俺の母親は、俺が12才の時に家出をした。

それ以来父親と二人で暮らしていた。

母が家出してからの父は、仕事もせず飲み歩いたりとどうしようもなく、俺のこともほったらかしで、僅かなパンやカップ麺などで生きながらいでいた。
 

俺が15才になった春、突然父が引っ越すといって、逃げ去るようにして、父の弟夫婦が暮らす町に行きました。

弟「叔父さん」は、自動車整備工場を営み奥さんと12才になる娘がいた。

父は俺をその弟夫婦に預けると、さっさとどこかに逃げて行き、叔父さん叔母さんも困った様子で、渋々俺の事を預かった様子だった。


そこから俺の人生は最悪の日々で、叔母さんに嫌われコキ使われ、嫌みを言われる生活が始まったのです。

叔父さんの工場は結構儲かっていたみたいで、一応は社長婦人である叔母さんは貧乏臭い俺の存在が気に入らなかったのか、裏の納屋に押し込め、必要以外は部屋から出るなと言われ口も聞いてくれませんでした。

その年の夏休みに入ろうとする頃、学校が昼までで家に帰ると、何やら怪し気な声が裏の納屋、即ち俺の部屋から聞こえてくる。

そーっと扉越しのガラス窓を覗くと叔母さんが横たわって、油で汚れたツナギを着た従業員が、畳の上に寝ている叔母さんの、開いた股の間に顔を突っ込み、ナメまわしている。

叔母さんは、卑猥な声を発していた。

俺は初めてみる光景に、こんな事があっていいのか、叔母さんに何をしているんだと、許されることのない禁断の光景に驚いた。

そして感じたことのない興奮に頭と顔がカーッと熱くなった。

異常なまでの興奮は俺を虜にし、無我夢中になって様子を覗き込んだ。

叔母さんのブラウスは脱がされ、白いブラジャーからオッパイが露になって従業員に揉みくちゃにされている姿を見て俺は、あの大嫌いな叔母さんがこんな風にされている姿に喜びさえ感じた。

俺は自分のチンチンが反り上がって、痛いほどパンパンになって興奮熱く、身体が悶々とのぼせた。

叔母さんの出す声と身体から女性の色気を感じ、見入っているとよつんばになった叔母さんの後ろから、従業員の性器が入れられ、畳に爪をたてる叔母さんは、まるで野良猫のように思えた。

だんだんと息づかいも激しくなって、叔母さんが

「突いてーもっともっとあ~ん。」

と声が大きくなる。

そして息絶えたようだ。

思わぬ光景を見た俺はとっさにその場から立ち去った。


何もなかったように夕食を向かえ、いつものように優しい叔父さんが娘の京子と話ながら食事している。

しかし妙に叔母さんの身体が気になった。

珍しく叔母さんが俺に、ご飯のお代りはと聞いてきたり、お茶を注いでくれたりと気を使っていることが不思議ながら、後片付けをして納屋に戻った。

俺の部屋にはテレビなどなく、古いラジオが友達だった。

いつものようにお風呂は一番最後なので、時間をつぶすのにお気に入りの番組を聴いているといつものように、お風呂の中から叔父さんの鼻歌が聞こえ、入れ代わり京子ちゃん、叔母さんとお風呂に入っている様子。

俺はその時、いけない欲望にかりたてられ叔母さんが風呂に入っている姿を覗きたい衝動に負け、納屋からそーっと出てほのかに湯気が出る、風呂場の外窓の隙間から必死になって覗いた。

