼女は私のチンポをフェラチオしました。
とても巧みでこれまでに多くの本数を経験している事が分かります。
私のチンポを咥え、舌で舐めたり、奥まで飲み込んだりしている彼女は、やはりどこから見ても広瀬すずです。

射精しそうになったので、フェラチオは止めてもらい、彼女のアナルを触ってあげました。
濡れたアナルを指で愛撫すると彼女は腰を振ります。
まるでオマンコみたいな彼女のアナル。
指を入れるとキューっと締まるアナルは本物のオマンコ以上でした。

入れてもいい?

ゴム付けてね。

コンドームを付けて彼女のアナルに挿入すると、すごく感じてくれて、腰を動かしながら喘ぎます。

あん、あん、あん。

喘ぐ声は女の子です。
本当にこの子が男なのか、今一度確認すると、やはり巨大なペニスが勃起した姿を晒しています。
すごく締まるアナルの中で私のチンポは有頂天でした。
部屋の鏡にはセーラー服に黒タイツの美少女が、私にアナルを犯されながら喘ぐ姿が映っています。
でもこの子は男のコ。そのギャップに興奮した私はほどなく射精してしまいました。


ぐったりしている私に彼女がのしかかってきました。

僕も入れさせて。

勃起したペニスを私のアナルに入れる彼女。

え、え!

抵抗する間もなく、彼女のペニスはヌルッとアナルに入りました。

ああっ!

はじめてのチンポの感覚。痛さは無くむしろ快感を覚えました。

彼女が腰を動かすと、私のアナルから粘液が溢れ出します。
彼女のチンポがアナルをかき回すと、私は声を上げました。

ああっ!気持ちいいっ!すごくいいわ!

ふふ、おじさんも女の子になってるよ。

感じる、すごい気持ちいいの、もっとして、もっと犯して!

完全に女になってしまった私は、何度も何度もいかされ、彼女に犯されました。

おじさん、本当は女になりたかったんでしょ?僕みたいに。僕もこうやって犯されて女の子にされたんだよ。その気があるならもっと女の子にしてあげる。

なりたい、女の子になりたいの、私を女にしてえ!

分かった、僕の素顔見る?

彼女が顔に装着した極薄のマスクを取ると、広瀬すずの顔の下から、いかつい顔の中年男の顔が現れました。

セーラー服を着た男は言いました。
このマスクがあればアンタも美少女になれるよ。

私な言葉を失い、嫌悪感からゲロを吐きながら、セーラー服の中年男に犯され続けました。


それから数ヶ月後、セーラー服に黒タイツ姿の私は、美少女極薄マスクを付けて、当てもなく街を徘徊していました。