私は中学高校と地元最大の暴走族のレディースに所属していた。
レディースといっても男たちの暴走族といっしょに遊ぶだけの集団だった。
地元最大なためうちの族に敵対するチームは一つもなかった。
そのためすることといえば廃スーパーの駐車場でわいわいあつまってしゃべくるだけの集会というものだけだった。
その日もいつものように集会を終え族友達の家にいくことになった。
原チャリにのり族友達の家に行く途中尿意を催したため近くの駅のトイレに行くことにした。
族友達に「ちょっと駅に寄ってから行くから先に帰ってて」といい駅に着いた。

田舎で夜中の1時過ぎのため駅には人っ子一人いなかった。
わたしはさっさと用を済ませトイレの鏡で化粧や髪型を整えていた。
すると私が入っていた隣の個室のドアが開いた。
「隣にも人が入ってたんだ」と思った瞬間全身が凍りついた。

出てきたのは男だった。
それもどう見てもかたぎではなく服もボロボロで顔も茶褐色によごれておりホームレスのようだった。
鏡越しに見ているとその男は外に人がいないか耳をすませた後ゆっくりと私に近付いてきた。

と、となりの洗面所で手を洗い始めた。
「おなかの具合が切羽詰まってて男子トイレと女子トイレをまちがえたのかな?」
と思い男に背を向けトイレから出ようとした瞬間、
まだ乾いていない濡れたままの手で私の口ともう片方の腕でウエストを抱き込んだ。

必死で抵抗するがその瞬間もう一人何者かが現れて二人がかりで一番奥の個室に引きずり込まれた。
「声を出すと殺す」と首をつかまれナイフのようなものを突き付けられた。

個室の内側から鍵をかけられ二人に抑えられ狭くて身動きとれない。
赤い特攻服上下をはぎとられ下着は裂かれ全裸にされた。
「いうこときかないと服も切り刻んで帰れないよ?」
とさらに脅され恐怖と寒さで震えが止まらなかった。

全身震えながらうなづくと男の一人がいきなりあそこを口の中に入れてきた。
吐きそうになるほどの異臭でえづいた。
頭を持たれ無理やり前後に動かされた。

「自分で動くんだよ?わかるね?」といわれ必死にしゃぶった。
するともう一人は私をひざの上にのせ、胸をもみ始めた。
かさかさの手が乳首や皮膚にあたって痛い。

少しすると私のあそこを触り始めたクリトリスを触っている。
口や体が密着してきて臭い。
こんな状況なのにあそこが濡れているのがわかった。

今男の膝の上で胸とクリトリスをいじられながらもう一人の男のものをしゃぶっている。
私は「とにかく早く終わってほしい」という感情でいっぱいだった。

その瞬間口の中のものから何か出てきて器官に入り激しくむせた。
男が私から離脱した瞬間。
後ろの男があそこにものを入れてきた。

ドアをあけ射精したほうは外に出て行った。
もう一人に今度はバックで責められている。
汚い何の布だかわからないもので口をふさがれている。

10ふんもたたないうちに後ろの男がイッた。
男の生暖かい液が裏ももにかかっているのがわかった。

少しして出て行った男が返ってきた。
新品のような濡れたタオルを持ってきて口元と裏ももの精液を拭き取った。

「早く服着て。」と新しい下着を渡され無理やり着させられた。
原チャリに早く乗るようにいわれ
「早く家にかえりな。」といって私は家に向かって走るとふたりはそのまま去って行った。

レディースで特攻隊長だった私はほかのメンバーになめられたくなくて、このことは誰にも言えず心の中にしまっている。

ただ夜はもう一人では外に出られない。