昼間とは違い、全裸の叔母さんがそこに居た。
また熱く興奮する俺は快感の流れに我を忘れた。

<叔母さん、俺を虐めたあなたの身体に刺激され俺はあなたに甘えてみたい。>

叔母さんは、身体を丁寧に洗い湯舟につかって出ていった。
そして、勝手口からいつものように、俺を呼ぶ。

ところが、今日は違った。

叔母さんは納屋の扉を開けて、「総ちゃん、お風呂入りなさい」と言いに来た。

俺は驚いて

「はい。」

と応え立ち上がると、叔母さんが中に入っていきなり、

「あんた今日見てたでしょ!」

っと言ってきた。

俺は緊張しつつトボケタふりをした。

叔母さんは、

「言ったらダメだからね、言ったらこの家から追出すから。」

と俺を脅迫してきた。

俺は仕方なく

「はい。」

と応えた。


湯上がりの叔母さんは好い香りがして、一目でノーブラだとわかる薄手の綿のシャツを着ている。

叔母さんの胸元を思わず俺は見つめていた。

そんな俺に叔母さんは、

「やらしい目でどこみてんのよ!お母さんのオッパイが恋しいの?このませガキ!」

俺は罵倒されたが、腹をたてることもなく急ぎ足で風呂に入りにいった。

風呂からあがり台所に水を飲みにいくと、茶の間では一家団欒の様子で、みんなでテレビをみている。

おやすみなさいと声をかけ俺は納屋にもどって布団に入ったが、興奮さめやらずで夜中に起きて、水を飲みに行くと、台所の電気がまだついていた。

台所には叔母さんがいて、後片付けをしていた。

叔母さんが

「なにまだ起きていたのー?」

「はい眠れなくて。」

「向こうの洗い物を持って来て。」

「はい。」

誰か客でもきていたのか、ビール瓶が5、6本、それに叔母さんも化粧をしてパジャマではない。

洗い物を持って行くと、

「私が洗っていくから、総ちゃん拭いていって。」

「はい。」

叔母さんからはほんのりとお酒の匂いがした。

洗い物が終わると叔母さんは、汗をかいたからシャワーを浴びて来るといって風呂場へいった。

俺はまた覗きたい衝動にかりたてられたが、食器を拭いて棚に戻し、テーブルを拭かなくてはならない。

ようやくテーブルを拭いて、コップに水を注ごうとした時、叔母さんが戻ってきて、居間から

「総ちゃん、冷蔵庫からビールを出してー。」

と、全く人使いの荒い女だと思いビールとグラスを居間のテーブルに置くと、

「総ちゃんジュースでも飲めば。」

と、言われ俺はジュースを取って来た。

叔母さんはやはり、ノーブラで綿のシャツを着ている。

俺はムラムラしていた。

叔母さんが腰を下ろす時には、黒いパンティーの形まではっきりわかった。

叔母さんはグラス一杯にビールを注ぎ、一気に飲み干し、またビールを注いだ。

「総ちゃん、あなたはまだ童貞なの?」

なんだ突然、と思いながら、黙ったままいると、

「今日は女の身体を初めて見たのね、これからは見たらダメよ。」

叔母さんはふざけている様子だった。

「総ちゃんのおチンチンはもう皮はむけているの?発育だけはいいみたいだから、当然かー!」

俺は、何も言えずにいた。

叔母さんはビールを飲み干し、

「総ちゃん、もう一本持って来てー。」

っと言った。

「叔母さん飲み過ぎですよ。」

と俺が言うと、

「じゃー自分で取ってくるからいいわ!」

叔母さんは、すかさずビールを持って来て、今度は俺の隣に座った。

「総ちゃん、注いでよ。」

「はい。」

ビールをグラスに注ぎ終えると、叔母さんは、グイグイと飲んだ。

そして叔母さんの手が、俺の膝を撫でるように触り

「総ちゃん彼女はいるの?」

「いませんよ、そんなの。」

「あっそう、いないの、ふ~ん。」

叔母さんの手が俺の股間に移動した。

「叔母さん、僕もう寝ます。」

「まだ、いいじゃない、ジュースも残ってるわよ~。」

俺のチンチンが、叔母さんの手に反応して、大きくなってしまう。

「あれ、これなにかしら~。」

「あぁっ。」

「まぁー何立たしちゃってー、まったくー。」

叔母さんは、確認するようにして俺のチンチンを握りしめた。

「あー!」

俺は、悶々として息苦しく、イッテしまいそうにチンチンから、衝撃を感じた。

まずいと思い、俺はお風呂場へと走って行った。

もう出る、出る、と思いつつ緊張をほぐそうと必死で、お風呂場の戸を開け、ズボンからチンチンを出して、2、3度擦ると、白い精液が、飛び散った!

