2017年10月01日 21:00

【近親相姦】父の巨根の虜になってしまい家庭崩壊寸前です…(体験談)

読了時間:約 4

私は高校3年生の奈々です。
私の初体験は中学3年の時に2つ上の彼氏とが最初でした。
それ以来、3人の男と寝ています。
最初の彼氏とは1年ほどで別れて後も1年ごとに男が代わっています。

2ヶ月ほど前のことです。


その日はお母さんが看護師仲間と旅行に行く日だった。
家の中には私とお父さん(45)の2人だけでした。

「じゃあ、私寝るね。おやすみ」
私がそう言うと私は自分の部屋の戻ってすぐに寝入ってしまいました。

・・・・・・・・・
(・・・?)
何故か胸の辺りに変な違和感を感じ、そっと目を開けてみました。

「・・・お、お父さん!?」

お父さんが私の上に乗り優しく胸を揉んでいたのです。

「我慢出来ない・・・すまない、奈々・・・」

私は訳が分からなかった。私も高校3年生。
この行為が人としてしてはいけない近親相姦ということは分っています。

「だ、めだよ!親子なんだから・・・」
「ずっと・・・奈々としたいと思ってたんだ」

そう怪しげに笑うと、いきなり胸を荒々しく揉み始めました。
近親相姦が私に訪れるなんて思ってもいませんでした。
その時、お父さんの目はもう、父の目ではなく男の目になっていました。

「奈々の乳首、凄く固くなってるよ」

乳首をずっと触り続けられ、私は感じてしまったのです。

「あ・・・っ、お父さん・・・やめて・・・」

涙がぼろぼろと止め処なく流れ落ちました。
パジャマのボタンを待ちきれない、といった様子で外す父。
逆らっても大きな父の力にはかないませんでした。
何ひとつ抵抗することが出来ない・・・。

「奈々はDカップだろ?ん?」

乳首を口に含み、口の中で舌を上手く使って舐め廻してきます。
それに体がびくんと何度も反応しました。感じたくなんかないのに・・・。

「あぅ・・・んっ・・・」
「乳首、こりこりしてきたぞ。感じてるんだな?」

嬉しそうに声を弾ませながら言うお父さんに言葉が出ない私。
私の乳首は自分でも分かるほど、固くなっていました。
両手で胸を鷲掴みにし、円を描くように今度は優しく揉む。

「あ!あ、あっ・・・」
「気持ちいいだろ、母さんも乳首を触ると喜ぶんだぞ」

お父さんとお母さんがSEXをしていたことは知っていた。
夜中にトイレに行くために、下に降りて行ったあの日・・・。
お母さんの気持ち良さそうな喘ぎ声とすすり泣きが薄っすら聞こえました。
その後、獣のような叫び声をあげお母さんは完璧に女になっていました。

「でも、奈々はやっぱり若いな。張りが違うよ・・・このすべすべの感触がたまらないと、まるで吸い付くような感じだ」

お父さんはそう言うと、徐々に下の方に手を伸ばしてきました。

「あ、あっ!・・・だめ、お父さんっ」

私のあそこは快感でもうグチョグチョに濡れておつゆが太股を伝わって流れだしていました。
そんな私を知られたくなかった。
でも、お父さんのごつごつした太い指がとうとう私の中に入ってきました。

「奈々のここ、凄く濡れてるぞ。気持ち良いんだな」

にやりと笑うと、お父さんは指のスピードを上げました。
私の1番感じる、弱い場所を何度も何度も刺激しお酒臭い息で私にキスしてきました。
お父さんのキスは上手で思わず舌を吸い込んでしまいました。

「ああっ、ん!っふ・・・ぅ」

相手はお父さん、頭では分かってるのに。
既にイきそうになってる自分がいました。

「んあっ、だ、めっ・・・イ、イク~・・・!」

その言葉とほぼ同時に体か大きく揺れました。
上手く呼吸が出来ないほど、私は感じ、イってしまいました。
オマンコがピクピク痙攣し体が小刻みに震えているのが分かりました。

「イったな、奈々・・・気持ち良かったんだな?ん?」

お父さんは、ギンギンに硬直したペニスを取り出しました。

「父さんの、結構大きいだろ」

・・・確かに。
私が今までに見たのより遥かに大きくて長い・・・それに使い込んだあかしにどどめ色をして逞しくそそり返っていました。

「突いてほしいとは思わんか?」

そう言うとお父さんは私の目の前でしごき始めた。
唖然とする私、息を切らしながらしごくお父さん・・・。

「はあっはあ、1度・・・奈々の前でオナニーをしたかったんだ」
「やだっ!やめてよ・・・嫌ぁ~・・・」

どんどん大きく、勃起していくお父さんのモノ・・・こんな体験初めてだった。
オナニーを見るなんて・・・しかも、それが実の父親のペニス・・・だなんて。

「う・・・イきそうだ・・・!はあはあ、う・・・奈々!」

お父さんはそう言うと私の胸に射精した。
生温かい感触が胸辺りに広がりました。

「しゃぶって欲しい、ほれ、奈々」

さっきとは違い、だらんとしているお父さんのモノ。
それを無理矢理、私に加えさせたのです。

「んぅ・・・」

お口に咥えた途端、また大きくなり始めました。

「舌を使って舐め・・・てく、れ」

この行為を早く終わらせるために私は必死でしゃぶりました。

「そう・・・も、っと・・・う・・・」

先のほうを舌でグリグリと舐め、裏側を舐める。
気持ち良さそうなお父さんの声に泣きそうになる。

「は、あ・・・はあ・・・」

お父さんは突然、私の口からモノを抜いた。
そして、私の股をガバッと思いっきり開けました。

「・・・!やだ!それだけはだめ~・・・っ」

私の言葉を無視してグチョグチョに濡れそぼった私の膣にずぼっと挿入する。
大きすぎて全部が入りきらない。
長くて・・・凄く大きい・・・。
子宮の奥をつつかれる感触は今までの彼氏にはない心地良さでした。

「ああっ・・・んぅ・・・・」

お父さんの大きなカリが私の膣を引っかき、ぞくぞくする快感が膣一杯に広がっていきました。
浅く深く・・・浅くと落ち着いた動作も大人を感じさせられました。

「ガンガンにいくぞ」

そう言うとお父さんは子宮の奥をガンガン突いてきました。
私は味わったことのない体を揺さぶられる快感に大きな声を上げていたのです。
それは、あの日に父と母のSEXを覗き見た母の狂乱の痴態を思い出されました。

私は獣の叫び声のように

「う、う~~・・・うわ~~あぁ」

とよがり声を張り上げていました。
父は全部・・・を挿入し、物凄い勢いで腰を振っていました。

「あっあ・・・んっあぅ・・・は、あっん!」
「はっあ、奈々奈々!気持ち、いいぞ・・・奈々」

何度も何度も私の名前を呼んでいました。
私は連続してアクメを向かえ父の巨根を離さまいと膣が強烈に締りました。

「駄目だいくぞ~」

と叫ぶと同時に暖かい感触がお腹一杯に広がり父の射精を感じたのです。

「あぁ~あぁぁぁぁぁ・・・・」

私もお父さんのピクピク引き付けるパニスを感じながら深くイッテしまいました。

その夜、以来、母の目を盗んでお父さんの巨根を味わっています。
このままいけば、私はお父さんなしの生活は考えられそうもありません。

母も何だか感じているみたいで、私を敵視する目をすることがあります。
私の家庭は、どうなっていくのだろう・・・。

コメント (0)
コメントする