中一でオナニーを覚えたんだが、やり過ぎると身長が伸びない、という間違った情報を耳にして不安になったので、夏休みに入ってからオナニーは我慢することにした。
 
一週間くらいした頃、都会の大学に行ってる近所のおねえさんが帰省してきた。
ウチの姉ちゃんと仲良しなので、昔からちょくちょく家に遊びに来る。

ついこないだまで、田舎くさい地味な女子高生だったおねえさんは、下着みたいな薄着で、ヘソも脚も見せまくりだった。

玄関でこしかけて、靴を脱ぎながら体を後ろにひねって、出迎えた俺を見上げた。

「弟くん久しぶりだねー」とか言って笑ってる顔は、暑さで汗ばんでて少し火照ってて、つやつや光ってるおねえさんの唇と俺のちんこの距離は50cmもなくて、ブラジャーが少し見えてるのに気付いた時、ちんこが、おねえさんのつむじの高さで勃起していた。

靴を脱いで立ち上がったおねえさんが、奥で待っている姉ちゃんのとこに向かった。
すれ違う瞬間ふわあああっと、汗の匂いと、おっぱいの匂いがした。
汗とは別の何かの匂いを、おっぱいの匂いだと、ただ何となく勝手に思った。

その時、テロロロロロr、と何かが尿道をのぼってくる!あれれれと思う間もなくパンツの中で、でろりんでろりんと射精した…。

暑いのに、寒気が全身に広がって、冷や汗がぶわっと噴き出して、足と腰ががくがく震えて、あふあふと声が漏れた。

おねえさんがきょとんとして俺を見てたので、あわててバレない内にトイレに逃げた。
なんだよー、射精って夢精とオナニーだけじゃないのか…

気付かれなかったとはいえ、おねえさんの目の前で射精したことは、思い出すと、恥ずかしいやら興奮するやらで悶えまくった。

それでもオナニーは我慢してたんだが、今度はおねえさんの水着でやらかした。

おねえさんはうちの姉ちゃんと海に行く計画を立てていた。
いっしょに水着を買いに行ったらしい。
買ったばかりのビキニっぽい水着が、居間に投げ出してあった。
サイズからしてデブな姉ちゃんのじゃないのは明らかで、これをおねえさんが着るのか…と思ったら汁が湧くと同時に勃起した。

隣の部屋から聞こえてきた2人の会話からして、これから着るどころか、すでに試着済みであることが判明!
この水着の内側に!おねえさんの体が当たってたのかー
思わず手にとってしまった時、

あっあっ…、

おねえさんの水着姿を見たわけでもないのに、ちんこいじってもいないのに、またもや自動的に射精してしまった…


もうダメだ、我慢できない。これを機にオナ禁は解除した。

おねえさんをおかずにやりまくってたけど、あの日、射精に立ち会ってもらった時の、気恥ずかしい興奮が忘れられなかった。

オナニーしてるところをうっかりおねえさんに見られたい…と思うようになった。

次におねえさんが家に来た日、俺はトイレでカギをかけずにオナニーした。
できれば射精の瞬間に、おねえさんにうっかりドアを開けて欲しかった。

もういつでもイケそうってなってる時に、トイレの外に足音が聞こえた。
おねえさんだった。
姉ちゃんと会話しながらトイレに向かって来たから、おねえさんだと確信できた。

でも実際には、度胸がない俺は、自分の姉ちゃんに見られる可能性も捨てきれないし、おねえさんに見られたいけど、やっぱり恥ずかしいし、嫌われるの怖い。

カギをかけようと、ちんこから手を離したのに、なぜかその時に限って、射精感が引っ込まなかった。

あっあっ、飛び出てきた、うわ、うわ、どぷどぷ出てくる精液を右手で押さえて、左手で、カギをかけ、カギ、カギ…
その時ドアが開いた。うわー。

俺は全裸で便座に浅く腰かけていて、右手でちんこを押さえながら左手をおねえさんに差し伸べるという、日常生活ではありえないポーズをしてた。
ちなみにその間もどぷどぷと出続けていた。

おねえさんは「あっごめん!…え?ごめん」

ごめんと2回言ってからドアを閉めた。

1回目のごめんは、礼儀としての、こういう場面で誰でも言うごめんで、2回目のごめんは、俺が何故か全裸でちんこを押さえていることにびっくりして、反射的に出てしまったごめんだった。と思う。

泣きそうになりながら後始末をして、服を着て、トイレから出た。

気まずそうなおねえさんと目が合った。
おねえさんはもう一度ごめんねと言ってトイレに入った。

恥ずかしいのと怖いのと、もう嫌われたっていう不安でいたたまれなくなって、
部屋にこもってたら、おねえさんが来た。

「私もお風呂入る前に裸でうんこすることあるよ、気にしないで」

慰めの言葉としては不自然な気がして、俺は気付いた。
おねえさんは、俺がオナニーしてたことにはっきり気付いていて、でも、うんこだったことにしてくれているのだ。

そんな気遣いをよそに、ちんこは、全裸で便器に腰かけて踏ん張るおねえさんを想像して、また勃起していた。

もう都会に帰る、お正月にはまた会おうね、と言ってくれたおねえさんに、俺は勃起を見られないように背中を向けたまま、何も言えなかった。