2017年10月15日 21:00

【射精】プロレスごっこで女子に電気アンマされた結果…(体験談)

中二の時の体験談です。

近所に住んでいた同級生(上戸彩似、以下アヤ)とその頃仲良くて、よくお互いの家で遊んでました。
特に恋愛感情があったというわけではなく、ともかくふたりとも野球とプロレスが大好きで、よく試合のビデオを見たり、あの選手はこうだとか、この試合はああだとか、自分の趣味を遠慮なく言い合う間柄でした。


アヤは見かけによらず、やんちゃな子で、クラスでも男勝りで通っていたほどでした。
男子によく蹴りを食らわしていました。
家に遊びにきてもプロレスを見るに飽きたらず、よく僕とプロレスごっこをしたものです。

アヤは本気で僕に蹴りを喰らわしてきたりするので、小学校の頃は俺も本気で反撃してたけど、中学に上がると体格が僕の方が大きくなり、加減するようになりました。

だから中学になると蹴りとかパンチとかではなく、関節技を掛け合ったりするようになりました。
アヤはとにかく研究熱心で、ビデオで技を研究しては私によく試していました。

中二のある夏の日のこと。
いつもならアヤが家に来るときは、いったん家に戻ってから私服のとTシャツとズボンに着替えてきてたのですが、その日は前日の深夜にやっていたプロレスの試合の録画ビデオをいち早く見るため、学校から直で家に来て試合観戦をしていました。

30分一本勝負に僕たちは釘付けになり、試合が終わる頃には二人とも闘志でみなぎっていました。
試合が終わるとアヤは立ち上がり「よし、一本勝負だ!」と言って早速蹴りを喰らわしてきました。

「おいおい、お前、制服のままだろ。スカートはいてる奴と勝負できるか!」と僕が言うとアヤは
「大丈夫だよ!ブルマはいてるから」と言ってラリアットをするために俺の腕を引っ張り投げ出しました(もちろんロープはないので投げ出された場合にはロープを想定して戻ってこなければいけないという暗黙のルールがありました)。

見えないロープから跳ね返ってきたおれはアヤのラリアットを喰らい、床に倒れるとアヤは得意の四の字固めをかけてきました。

スカートからブルマがちらちら見えて、少し戦意喪失気味になりましたが、かなり痛かったので、技から逃れるためにぐるっとうつぶせになり、技から逃れると、今度はアヤにひざ十字固めをかけてやりました。

「いたたた・・・」と呻くアヤに僕は「ギブ?ギブ?」と迫りますが、アヤはただ首を横に振り我慢しているようでした。
痛そうだったので、少し力を加減して弱めると、ここぞとばかりにアヤは反撃してきました。

アヤは足をするりと抜くと、今度は僕の両足を掴んで、なんと自分の足を僕の股間に当ててきたのです。
アヤは「必殺!電気アンマ!」と言って足の先をぶるぶる震わせきました。
僕が「お、おい、そりゃ反則だよ!」と言うとアヤは「問答無用!ギブ?ギブ?」と言ってさらに振動を加速してきました。

僕はなんだか感じてきて、口では「やめろよ!」と言いつつも抵抗はしませんでした。
アヤは座った体勢から右足で僕の股間を震わせ、左足を立てていたので、スカートがまくれてブルマが見えていました。
僕はブルマをぼんやり見つめながら、なすがままにされ、アヤは「ギブ?」と僕に迫るばかりでした。

僕はかなり気持ちよくなってきていたのですが、何か悪いことをしているような気がしてきて、負けるのは悔しかったのですが、とうとうギブアップをしてしまいました。

アヤは「楽勝だね!電気アンマって結構効果あるんだね」と言いましたが、僕は「そりゃ、お前、反則だよー」と反論しました。

するとアヤはいつもの研究熱心さからか、
「え〜そんなに効くんだ!私にもかけてみてよ」と言ってきました。

「よし、これが反則だということを思い知らせてやるよ!」と僕は言って早速アヤの両足を掴み、足をアヤの足と足の間にもっていきました。

アヤは「よし、こい!」と言って、僕の足がアヤの股間に触れるのを無表情に見ていました。
僕がゆっくりつま先を振動させるとアヤはぎゅっと唇をかみしめ、少し体に力が入りました。

僕のつま先はアヤのブルマの陰部の辺りをとらえ、徐々に振動を加速させていきました。
僕はアヤに「ギブ?ギブ?」と聞き迫りましたが、アヤはぐっとこらえ首を横にふりました。

内面、なんかすごいことをしているような気がしていましたが、悔しい気持ちもあったので、続けました。
アヤは視線を小刻みに震える僕のつま先の方に向け、痛いのか、感じているのか、目が段々うつろになってきました。

「ギブ?」と何度も聞き迫りましたが、アヤは無抵抗でただ首を振るばかりでした。

どれくらい時間が経ったでしょうか。
僕が電気アンマをされていた時間よりも遙かに長い時間が過ぎていました。

ついに僕の足がだるくなってきたので「だめだ、俺の方がギブアップだ〜」と言って電気アンマをやめてしまいました。
アヤは深呼吸すると「もう終わり?効かないなぁ〜。よってこの技は反則技とは見なしません!」と勝手なことを言い出し始め、再び、アヤは僕に電気アンマをかけてきました。

「またかよ!よし、今度は耐えてみせるさ!」と言って僕も意気込みました。
アヤはさっきと同じ体勢で僕の股間に足を擦りつけ、さっきよりも早い速度で振動させてきました。
アヤの太股がぶるぶる震えているのを見つめながら、だんだん下半身がしびれてきました。

アヤは「どう?」と何度も聞いてきましたが、どう、と言われてもなんと答えていいかわからず、黙ってなすがままに身を委ねていました。

今度は耐えました。先にアヤの足が疲れてくれてやめてくれれば、こっちのもんだ。
目線をアヤの顔に向けるとアヤと目が合い、アヤは高速で足をぶるぶるさせながら、じっとこちらを見つめ、「どうよ?」と聞きました。

僕もアヤの顔を見つめて黙っていると、アヤはにっこり微笑むもんだから、僕は全身がぞくっとして性器がしびれ、とうとう射精してしまいました。

射精する瞬間思わず「あぁ」と叫んでしまったので、アヤはチャンスだと思ったのかその振動をこれ以上ないくらい、早めました。

射精している瞬間がとても快感で、出し切ってしまうと、僕は「もうだめ。終わり!」と言ってアヤの足を掴みストップさせました。
アヤは「弱いなぁ」と言い放ち僕はただ呆然として、ため息をついていました。

アヤは僕が射精をしているなんておそらく気づいていなかったと思います。
ていうか、そもそも射精の存在を知っていたかどうかさえも怪しかったと思います。

その日以来、僕らのプロレスごっこには新たに電気アンマという技が公認となり、僕は何度か射精を繰り返したことは言うまでもありません。

手コキではなく足コキの思い出でした。

コメント (0)
コメントする