30代の専業主婦、優子です。
3年ほど前に同じ会社の先輩である雄二さんと結婚しました。

結婚当初は会社の借り上げ社宅に住んでいましたが、会社の経営が傾いてきたため、社宅も全廃され、どうしようかと途方にくれている矢先に雄二さんもリストラされてしまい、一時的に雄二さんの実家に身をよせることになりました。
 

幸運にも取引先の会社が雄二さんを拾い上げてくれたので、半年ほどのハローワーク通いですみました。
そんなこともあって少し気が緩んだのでしょう、まさかあんなことになるとは…。


1年半ほど前にさかのぼります。
再就職先が決まって、一安心し、いつまでも実家に身を寄せるのもはばかれるからと近くに安いアパートを見つけ、雄二さんと二人の新居を遅まきながら構えることになりました。

駅やバス停が近くにないことから、月の家賃も思いのほか安く、切り詰めた生活を強いられた私たちには当面の住処としては問題あるものの、4世帯アパートに1世帯しか入居していない状況もあってこの上ない環境でもありました。

入居している人は、初老の人のよさそうなご夫婦で、不在が多く、トラブルになりそうな要因もなかったので、安心もしていました。

さて、入居し生活してみるとそこここに不便さが感じられ、正直気が滅入る場面があり、特に築30年ほどのアパートなので、雄二さんとのセックス時には極力声を殺すのですが、それが逆に雄二さんをみなぎらせてしまい、自分の脱がされた下着や枕を噛んでは、それらをダメにしてしまうことがたびたびでした。

また、下着の干場にも苦労してしまい、部屋干しが主となるので、しっかり乾かなかったり、ニオイを発したりと気苦労も多く、ストレスになることも多かったでした。

そんな時に雄二さんのお父さんが、「昔取った杵柄」ということで、若干の手を加えてもらったことからお父さん(お義父さん)の株は、私の中では急成長してゆきました。

夏頃の事、クーラーなどなく、やっと買えたダイソンの扇風機で熱い部屋の空気をかき回していた時にお義父さんがスイカを抱えて自転車でやってきました。

私も暇で、話相手に飢えていた時分だったことも手伝って、冷蔵庫から冷えたビールを出してお義父さんと雑談に花を咲かせていました。

飲みなれないビールと久々に人と話ができたという安心感、夕方近くになり涼んできたことによる気抜けからウトウトとしてしまい、うかつにもお膳に突っ伏してしまいました。

どれだけ寝ていたのかしれないですが、胸や首筋、下腹部に虫の這うかのような感覚を覚え、目を開けると必死の形相のお義父さんが、ショーツ一枚になった私の身体をむさぼっていました。

「お義父さん!!やめてください!!」
「優子!すまん!すまん!」

予想もしなかった展開に気が動転してしまい、声も出ず、また出したとしても自分の義理の父親との過ちを他人に知られてしまうという恥ずかしさから、私はどうしていいやらわからぬままに挿入され、義父の女になってしまいました。

しばらくは気まずい関係が続き、お互いが疎遠になりつつありましたが、義母の入院騒ぎで、私には義父と過ごさなければいけない時間が生じてしまいました。

あえて距離を置いたいたのでしたが、やはり、老いたとはいえ男の義父の力にかなうはずなく、二度、三度と義父とセックスを重ねてしまいました。

そのころは雄二さんとのセックスも月に一度あるかないかという具合で、正直、私自身の身体がかなり火照っていたことも手伝って、最初ほどの罪悪感や背徳感にさいなまれることはなく、むしろ、雄二さんより技巧あるお義父さんのセックスのほうが、私にはフィットしているようにも感じました。

「今回だけですよ。」
「ああ。」

この言葉が何度、発せられたかわかりませんが、お義父さんに抱かれることを身体が欲しているのは確実です。
お義父さんも最初の頃の遠慮はもうなくなり、私を完全に「愛人」くらいに思っている節があります。

私が自分の下着をショーツというと、
「そんな色気無い言い方すんな!パンティっていえ!!」
とかおチンチンも「チンポ」といい方ひとつにもこだわりが出始め、挿入時も
「お義父さんのチンポ、おいしい!!」
とか言わされたりもしますが、主人である雄二さんとのセックスより格段に刺激的で、私自身の性欲も満たされるセックスに嵌ってしまったようです。

セックス後も私のつけていた下着を「みやげ」と称して、持ち帰り、ひとり慰めているようで、数日後には義父の精液にまみれたショーツ(パンティ)が返却され、これをどう使ったかを耳元で囁かれるのが、この上ない刺激になっています。

お互いの自慰を見せ合ったりもしていました。

「優子!優子!優子!」と歓喜の声色で私の名前を叫ぶところが、雄二さんと一緒だったので、「親子だな」とほほ笑む瞬間もありますが、総じて卑猥な空気に包まれるので、「非日常セックスが好き」な私が魅了されている始末で、お義父さんに雄二さんとセックスした翌日にセックスの詳細報告をしながら虐められてしまうことに最近ではエクスタシーを感じてしまいます。

お義母さんの長患いをいい事にお義父さんも私も完全に狂っているようにセックスをむさぼっていますが、雄二さんに済まないという気持ちは残念ながらありません。

自分が射精することだけで潰える雄二さんに比べ、お義父さんのセックスは私を卑猥にしてくれる感じです。
今まで押し込められていたセックスへの「願望」が解放されるようで、そんな私自身に「女」を強く意識させてくれます。

「優子、お前は淫乱な嫁だ。」
この言葉が大好きです。
お義父さんにもっともっと愛されたい!虐められたい!

「お義父さんの大好物のドスケベなパンティはいてきました。」だからもっと、もっと虐めてください。