2017年08月25日 05:00

喪女ですが、思い切って処女を捨てたら変われました…(体験談)

読了時間:約 3

喪女です。彼氏いない歴年齢です。
苦手なものはDQNとキラキラです。
23歳まで処女でした。ま、半年前のことです。
メイクしたり服に気づかったりすると男に媚びていると叩かれそうで、出来ません。



ほんとは自分的にもコンタクトの方がいいんですけど、男の目を気にしてるって思われるのが怖くてメガネです。
ヘアカラーもそうだし、ネイルもそうです。
女してる!って感じに思われるのが怖くて怖くて仕方がないんです。

でもさすがにやばいと思い始めたのが、その半年前の処女喪失に繋がりました。

処女を重んじる人種もいるようですけど、喪の処女なんて無意味同様だと思いますからさっさと捨てたいと思いました。

六十代の男に誘われたのでヤリました。
初めてだったけど、高校まで陸上部でハードルだったせいか処女膜がなかったので痛くありませんでした。

相手も処女だと分からなかったみたいです。
それからもしつこくされたのですが、絶対答えるようにしていました。
男に必要とされるのが快感になっていました。

理由は分かりませんが処女を捨ててから声を掛けられる頻度が高くなりました。
昔の同級生ともヤリました。ナンパともヤリました。オタともヤリました。童貞ともヤリました。
絶対断らないようにしています。

ただ、生は怖いのでゴム着用だけは絶対、死守しています。
誘われやすいようにノーパン、ノーブラにしています。

ギャグみたいですけど、体にフィットした白いニットを着てノーブラなので乳首も乳も丸わかりです。
それを見られるのが快感になってます。

男が見てくれて、興奮してくれたら満たされます。
乳はDカップなのでそんなに大きくないですが、カタチはいいので「エロいね」と言われると喜びます。

喪歴が長かったし、今でもそうだと思ってます。
ただ、単に相手にしてくれる男が前よりは増えただけって感じで、決してモテているんじゃないと思ってますから。

個人的にムカつくのは体目当ての男がいることをモテだと思ってる女です。
勘違いで自信過剰の女に殺意を抱きます。同じ喪だろう!と。
私は矜持として、誘われたら絶対に乗ると決めてます。
どんな相手でも絶対、ヤリます。
必要として貰えるだけで有り難い。

でも自分から誘う(やらせてと言う)のはしません。
あくまで誘われた場合のみ、ヤリます。

一番最近は地下アイドルのオタとやりました。
私もアイドルオタなのでイベントを見に行った時に同じアイドルの子を推してる同士で意気投合しやりました。
「本命は〇〇ちゃん(推し)だから」
と念を押されました。
「同意同意!」
と言いました。

レンタルルームに入室し、キスから始めました。
相手は不慣れっぽくて、童貞ではないでしょうが風俗でやったくらいの経験値っぽい感じでした。

チンコも短小包茎で臭かったですが傷つけないように一緒にシャワーを浴びて洗ってあげました。
とか言うと上から目線っぽいですがそんなことはないです。
お互い楽しんでますから。

何度も「本命は〇〇ちゃん(推し)だから」と言います。
惚れたとかなしだよ、と言ってるんだと思います。
「〇〇ちゃんを想像しながらするから」
と言います。

全然OKです。というかむしろ身に余る。ありがたや!
適当に前戯しました。
相手は完全には勃起してなかったのでフェラでたてました。

「好きとかなれないから」
と言います。
だーかーらー、分かってますよ!
フル勃起したチンコにフェラでゴムを被せました。

そのまま挿入しました。
入ってるのかまだ入ってないのか分からなかったのでちょっとだけ上半身を起こして確認してみました。
入ってました。腰を動かしています。

たどたどしいので、傷つけないように私が上になり、腰を動かしました。
自分の気持ちいい場所に当たるように、やりました。
ちょうどGスポットに当たったので激しく摩擦したら潮を吹きました。
お互いイクことに成功したので良かったです。

推しが絶対という約束でその相手とは何回かやっています。
今後も誘われたら全部受けます。
勘違い女にはなりませんよぅ!

コメント (0)
コメントする