中2のとき包茎(真性)で悩んでて、
「このままじゃ一生剥けないんじゃないか」
という被害妄想で頭がいっぱいになって、放課後保健室に相談に行った。

うちの学校の保健室には26歳の細身でポニーテールが似合う色っぽいお姉さんがいて、しかもすごく優しくて男子(一部女子も)はハァハァしていた。

俺が保健室に行くと、お姉さんは薬の空き箱をごみ袋に入れている所だった。

「どうしたの?」
「相談があるんですけど…」
「なに??」

椅子に座って向かいあった。

「あの、まだアソコが剥けなくて悩んでるんですけど…」
「う~ん、そんなに心配しなくてもそのうち剥けると思うけど」

「でもなんか剥けそうもない感じっていうか、雑誌とかで、手術しないとダメとか書いてあって…」
「手でやっても剥けないの?」
「はい」

「う~ん、手術は嫌だよねぇ。朝とかおっきくなったりするよね?そうなってる時も剥けないのかな?」
「はい」
「そのとき痛みとかある?」
「痛くはないです」
「痛くないなら大丈夫だとは思うけど…ちょっと見せてくれるかな?」

すごく恥ずかしかったけれど、相談できる人がお姉さんしか居なかったので見てもらう事にした。

「そこに仰向けになって」
言われるままにベットに仰向けになった。お姉さんは俺のベルトをはずしズボンとパンツを下ろした。
毛が生え始めのころだったし、女の人に初めてチンポを見られて死ぬほど恥ずかしかった。

お姉さんはしばらく俺のチンポを観察していたが
「ちょっとゴメンね」
と言ってチンポの先っぽをそっと指で摘むと皮の様子を確かめる様にゆっくり剥き始めた。

俺は立たないように必死に我慢していたのだが、そんなことをされては我慢のしようがない。
一気に反り返るほどかちんかちんに勃起してしまった。

続きを読む(【衝撃】保健室の先生に包茎相談→先生「ちょっと見せてくれる?」→結果・・・・・・・・・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば続きをお読みいただけます。