ふ~んっと余韻に浸りながら、ズボンとパンツを脱いでシャワーを出すと、叔母さんが、風呂場にきて、

「なに、どうしたの?」

手で隠す俺のチンチンをマジマジと見てくる。

「別に何でもありません。」

「あら~もしかして出ちゃったの?」

「あっちに行ってください。」

叔母さんは、風呂場に入ってきて、俺の隠す手を外そうとしてきた。

抵抗するあまりシャワーの水が叔母さんにかかってしまった。

「わぁー冷たい!」

「す、すみません。」

俺が気をぬいた瞬間、俺の手を両手で掴んだ。

「あーやっぱり出ちゃったのね、まだ液が先っぽについてるー。」

「やめて下さい。」

「総ちゃん、ちゃんと洗いなさいよ、叔母さんが洗ってあげよっか?」

「いいです。」

「おばさんも濡れちゃったしー。」

「いいですよー。」

叔母さんは風呂場の戸を閉めると、シャワーを俺から取り上げ、水を俺の頭から浴びせてきた。

「うわーっ。」

そして、自分も浴びてびしょ濡れになった。

「冷たい水は気持ちいいわねー。」

叔母さんのシャツは濡れて、オッパイの乳首がスケ透け状態で、俺は見入ってしまった。

叔母さんは、服を全部脱いで、手に石鹸をもって泡立て

「総ちゃん、こっちにおいで。」

「えーっ。」

俺は、もうどうすることもできない。

叔母さんの泡立てた手が俺のチンチンを触れ、チンチンもタマタマが、洗われる。

俺は立ち尽くし、叔母さんは全裸で俺の前に膝をつき両手で、チンチンを洗っている。

「叔母さん、もういいです。」

「だめよ、ちゃんと洗わないと、ほら、皮もむいて洗ってあげるから。」

「いや、ホントもういいですよー。」

叔母さんを下目で見ると、服をきてなくて、オッパイが見える。

なんてやらしい姿なんだ。

「あれ、総ちゃんまた大きくなってきたわよ~、エッチなこと考えちゃだめよ~。」

そんなこと言ったって、この状況では無理だ。

「元気なおチンチンねー。」

叔母さんの手付きが、チンチンを扱きはじめた。

「だめです叔母さん!」

「叔母さんに出るとこ見せていいのよ~。」

「そんなー。」

「ほらこうやって扱くといいのよ、こうやって。」

もう俺は理性を失い、本能をコントロールできない状態になった。

「はぁーはぁー。」

「気持ちいいでしょ。」

「はい~。」

叔母さんは立ち上がって、正面から右手でチンチンを前に引っ張るようにして扱いた。

「どうこれは。」

「いい~。」

「オッパイ触っていいのよ。」

俺の手を自分の胸に押し付けた。

俺は、生まれて初めの感触に酔いしれた。

「あ~いい~。」

「ならこっちも触って。」

今度は、叔母さんのオマンコに俺の手を押しがってきた。

しかし、経験のない俺はどう触っていいものか、

「ここを触るのよ。」

俺の指を掴んで、オマンコの割れ目にそってなぞわせた。

「そう、そうよ、もっと押さえて、そう、それでここを指先で刺激して。」

ちょうどクリトリス部分を弄るように教えた。

「あ~ん、いいわー、総ちゃん、上手よ~。」

「はい。」

「総ちゃんの、反り上がってステキね~。」

叔母さんは、チンチンについた泡をシャワーで流した。

「冷たいけど我慢してね~。」

やや勃起がおさまってまた、叔母さんがチンチンを持って、扱きはじめた。

「今から私がいいこと教えてあげるからね。」

「えっ。」

「初体験をさせてあげるから。」

「まじ!」

「その前に、味見をするわ。」

叔母さんは俺のチンチンを口に含んだ。

なんだこの感触は、叔母さんの舌が俺のチンチンをナメまわしている。

「やっぱり若い子のは、美味しいわ~。」

ジュポジュポンと、すすりナメにされ、

「だめ、あ~ん。」

「でる、出る。」

「叔母さん、あ~。」

叔母さんはチンチンを口から出して、精液を自分のオッパイにかけるようにチンチンを扱いてくれた。

「まぁーだしちゃったのねー、まったくまだまだねー。」

「すみません。」

何で謝るのかわからないが、俺は絶頂感に浸っていた。

「初体験はお預けね。」

「はぁ?!」

「総ちゃん、これで全部しゃべっちゃだめよ。また、してあげるからー。」

「はい!?」

そうか、自分の浮気のことを恐れて、俺を手なずけたのか、っと俺は大分あとになって知った。

それからというもの、叔母さんの意地悪はなくなり、俺と友達のように接してくれた。


今俺は、18才、同じ歳の彼女と初体験はしたものの、あのお風呂場での興奮は忘れられず、叔母さんへの期待が膨らむばかり。

今晩あたり、叔母さんを襲ってみたい。