2年前の話ですが思い出しつつ書きます。
女友達というより同僚(先輩)の方が正しいですが、手コキされた時はもうかなり仲良い間柄でした。

手コキ(+ベロチュー)好きのきっかけになった話です。
ちなみに妄想ではありませんw

当方25歳のリーマン

当方のスペック
当時新入社員(23歳)
フツメン
彼女なし
童顔
167センチ

相手のスペック
当時31歳(今34歳?)独身彼氏なし
容姿はちょっとだけおばさんな宮地真緒(知らない?)
なので今後は真緒さん(仮名)にします


性格は完全な天然系で常に躁鬱の「躁」状態。
マラソンの松野選手みたいなハイテンションで大きな口開けてケラケラ笑っている感じ。

背は高く163~165ぐらい?絶望的なまでに貧乳w
新入社員として入った部署に真緒さんは派遣社員としていた。
ものすごい天然だったためか?正直仕事は全然できなかった。

「○でさ~」のような語尾で舌足らずに話す彼女は職場で完全に浮きまくりな存在。
中島みゆき?みたいな不思議ちゃんなので自然と職場全員が距離を置いていた。

ただ、入社したての自分は仕事もできないし、そういう人間関係を知らなかったので話しているだけなら全く害の無い面白い変なお姉さんと普通に接していた。

「○○クン(自分のことです)、かわいいね~、食べちゃいたい!」とケラケラ笑いながら平気でそんなことを言うような真緒さんに対し、別に恋愛感情などは全く無く、あくまで仕事の先輩として接していた。

でも、オナニーのときそんなことを時々言われていたからではないけど何故か時々彼女をネタにしていたw
全然性的なものを感じてなかったのにそれともそういう身近な人をネタに使うのって自分だけ?w

そんな特別美人でもないけれど、でもブサイクでもない、普通にどこでもいる元気で不思議キャラなお姉さんがあるときささいなミスで職場の人間から吊るし上げになった。

さすがの真緒さんもその頃は周りが見えていてみんなに距離を置かれていて職場でほとんどそのハイテンショントークが聞けなくなっていた。

自分は下心からではなく普通に元気を出してもらいたくて携帯のメアドを教えた。
「真緒さん、元気出しましょう、仕事の愚痴でもメールしましょう!」
「○○クン、りょーかい!w」というやり取りの後にものすごい数のメールが届くようになった。

その後メール魔というか寂しがり屋の真緒さんとメールを頻繁にするようになったけど、それでも付き合いたいとか好きとかそういう感情はなかった。

そんな真緒さんと金曜日の仕事帰りに夕食を食べに行くことに。
(それまでも何回か行っていたけど)

その日が2年前の8月24日(金)だったことは今でも覚えている。
何故なら給料日で会社のセミナー終了日だったからw

酒が呑めない自分と真緒さんは、もっぱら焼肉に行っていたが、その日はラーメンを食べた。
その後仕事の愚痴や上司の悪口を話しながら歩いていると自然と話題は恋バナというか下ネタへ。

真緒さんはもうここ5年近く誰とも付き合っていないらしい。
真緒さんは相手が重く感じてしまうぐらいのめり込むタイプだと自己分析していたがそれはメールのやり取りを見ていてもわかったw
極度の寂しがりや。

そして、JRの御茶ノ水駅近くの中央線を跨ぐ陸橋の端のベンチの前を通った時、そこでカップルがお互いの首に腕を巻きつけて熱烈にキスをしていた。

すると真緒さんが「○○クン、うらやましいね~、若いね~彼らは」
と言い出した(以下残っている記憶を頼りに)

「そうですかw?」
「うらやましいよ、わたしもキスしたいよ~、キスって気持ちよくないw?」
「確かにw」
「わたしね、キス大好きでさ、キスし始めるといっつも激しくなるの、舌入れてベロベロベロ~ってwさっき(のカップル)みたいにw」
「あ、そうなんですかw」
「「あ、そうなんですか」じゃなくてwキスは重要ですwHするとき最後は必ずキスしながらっていうのがベストだよねw」
「そうですねw」
「舌も出し入れつつアソコにも(チ○ポが)出し入れされてさw気持ちよすぎだよねw」

何言ってんだこのおばさんwと思うものの会話中にも実は見事に勃起していた。
キスするとき真緒さんの歯並びのいい大きな口と厚い唇がどう激しく動くのか考えると目の前の真緒さんに初めて欲情したw

「でもここ最近ずっとキスしてないんだけどねw」
「自分もですw」

話ながらも歩き難い原因になるフル勃起する息子を諌めることに必死ですぐに気づかなかったが、あれ、妙な沈黙が…w

日立の横の線路沿いを下りながら、真緒さんが覗き込むようにして
「○○クン、いつもありがとうね…」
「どうしたんですかw?」
「押印判のミスの件とかあって、最近浮いているし、自分w」

何も言わずに黙って聞く。
「○○クンとこうやって話せるのが救いで、助かっているんだよねw」
「○○クン、わたしに懐いてくれてるしね…」

これは……この流れはこの後「付き合ってください」ってか?
だが、何も言わずに黙っていると
「でね、今日は○○クンにお礼がしたいんだ」
と真緒さんが若干上目遣いでこちらを見ている。

「あ、はぁそうですか…」
そして(今でも不思議なんだけど)何故かそのときなんとなくだけど、その後の展開が読めて強烈に勃起していたことを覚えている。

「お礼にね、○○クンにキスしたいんだけど、いいですか?」(←原文引用)
いつの間にか目の前にいつもとは違って真面目な真緒さんが立っていた。

ちょっと待て、どうしてお礼がキスになるwという異論が出るような雰囲ではなかった
それに自分もさっきのキスの話を聞いて下半身が猛烈にもやもやしていた。

真緒さんとキスしたい!今突如として性欲が爆発しそうになっていた。
自分が掠れた声で「はい」と答えると真緒さんは一転ニヤリと笑って「やった♪」と小声で呟くのが早いか、片手は自分の頬に、もう一方の手を首に巻きつけ、顔を近づけてきた。

