大学の頃、男3人と女2人とで、男友達の家で飲むことになった。

明日はみんな休みだし、いっぱい飲んで泊まってく気マンマンだったから、ジャージとかトレーナーとか楽な服装にさっさと着替えた。

そんな中一人だけマジなパジャマに着替えてきたのが、斎藤舞子アナ似のIさん。

全身赤いチェック柄で、胸元から腹までおっきなボタンが3つ。
いくらかわいい子とはいえ、流石に引いたが、気にせず宴を始めた。

3時間くらい騒いで、みんなが力尽き始めた。
俺以外結構飲んでたから 寝る為に家主はありったけの布団を出してきた。

布団におらまらない奴はコタツへ・・。

俺はまんまとコタツで寝るハメになってしまった。
俺の頭がコタツからでた先は、布団で寝るIさんの腹あたりだった。
俺とIさんとでTの字になってる状態。

しばらくIさんと会話を楽しんだが、Iさんを初め、他のみんなも数分で寝静まってしまった。

しばらく俺は寝つけなくてボケーっとしてた。

しかし、首の向きを変えると視界に入るIさんの寝顔を見てると、なんか欲望に火が着いたみたいにムラムラしてきた。

ちょっと触ってみようかな・・・

俺が頭を置いてたあたりから、Iさんの布団をそっとめくってみる。
Iさんの腹から腰あたりがみえる。
上着が捲れててへそまでは見えてた。

コタツから体を出しながらIさんの布団に接近し、まずはパジャマのズボンの腰のゴムのところを引っ張り、パンツを見せてもらった。

黒に白の水玉のパンツ・・、興奮で手が震えた。

次は胸を触ろうと、布団を捲る位置を胸側にずらした。

Iさんは巨乳ではなかったが、膨らみは十分見て取れた。
パジャマのボタンとボタンの間がとても広く、そこから余裕で手が入る。

俺はIさんが起きないよう慎重に手を入れていった。

一番に手に触れたのは、Iさんのブラジャーの真ん中のリボンだった。
リボン自体はどうでもいいが、Iさんのブラジャーに直に触れてることでさらに興奮。

そのままブラジャーにそって奥のカップまで手が到達。
ブラジャーが意外に固い。

しばらくブラの上から撫でるように触らせてもらったが、ブラの固さが邪魔だったので、覚悟を決めて、直接触ることにした。

手をブラのてっぺんあたりまで這わせて、そこからそっとブラの中へ。

まず指を一本ゆっくり突っ込んで、少しブラを浮かせる。
そこにそっと手を進める。
ブラジャーと違い、柔らかい感触が手を迎えると同時に、指先に乳首を発見。

何回か人差し指で撫でてやると、すぐに硬くなった。
さらに手を奥に進め、乳首が手のひらに治まるところまでに至った。

俺はIさんの胸をゆっくりと揉んだ しっかり乳首も触りながら、起きないのを確認しながら、しばらく楽しませてもらった。


しばらく揉んでいると、一度だけIさんから「あぁっ…」て声が漏れた。
やりすぎたら起きるかなと、一度揉むのはやめた。

あとはせっかくだから生乳首見たいと思い、ブラの中の手とは反対の手でパジャマの一番上のボタンを外した。

胸元を広げ、ほぼ全開になったブラジャーを浮かせ、乳首を見せてもらった。露になった乳首をつまんでみると、Iさんはピクッと反応してみせた。

ブラジャーはいじりすぎて少しずれてたが、あえてそのままに。パジャマのボタンだけとめなおした。

さて寝ようかと思った瞬間、Iさんが寝返りをうってこっちに背中を向けた。
また布団を捲り、背中越しにちょっと覗いてみる。

ブラジャーをずれたままにしてたせいでパジャマの隙間から乳首が見えてた。

翌朝どうなるかな、と期待しつつ、その日は寝た。


翌朝、Iさんは目覚めてしばらくボケーっとしてたが、すぐにブラジャーの違和感に気付いた。

パジャマの上からずれを直し、もう一人の女の「どうかした?」に「なんでもない」と答えてた。

俺はなんか興奮しちゃって、実は昨晩…と言いたくて言いたくてしょうがなかった。