普段、人生相談は広報とか読〇新聞の方でしているのですが、今回は性についてのご相談なのでこちらへと思いまして…。

体験記などを拝見しておりますと今は若い女性も男性もお盛んですね。
でも私には敵いませんねwwwwwwww
まだお尻の蒙古斑が抜けていない者どもには負けていられませんよ。
 

私は女性をナンパします。
始め、女性もロマンスグレーのオジサマ(私は年齢よりずっと若く見えるんです。50代と言われる事だってあるんですよw)そんなオヤジ相手だってこともあり、さほど警戒しないのですが、私の頭の中はもう下ネタしかありません。

で、結局その女の子をお持ち帰りしてチョメチョメしちゃいましたwww
バイアグラとコックリングを駆使して強制勃起状態を保ったまま、女の子をイカせまくります。

よく、週刊誌でも「死ぬまでSEX」なんて特集があるでしょう?
私なんか歳をとって良く分かりますが、本当に死ぬまでおマンコがやりたくてやりたくてしょうがないんですよ…。
ゲートボールをしてても穴に入れたいとか、とにかく女を求めてしまうんですね。

ゲートボール仲間のオバサン、オバアチャンも全制覇しました。
更に「旦那や友達に内緒で関係を続けて欲しい」とおねだりされますから、女っていくつになっても淫乱なのは事実です。

オバサンとのセックスの良さはズバリ「口」ですね。歯周炎とかで口臭はあるんだけど、入れ歯を外した時の尺八なんかね…もう天にも昇る気持ちですよ。
入れ歯なしのシワシワ口で足の指から性器から垂れ袋から全部吸って舐めて貰う。これが至福ですな。

アソコは皮が垂れてきて、性器のまわりのヒダなんかニワトリの鶏冠みたいですよw
見られたもんじゃないし、中も恐ろしく緩いから私の立派な性器にはとても物足りない。
だから口で出させて貰う事が多いですね。
お尻の穴はみんな痔なので使えたものじゃないですしね。


で、そんな風にご近所の老婆とのセックスに飽きた私は同居する孫の嫁に目をつけました。
いや、以前から気になっていたんですよ。
家の中で薄手のくつろぎ着姿の時、乳首なんかピンと立ってるし、乳房の柔らかく丸いカタチまでくっきりと分かる。

後ろ姿を見れば布の小さなパンティが豊満なお尻に食い込んでいる。
こういうのを私に見せても平気な女なのだから誘っているとしか思えないでしょう。

今の若い男性はご存知ないだろうが、昔は田舎では家の女はみんなで使い回しだったんですぞ。
長男の嫁だろうが、次男の嫁だろうが、父親や祖父が頂く。近所の男にも貸してやる。
あの嫁のマンコの按配はどうだとか噂をするのが唯一の趣味だったわけです。

だから、こないだ私が孫の嫁を抱いてやりました。
夜、嫁が一人でリビングでくつろんでいるところ、声を掛けてみました。

「あんたさ、そんな無防備な格好でうろちょろしてるけども、私だってまだ現役の男だって分かってる?」

嫁はおもむろにイヤな顔をし、逃げようとしました。
私は嫁の細い足首を掴み、押し倒しました。両方の手首をしっかりと押さえたまま、顔中を舐め回し、無理矢理唇の中に舌を押し入れました。

「ん・・・っぐぅ、いやっ、やめてっ」

嫁は目の横から涙をたらたらと流していますが、私からすれば興奮します。
私は昔から女の涙が大好きなのです。泣かせる為に暴力をふるったこともあるくらいです。

「く、くさい・・・」

嫁は私の口を臭いと言いました。
私はカッと鳴って顔を二、三発張りました。
二十代の小娘にコケにされたくはないのです。

その後、嫁の太ももの間に足を挿し込んで、無理に足を開かせ、履き物をずらしました。
なんだかんだ言ってもちゃんと濡れていますよ。
だから女は言葉と裏腹とは良く言ったものです。
バイアグラとコックリングで根元を締めた私の性器はまさに武器です。

嫁の膣は何だかまるで少女のようで小さかったです。
私の兵器が入る度にメリメリ避けていくような感じすらありました。
普段、よっぽど小さい性器を相手にしているのでしょう。
旦那はつまり私の孫ですが、性器は祖父に似なかったみたいですね。

これじゃあ嫁さんが可哀想だ。
女の本当の悦びを知らないはずだから俺が教えてやろうとハッスルしました。
ついでだから嫁さんのお尻の穴の方もやっておきました。
初めてだったみたいで生娘みたいな反応をしていましたよ。

そんな感じで攻めている最中、心臓発作を起こし・・・そのまま入院になりました。
バイアグラが心臓に良くなかったらしいですね。

でもまた退院したら嫁さんを仕込んで一人前の女にしてやりたいし、嫁さんの娘も成長したらまず、私が味見をしてあげようと思っている。
だから老後が楽しみなのである。

麻生副総理、「いつまで生きる気だ」なんて失礼だろう!
俺は性欲が続く限りずっと生きますよ!