先日、弟の嫁の麻緒が来た。
おふくろの着物をやるからと以前から話してたのだが、その着物を受け取りに実家に1人で来ていた。

麻緒はまだ22歳。
弟は末っ子で30歳。
8歳も年下の若い嫁をもらって羨ましいと以前から思っていた。
ちなみに俺はもう46歳になる・・・。

弟の嫁は清純を絵に描いたような女で、地元女子高を卒業して地元の小さい会社に勤めていた。
純粋と言うか世間知らずで、人を疑う事を知らない本当に可愛い女だった。

麻緒に着物の他に、漬け物や毛布など色んなものをたくさん持たせてしまい、とても持って帰れる量じゃなくなったので、ここから30分ほどかかる町まで車で送っていく事にした。

夕方になっていたので、道中の峠に入った時はもう外は真っ暗だった。
俺は助手席に座っている麻緒の細くて白い脚をチラチラ見ながら、弟の話とか夜のセックスのことも聞いてやった。

「早く子供作れ」と説教すると、麻緒は「頑張ってはいるけど、出来ないんです」と申し訳なさそうに話し始めた。

「弟とのセックスでイクことが出来るか?」

聞くと恥ずかしそうに黙っているので、「子供を作るのにはイクのは大事なことなんだ」と念を押して、もう一度聞いた。

「実はまだ、イクってよく分からないんです・・・」

消えそうな声で麻緒は答えた。

「弟の他に男性経験は?」

「そんなのあるわけないです!」

少し声を荒げて否定したことで、俺に中で火が点いた。
俺は山中の人気のないところに車を停めると、「麻緒、ションベン」と言い残して外に出た。

ションベンをして戻ると、麻緒が後部座席にある荷物の崩れを直していた。
脚を拡げ、太股を覗かせて後ろを向いている姿に興奮した。
俺は思わず麻緒のワンピースを捲りあげ、下着に無理やり手を入れた。

「あっ、いやっ!義兄さん・・・やめて!」

驚いて暴れる義妹のパンティを引き裂くと、シートに押さえつけた。

「暴れるな!何もしない・・・しないから・・・」

嘘をついて抵抗を押さえると、麻緒は大人しくなってガタガタ震えていた。

俺は180センチ、98キロと巨漢なので、義妹を押さえつける事など赤子の手をひねるより容易かった。
指で2度イカせ、ぐったりしてる義妹に覆い被さり、いきなり挿入してやった。
声も出せずに涙が流れていて悪い気がしたが・・・止められなかった。


「痛い痛い」と小さな声で泣きながら言う義妹。

そりゃそうかもしれん、俺のは身体に似合ったそれなりのモノをぶら下げているんだから。

俺は一気に昇り詰めた。
元々精液の量が多いのだが、興奮で普段よりも大量の精液を義妹の子宮に流し込んだ。

義妹の目が悲しそうに閉じたが、構わずそのまま腰を動かし続けた。
義妹はやっと、「妊娠・・・しちゃう・・・」と泣きながら小さな声で言った。

俺は、「弟と俺は同じ血液型だ、できたら産んだらいい」と言い捨てた。
そして、「俺の子供を孕ませてやる」と付け足した。

義妹の中に、この年になって自分でも驚いたが、結局6回も出した。
こんな事は俺の長い人生でも初めてだった。
妹は俺が5回イクまでの間、数回イッた。
俺の精液を流し込まれながら・・・。

まだ差し込んだまま、最後に「お前は大切な◯◯家の嫁だ。◯◯家には男の子が未だ生まれない。お前が産むんだぞ」と言い残した。
「お前には何不自由ないようにしてやる」とも。

義妹は俺の胸を手のひらで何度も叩いた。
最後、6度目の射精を迎えるまでにしばらくかかったので、ゆっくり味わうように義妹の身体を楽しんだ。

(感じさせてやる、俺の身体を忘れなくさせてやる!)

そう思いながら腰の上に抱えて、正面から目を見ながら犯した。
その頃には、俺の唇、舌を受け入れるようになっていた。
麻緒は俺の舌と唾液を受けながらイッた。
そして最後に流し込む瞬間に、「義兄さん・・・」と小声で言いながらもう一度イッた。

しばらくして義妹から電話があった。

「妊娠してしまった」と。

さすがに覚悟はしていたものの驚いたが、「産め」と言った。
義妹は、「はい」と答えた。
しかし残念ながら、しばらくして子供は流れてしまった。
その連絡が悲しそうな声であった。

俺が「また俺の子供を産ませてやるから」と強気で言うと、「はい」と思いも寄らぬ答えが返ってきた。


数日後、弟が仕事に出ている間に新居に訪ね、そして夫婦の寝室で義妹を何度も犯した。
「俺の子供を産め」と何度も何度も麻緒の耳元で言った。

義妹はもう抵抗はせず、俺の背中にしがみ付き恥ずかしそうに、「義兄さん、義兄さん」と何度も言いながら俺の精液を身体で受け止めた。

弟には悪いが、義妹を生涯俺のモノにすると義妹に約束した。