真緒さんのファンデーションの匂いとさっき食べたかすかなラーメンの匂いw
とともに柔らかい厚い唇が自分の唇に触れたかと思うと、真緒さんは大きく口を開けて舌を絡めて来た。

「あむっ、んん!あっ!」
「あ!はぁっ、んむ、は!」

もうお互い夢中でぐちょぐちょべちょべちょ舌を絡め合った。
いつも笑顔を絶やさずケラケラ笑っている真緒さん、そんなときどきオナニーのネタにしていた宮地真緒似のおばさんwと、くちゅくちゅとお互いの舌が絡まる音を聞きながら、こうして自分がディープキスしていることが信じられない。

チ○ポはもう痛いぐらいに勃起していて密着する真緒さんにももう隠しようもなかったし隠すつもりもなかった。
ものすごい興奮が身体中を走る中、自分達は夜の22時過ぎに人気のない御茶ノ水の路上で5分近くキスしていた。

長い長いディープキスが終わり真緒さんが唇を離すと真緒さんの口の周りがお互いの唾液で光っている。
それが凄まじくいやらしく感じたw

真緒さんは目をトロンとさせて「ねぇ、もっとしようよ♪」と言うと今度は口を大きく開けて自分の口に貪りついてきた。
自分も負けじと舌を突っ込んだ。

お互いまさに動物のような「ベロチュー」
キスしているだけ射精しちゃいそうw
顔を交錯させて鼻息荒くぐちょぐちょお互いの唾液を吸い合っていると真緒さんの手がいつの間にか自分のズボンのチャックに!

恥ずかしながら自分はかなりの早漏だし、この雰囲気の中で扱かれてしまってはすぐに逝ってしまうwと腰を引いて阻止しようとしたところ、真緒さん、唇を離して「触らせて」と懇願する。

「ここ、誰か来ますってw」
「じゃあこっちにおいでw」と雑居ビル(?)の1階の奥まっているシャッターの脇に手を引かれていった。

「ここなら大丈夫だよね♪」と真緒さん、言うや否や顔をぶつけるようにしてまたディープキスしてくる
しばらく舌を絡めつつ、唇を離して上気した顔の真緒さんと
「凄いね、○○クンとこんなことできるなんて思わなかったw」
「こっちこそこの展開に驚いてますよw」
みたいなやり取りをしてまた黙々と集中してwキスし続けていると
「今日はとりあえず手でしてあげるね」と言いながら、真緒さん、ズボンのチャックを下ろし出す。

とりあえずってことはまた次の機会があるのかw
チャックが下ろされ、下腹部に張り付かんばかりに飛び出す自分のチ○ポ!

真緒さんは、チ○ポを手でゆっくり摩ると「凄い…熱いねw」と呟いたあと
「手でしてあげるね…」と言いながら、トロンとした目つきでこちらを見る。

そして、顔を近づけると舌をべーっと出しつつ口を開けて自分の口を飲み込むようにねっとりとキスしてきた。
そして、キスしつつチ○ポを手馴れた手つきでかなりよい勢いで扱き始めた。

それまで手コキしてもらうのはあんまり経験がなかったのだがキスとコンボだと興奮度が倍増w
でも、早漏なのがバレるのが嫌でwちょっと躊躇った。

「や、やっぱいいですよ、ここ外だしw」
「いいからいいからw」
「あのw真緒さん、自分、もうそろそろイきそうなんですけどw」
「全然いいよw気持ちいいならそれでいいよw気にしないよw」

そしてまた頭が痺れるような激しいディープキスをしてくる。
「ん!あむ、んんっ!はぁ!」
やばい!気持ちよすぎる!
柔らかい真緒さんの唇が自分の唇を塞ぎお互いの口の中でお互いの舌が絡まる。

キスの途中で真剣な顔で「沢山出していいからね…」と言う真緒さんの口と言わず顎や口の周りを一心不乱で
べちょべちょに舐めまくったw
お互いの口の周りは既に唾液でヌルヌルw
唾液が顎まで伝っていたw

手コキされながらのキスがこんなに気持ちいいものとはw!
23歳にして知るw
ねっとりとキスをしつつ右手で自分のスーツのズボンから露になったチ○ポを扱いている真緒さん、変態発言w

「ね、唾ちょうだいw」
唾を真緒さんの口の中に流し込むと興奮したのかより激しく舌を口の中に突っ込んでくる。
真緒さん、手コキもキスも凄い勢いなのでチ○ポ、ギンギン!
普段から早漏の自分にあっという間に限界が来る。

「あ、あ、もう出る、出ます!」
いよいよ鼻息荒く真緒さん、自分の顔を舐めまくるw
動物かよアンタはw
でも生涯で一番興奮したときかも。

「ん!出して!出して!」と小さな声で控え目ながら言いつつ、真緒さん、自分の口の周りをベロベロ舐めてくる。

「ああ!イク!ああっ!」

頬や顎で激しく動く真緒さんの舌を自分の口で絡め取ってキスしながら絶頂を迎えるとチ○ポからおおげさじゃなくてびゅうーっびゅーっ!と音がするように、今まで見たことの無いぐらいの精液がタイルの床にボタボタと落ちる。

最後の一滴が出切るまで、真緒さんのディープキスが止まらないw
射精してようやく若干賢者モードになると口の周りが唾液で凄いことになっていることに気づいたw

自分が茫然自失としている横で、真緒さんは穏やかな表情で後片付けをしていた。