2017年12月06日 09:00

【調教】会社のドM上司に頼まれてチンコを蹴り上げた結果…(体験談)

読了時間:約 4

私は25歳のOLです。
大学を卒業して社会人になりたての頃はまだ普通の女性だったと思います。
就職先でドエムの上司がいて、週一ペースで彼をいじめていました。

上司をいじめるなんてとんでもないことだ!と言われてしまいそうですが、彼がくれるお小遣いが魅力的だったんです。
一緒にホテルに行って彼が用意した下着をつけて、蝋燭や鞭、大人のおもちゃなどを使って彼をいじめるだけで、毎回お金が手に入ったら誰でもやると思います。

上司には奥様もお子さんもいますので、絶対に間違った関係にならないように気を付けました。
私は、ただ金をもらって彼の性癖を刺激しただけ。

でも、その彼は本当に変態でした。
お尻に物を突っ込まれて喜ぶし、叩かれながらおちんちんを元気にさせて真っ赤になるんです。
そのちんちん見ているだけでもなんかムカついてきたので、たまに思いっきり蹴り飛ばしたこともありました。

普通ならすごく痛がって涙を流してもおかしくないのに、彼は気持ち悪いくらい喘いで笑顔になるんです。
「私ちゃ~ん、お小遣い弾むからもっと頼むよ」
とキモイ顔で何度も近づいてくるんですよね。

私は、使える道具を全て使って力いっぱい全力で攻撃します。
身体には傷跡がたくさん残り、プレイが終わる頃にはすごく痛々しい感じになるのですが・・・、それでも彼はすごく喜びます。
ここまで変態なら、もうどれだけいじめても大丈夫ですよね。

2週間ほど前に彼に誘われて一緒にホテルに行きました。
今回は、いつもよりハードにいじめてほしいと言ってきたので、私も中途半端なことはやめようと思いました。

ホテルに入ってからすぐに浣腸をして、体の内部まで綺麗になってもらいました。
その後は、彼を拘束して抵抗できない体勢にしました。
昔の私ならこの姿を見るだけで吐きそうになっていたと思います。

しかし、今はなぜかストレス発散ができるとワクワクするんです。
ちょうど数日前に彼氏と喧嘩をしてかなり苛立っていた時なので、余計に誰かをいじめたかったのかもしれません。

「はやくぅ、たたいてたたいてたたきまっくてぇー」
気持ち悪いくらいお尻を振りながら催促してきます。
「本当サイテー、キモイです」
彼に唾を吐き掛け尻を全力で蹴りました。

何度も蹴ってその後に鞭で思いっきり叩いたのですが、彼はこっちにお尻を向けてオナラをしてきたんです。

「あなた、覚悟はできてる?」
今までこんな下品なことをされてこなかったので、私の理性が吹き飛び頭に血が昇りました。

「クソじじい、くたばれ」
私は大人の玩具の中でもかなり太いディルドを彼の尻に刺しました。
「んぎゃあおおお」
悲鳴を上げてはいるのですが顔はすごく嬉しそう。
コイツ、マジで気持ち悪い。

直径4センチはありそうなディルドを入れられて喜ぶなんて、私なら絶対無理だわ。
蝋燭プレイ、乳首に針を刺すなど痛いプレイを続けると、彼は歓喜の声をあげて射精をしました。
やっと終わった、これでお金をもらって家に帰れるわ。

「はい、今日のプレイは終わりましたよ」
私は彼にプレイの終了を告げて帰ろうと思いましたが、彼はさらにリクエストをしてきます。
「もっともっと、プリーズ」
そう言いながらおちんちんを蹴ってほしいというのです。

変態と言うのは・・・、本当にヤバいですね。
彼のリクエスト通り全力でおちんちんを蹴りました。
ところが、当たり場所が悪かったのでしょうか。
彼は呻き声をあげて失神しました。

私が何度声をかけても目が覚めないし、おちんちんが変な角度に曲がっている気がします。
もしかして、あの世に行っちゃった???
私は何度も彼に声をかけて何度も顔に水をかけました。
呼吸は確認できたのですが1時間経過しても目を覚ましません。

とりあえず、私にはどうしようもなかったので彼の拘束を解いて、入れていたものや刺していたものなどを抜きました。
そして、プレイの後始末をしていると彼が目を覚ましました。
「あれ、僕は???い、痛い!」
彼がすぐに確認したものは形が変わったおちんちん。

「ちんこが痛い、すごく痛いんですけど」
私のことを見ながら必死でアピールしてきたのですが、私は言われたとおりにしただけなので無視しました。
結局、彼が目を覚ましたので私はそのまま家に帰りました。

彼は一週間後に仕事復帰したのですが、なぜか私に冷たかったです。
この前はちょっとやりすぎたかなと思いますけど、求めたのは彼ですよね!
私は全く悪くないです。

でも、彼と私の関係が奥様にばれてしまったらしく、私はこの職場にいることができなくなり退職しました。
ふざけた上司の性癖を満たしていただけなのに、なんで私がクビになるわけ、ばっかじゃないの!

私には男性をいじめるのがあっているみたいなので、エッチなお店で男性をいじめる仕事を始めました。
すると、数日後に来た客があの上司だったんです。

私は仮面をつけてプレイをしているので、きっと私のことがわからないのでしょう。
彼は、ルール内で考えられる最悪の拷問プレイを受けてまた喜んでいました。
本当に気持ち悪い、もう二度と関わらないでほしいわ。

コメント (0)
コメントする