彼女が浮気した。

名前は早季子って言って、腰くらいまである長い髪とか、きれいな声とか、風邪引いたときに看病してくれたこととか、クリスマス、大学の時のバイトで待ち合わせに遅れた俺に何も責めずに「お疲れ様」笑顔で言ってくれて一緒に過ごしたこととか。

俺なりに大切にしてきた。
大学で出会って四年、付き合って二年、ずっと一緒にいてショックだった。
社会人になっても続いて、このまま結婚するんだろうなと思ってた矢先だった。

俺にとってはじめての彼女で、ファーストキスも初体験も、俺は全部早季子が相手だった。
早季子の初体験は俺と出会う前で、「初めてじゃなくてごめんね……」とか泣いてくれて。
思い出すだけでたくさん思い出があって。

なのに浮気って、ショックだった。
背が小さくて、幼児体型で、社会人になっても高校生くらいにしか見えなくて。
でも可愛くて、いつも俺のこと思ってくれてると思ってた。

相手は職場の上司らしい。
その上司と早季子がたまたまラブホから出てくるところを、前を通りかかった俺と、ばったり。
どんな下手なドラマだよ、と思った。

その時は俺、見たことが信じられなくて。
ラブホから早季子が出てくるとか。
その時、相手に殴りかかりでもすればよかったんだろうけど、俺はひたすら走って逃げた。

なんでそんな行動に出たかわからない。
十分後に電話掛かってきた。
最初に、別れるからって言って速攻で切ろうとした。

「ごめん、本当にごめんなさい、捨てないで。何でもするから」

いろいろ言ってたけど、早季子はそれだけ言ってた。
裏切られたのがショックで、少しでも俺は早季子のこと嫌いになりたかったし、早季子にも俺のこと嫌いになって欲しかった。

とりあえず会いたいって言われて、今は酷いことしか言わないと思うからあえないって拒否した。
が、ひどいこと言われてもいいし、そういうことしたから。
でも俺のこと好きだから会って欲しいと言われて。

自分の部屋に早季子を呼びたくなかった。
だから俺のほうからしょうがないから早季子の部屋に行って、「そんなに男が欲しいなら、出会い系で男漁れって」とか言って、無理矢理出会い系に登録させた。

援交とか、売りとか、そういう書き込みが多い掲示板に。
「経験あんまりないですけど、お金がたくさん欲しいから、生でしていいです」
よく覚えてないけど、そんな書き込みさせたと思う。
早季子の顔写真付で。

知り合いに見られたらヤバいのはわかってたけど、ここまでさせれば早季子も俺のこと嫌いになると思って。
だけど早季子は俺の言うとおり全部やって、顔写真も投稿した。

あっという間に50件くらいメールが入ってきた。
早季子は泣きそうな顔してた。
そこで早季子が愛おしくなりそうになった俺は少しでも嫌いになりたくて、もっとひどいことさせた。

「セックス好きなんだろ? 早季子の部屋に出会い系の男連れ込んで、やってもらえよ。隠れてみててやるからさ」
早季子はまた泣きそうな顔してた。

でも拒否せずに泣きながらメールのやり取りして、男と早季子の部屋近くのコンビニで待ち合わせして。
早季子が出て行く時、やっぱ止めようかと思ったが、プライドが邪魔して止められなかった。

20分らいして、早季子と男が帰ってきた。
俺は早季子の部屋のクローゼットの隙間から覗いてた。
家具とかあるから、ほぼバレないし、バレたらバレたで、俺の目の前でさせればいいし。


男のほうは、40くらいのかなりキモいおっさんだった。
「早季子ちゃんも可愛いし、部屋も女の子らしくて可愛いね」
早季子はお尻揉まれながら青い顔して帰って来た。

「…………はい、ありがとうございます」
「こういうこと初めてだと緊張するよねぇ、大丈夫、オジサン優しいから」

早季子みたいなこういうことしないような黒髪で純粋そうな子が来てよほどテンション上がってるんだろう、男のほうがしきりに早季子に可愛い可愛いって言って、身体さわりまくってた。

