2017年10月03日 15:00

【調教】浮気した彼女を肉便器にしてやったんだけど…(体験談)

読了時間:約 3

彼女との出会いは俺の一目惚れで、マンション探してる時の不動産屋の営業の子だった。
その時俺が23で彼女が24、わざと彼女と話したくて、「こっちの物件も見たいんですけど……」とか言って話を延ばしたり、付き合ってもらったり。

その甲斐あって、物件が決まったときに「お礼にご飯とかどうですか?」とかダメ元で誘ったらOKしてくれて、それから付き合い始まった。


ちなみに彼女の外見はそのまんまグラビアアイドルの星○美津紀、ただしおっぱいはBカップ。
一歳年上、営業で可愛いから浮気とか強引に口説かれないかとか心配だった。

付き合って一年後に浮気された。

人当たりよくてモテるし可愛いから薄々心配したりはしてたけど、マジでその日が来るとかなりキツい。
彼女の顔見るたびに思い出しそうだから別れ話した。

「本当にごめんなさいっ、何でもするから別れないでっ」
いやいや、何でもする前に浮気するなよと冷めてた。
「じゃあ、俺の言うこと何でも聞く?」
とか言うと、涙目で「うん、聞くから」と言い出した。

それからはもうやりたい放題。
セックスのために呼び出したり、フェラだけのために呼び出して、射精してスッキリしたら帰らせるとか、そういうのが当たり前。

プレイも乱暴になって、彼女が俺のマンション来た瞬間に強引にセックスとかイマラチオとか当たり前になった。
ただ、彼女はマゾだったらしく、そういうプレイが好みで、呼び出したら俺の家に来るまでに「何されるんだろう……」とか興奮して俺の家に来るまでに濡れるようになった。

「何ぬらしてんの?」とか俺に責められるのも興奮するらしい。
女ってわかんねーと思った瞬間だった。

行為はだんだんエスカレートして、朝呼び出す→濡れてる彼女にバイブ装着→仕事に行かせる、みたいなことも時々やるようになった。
ただ、さすがに俺の機嫌取りのためにバイブ装着して、会社に行ったらこっそりバイブ抜いてるんだと思った。

それでもマゾの彼女は、いきなり俺が彼女の不動産屋行って、「なんでバイブつけてないんだよ」とか責めたら興奮するだろうなと思って、不意打ちで行ってやった。

「仕事中ごめん、両親の引越し考えてて、この物件見たいんだけど」
みたいに適当な理由つけて不動産屋行って、現地に案内してもらうために、彼女と二人で営業者に乗る。
彼女の会社の奴は俺と付き合ってることは知ってるから、彼女を俺につけてくれて二人で車の中。

もじもじしながらも彼女が車を発信させる。
あー、こりゃバイブつけてねーことを責められるの期待してるなー、とか思って、
「そこの公園の駐車場の端っこに車停めて」って命令。

彼女の足開かせて、バイブが入ってないことを確かめようとしたら。
…………深々とぶっ刺さってた。
パンツも濡れてる。

一応濡れ防止のために生理用ナプキン装着してるけど、彼女の愛液吸ってずっしり重くなってる。
彼女の顔見ると、「ちゃんと命令守ってるから、ご褒美にたくさんいじめて、気持ちよくして下さい」みたいな顔してる。

顔はかわいいのに変態という俺好みの女になってた。
その後、公園の隅の駐車場で、昼間からカーセックス。

ちなみに、バイブは俺に挿入された日は、ちゃんと仕事終わりまで入れっぱなしだそうだ。
その間に何回も濡れるから、生理用ナプキンを一日三、四回くらい替えるハメになるって。
仕事中は動きにくいらしい、当たり前だけど。

元々彼女が性欲強いから浮気したんだろうし、マゾだから命令されるの好きになったんだろうけど、さすがに仕事中も俺の命令聞いてバイブ入れっぱなしにしてるとは思わなかった。
こうしてどんなに酷い扱いしても興奮するマゾ彼女と、今は上手くやってる。

コメント (0)
コメントする