2017年09月20日 05:00

友人(♂)に除霊を頼んだら部屋でAVを再生し始めた結果…(体験談)

読了時間:約 3

大学を卒業した昨年の春、就職先の近くに借りたアパートで、私は”あること”に頭を悩まされていました。

その”あること”とは………心霊現象です。

ラップ音などは日常茶飯事。
何もしてないのに物が突然倒れたり窓ガラスがガタガタ震えたりと、B級ホラー映画ではお馴染みの心霊現象が次々と私の身に降りかかったんです。



それだけならまだ我慢できました。

アパートに住み始めてから数週間ほど経ったある日の夜、金縛りに遭った私の枕元に、青白い顔をした女が現れたんです。

女は恨めしそうな顔をしながら、ただジッと私を見つめていました。

さすがの私もこれには参ってしまい、それから数日間は自宅に帰らずネットカフェやカプセルホテルに寝泊まりしました。

もちろん、いつまでもこの生活を続けるわけにはいかなかったので、私は大学時代の友人T(♂)に心霊現象のことを相談することにしたんです。

友人Tは以前から霊感が強いと自称していて、大学時代にはよく自身の心霊体験を私や他の友人らに語っていました。
(正直胡散臭かったのですが)

私が電話で連絡を入れると、彼は待ってましたと言わんばかりの勢いで話に食いついてきました。

「あ~、そりゃ地縛霊だね。そのぐらいなら俺でも除霊できるけど」

おいおいホントかよという感じでしたが、他にアテも無かった私は半信半疑のまま彼に除霊をお願いすることにしました。

それから数日後、友人Tが私の部屋を訪れました。

男の人を部屋に上げるのは抵抗がありましたが背に腹はかえられません。

「あ~、いるね。これは完全にいるね」

部屋に入って早々、友人Tが身震いしながら言いました。
それから部屋の中をぐるっと見回した後、私にこんなことを聞いてきたんです。

「この部屋、DVDプレイヤーある?」

DVDプレイヤー…? 除霊はどうした…?

私は不思議に思いつつも、
テレビの横にプレイヤーが置いてあることを彼に伝えました。

すると彼は持ってきた鞄から1枚のディスクを取り出し、それをプレイヤーに入れて再生スイッチを押したんです。

「あぁぁぁんイク!! イクイクイクイクぅ!!」

部屋の中に響き渡る女性の卑猥な声。
そしてテレビ画面に映し出される男女の熱い結合シーン。

そう、アダルトビデオでした。

自分の部屋で突如AVを再生され呆然としている私を尻目に、友人Tはホッと一息ついてこう言いました。

「よし、あとはこのまま2時間ぐらい待てば除霊完了だよ」

いやいやそりゃないだろう!こんなので除霊できたら苦労しないよ!
といった感じで抗議する私ですが、彼は落ち着いた様子でこんなことを語り始めたんです。

「セックスってのはさぁ…”生(せい)”に直結する行為じゃん?もう死んでる霊とは真逆の位置にいるわけ。だからこれを目の前でやられると、奴らは居ても立ってもいられなくなって逃げていくんだよ」

もっともらしいことを言われて変に納得してしまった私。

その後、私たち二人はAVを再生したままお茶を飲みつつ雑談…できるわけがありませんでした。

そりゃあ私だって一人の女です。
目の前でAVを再生され、密室で男性と二人きりになればムラムラしてくるのも当然です。

それはどうやら友人Tも同じだったみたいで、雑談の中で彼がポツリとこんなことを言ったんです。

「本当はAVなんかより、実際にセックスをするほうが何倍も効果あるんだけどね」

この言葉がスイッチとなり、気付けば私たちはキスをしながら互いの服を脱がせあっていました。

その後はもう横で再生されているAVと同じような激しいセックス。

AVの再生時間が終わるまで、幽霊のことも忘れてひたすらヤリまくってしまったのでした…

で、その後どうなったかというと…

信じられないことに、その日以降、私の部屋では心霊現象がパッタリと起きなくなりました。

ほんと、これまでの出来事が嘘だったかのように何も起きないんです。

ちなみに友人Tはこの一件で恋人Tとなり、今でもたまに私の部屋に来てはAVを再生しながらHしてますw

コメント (0)
コメントする