早季子はちょっと身体そむけてたが、強引にその男のほう向き直されてディープキス。
男は興奮しすぎて、こっちまで鼻息聞こえてきた。

ついさっきまで大切にしてた彼女が、見知らぬおっさんに俺の目の前でディープキスされてる。
頭捕まれて、抱きしめられながら、髪撫でられながら、舌絡めて。
止めようかと思うくらい心が苦しかった。

けれど、浮気相手ともこういうことやったんだよなとか思って、悔しくなって止めずにいた。
今はこの光景見ながら、早季子のこと少しでも嫌いになりたかった。

キスしながら、早季子は服脱がされてく。
「まだ、シャワー浴びてませんからっ……」
「いいよ、大丈夫。早季子ちゃんかわいから、もう我慢できないし」

ムードも何もなく、早季子は全裸にされて大股開きで足抱えられてまんぐり返し状態。
知らないおっさんのオモチャ状態で、明るい部屋でじっくりマンコを見られてる。

「早季子ちゃんのアソコ、綺麗だね。こういうことしてるから、もっとエロいのかなって思ったけど。経験人数は、何人なのかな?」

俺が聞いてることもあってかしばらく迷って、でも早季子は答えた。
「まだ、三人、です……」
早季子の初体験の相手と、俺と、不倫相手の三人だと思う。

俺が聞いてるの知ってるから、三人って答えたけど、本当はもっと経験してるかもしれない。
そんな風に思うようにした。
少しでも嫌いになりたいから。

「じゃあ、早季子ちゃんのアソコ舐めて、気持ちよくしてあげるね」
男が早季子のマンコに顔近づけてクンニ。
早季子は俺が隠れてるクローゼットちらちら見ながら、泣きそうな顔になってた。

でも、時間が経つにつれて早季子の様子が変わっていった。
おっさん、モテるタイプには見えないから援交慣れしてるんだと思った。
くいって足開かせて、早季子の羞恥心あおりながらクンニ。

クリトリス舐められてるんだと思う、その時はよっぽど上手いのか、早季子の足、びくってなって。
十分濡れたら、今度は指挿入してゆっくり動かして、指を挿れられてる早季子の顔至近距離で見ながら指マン。

早季子は恥ずかしそうに顔そむけながら、よっぽど上手いのか足ガクガクばたばたさせてて。
その光景に、俺の心は本気で苦しくて。
早季子が声我慢できなくなった。

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛、だめっ、止めて下さいっ」

泣きそうな声で主張しても止まらなくて、早季子は潮吹きしてた。
ああ、早季子も女なんだなって、がっかりした。

その次は、もちろんセックス。
まだ潮吹き直後で痙攣中の早季子に、生ハメ。

相当慣れてる、バージンじゃなくて、それなりに早季子は経験あるって言っても援交慣れしてるオッサンにされるがまま。
正常位でやられたり、騎乗位で下から突き上げられたり。

バックの時は激しく早季子のアソコを突いて、いきなり引き抜いて早季子のマンコぐいって開いて。

「うわぁ、早季子ちゃんのマンコ感じまくってるねぇ。チンポ欲しいって言いながらマンコヒクヒクしてるのが、よーくみえるよ」

言葉責めで羞恥心煽られて、早季子は痙攣しまくってて、されるがままだった。

終わる頃には、早季子は綺麗な髪ぐちゃぐちゃ。
可愛らしい、女の子らしいベッドも早季子の潮吹きとかで乱れて汚れまくってて。
気付いたら俺も射精してた。

終わる頃に早季子は泣いてた。

「ああ、ごめんね。やりすぎちゃったかな」

そう言っておっさんは早季子の肩を抱こうとしたが、早季子は拒否して、「終わったから、帰ってくださいっ」。
感情が抑えられなくなったみたいだった。

おっさんが帰ってから、全裸でぐちゃぐちゃになった早季子の前に立って。
こういうことまでさせて、もう続けられないなと思った。

「俺も帰る。もう連絡しないから」

それだけ言って、早季子を見ないようにして帰った。
その時早季子がどんな顔してたかはわからない。

ただ、それから何度か早季子から電話掛かってきたけど、取らなかった。