2017年12月12日 09:00

【閲覧注意】イジメが原因でヤバすぎる性癖に目覚めた俺…(体験談)

読了時間:約 4

最近、いじめを理由に悲劇的な死を遂げる若者が多い。
自分が小学6年生の時に受けたいじめもひどいもんだったが、あることを理由にいじめが全くなくなった。
せっかくなので、記憶の片隅にあるトラウマに近い思い出を書こう。

自分の名前は竹本、昔はいじめられる側の人間だった。
自分は見た目が「気持ち悪い」と言うだけでいじめられた。
クラス内のムードメーカーを中心に、男女合わせて10人ぐらいにいじめられた。

始めはとことんケンカになって反撃もした。
タイマンでは勝てる自信があったが相手は複数人。
次第に、自分は抵抗をするのをやめた。

自分のクラスでは、女の子でも一人いじめられている子がいた。
彼女の名前は聖菜と言って成績抜群の優等生でお嬢様育ち。
クラス内では浮いた存在になっていたので、彼女もターゲットにされてしまったんだ。

ある日の放課後、自分が男子トイレで裸にされてバケツの水をかけられていると、そこに女子数人と聖菜さんが入ってきた。
そして、女子のいじめリーダーが聖菜さんに向かってとんでもないことを言ったんだ。

女リーダー:聖菜、そのバケツにう〇こしなさい。
聖菜:いやいや!絶対にいや!

聖菜さんは泣き叫んで抵抗をした。
しかし、他のいじめっ子たちにスカートとパンツを降ろされバケツを渡された。

女リーダー:いいからやるんだよ!
聖菜:どうしてこんなひどいことするの?私が何かした?

いじめっ子たちは全員で大笑い。
というより、裸の自分は全く相手にされていなかった。

自分:あのぉ、服返してよぉ。
男リーダー:はぁ?いいとこなんだから黙ってろよ。

聖菜さんはバケツを跨いでしゃがんだ。
そして、涙を流しながら恥ずかしさに耐えていた。

女リーダー:早くしなさいよ。
男リーダー:よかったな竹本。御馳走をいただけるなwww

その時、トイレの中にいるいじめっ子たちは全員で大爆笑した。
始めは意味が分からなかったが、聖菜さんが排泄している姿を見て意味が分かった。

御馳走=聖菜さんの排泄物だった。
聖菜さんは茶色っぽい液体状の便とおしっこをバケツにした。

聖菜:トイレットペーパー・・・。
男リーダー:竹本、人間洗浄マシーンの力を思い知らせてやれ。

聖菜さんの汚れた部分を自分が綺麗にするのかよ。
こいつら、全員地獄に落ちてしまえ!!!

自分は聖菜さんを見て頷いてからお尻とおマンコをきれいに舐めた。
汚物特有の臭さがあったけれど、この時は何も感じずただきれいに舐めた。

いじめっ子たちは全員で大爆笑!
そして、全員で手拍子しながら「ご・ち・そう」のコールをした。

聖菜さんは何度も「竹本君ごめんなさい」と言っていた。
悪いのは聖菜さんじゃない、この人の皮を被った悪魔たちだ。

ただ、この時、自分には危ない性癖が目覚めかけていた。

(聖菜さんの汚物・・・おいしいかも。)

そのため、御馳走と呼ばれた汚物を食べるのにあんまり抵抗がなかった。

ング、はむはむ、ングングング、ゴックン、ぷはぁー。

自分の凶行を見て全員が静かになった。
そして、次の瞬間・・・。

「ぎゃああああ、汚物食いやがった!」
「竹本近寄るなあっちイケ、汚物マン来るな!」

男子たちは猛ダッシュでトイレの外に逃げて行った。
女子たちも逃げようとしたが、男子が先に出ようとしたためワンテンポ遅れた。

自分は女子を捕まえて汚物まみれの口でキスをした。
いじめっ子のリーダー、その仲間2人、合計3人に聖菜さんの汚物の臭いと味を分け与えた。

この出来事をきっかけに自分のクラスからいじめはなくなった。

次の日学校に行くと聖菜さんに呼び出された。

聖菜:竹本君、本当にごめんなさい。言われたこととはいえ、私はなんて最低なことを・・・。
自分:聖菜さんは悪くないよ。そういえば、昨日ちゃんとパンツとか返してもらった?
聖菜:うん、竹本君のおかげだよ。恥ずかしいことされちゃった・・・。
自分:うん?それならよかった。

この日をきっかけに聖菜さんと親しい関係になった。
自分が聖菜さんの汚物を食べたからなんだろうか、聖菜さんが心を開いてくれた感じがする。

しかし、自分は今回の事件をきっかけに「汚物漁り」をするようになった。
聖菜さんの排泄物で味を覚えてから、女子トイレの個室にあるゴミ箱をチェックするようになった。

4時間目の授業中に、「お腹が痛い」と先生に言ってからトイレに行った。
通称、レバーと呼ばれるナ〇キンを見つけるとじっくりニオイを嗅いでから味を楽しんだ。
そして、クラスの女子を妄想しながらトイレで一人エッチをしたんだ。

また、汚物漁りをしていると汚れたパンツが捨てられている時がある。
自分はそれをポケットに入れて持ち帰り、家オナ用に使った。
たまに、○年●組〇〇〇、と名前まで書いてあるパンツもあったから、マジで興奮したんだよねぇ。

小学校の間は汚物漁りをしても全くばれなかった。
そして、自分が中学生になってからも同じように汚物漁りを続けた。
ただ、この頃になると大人の女性の「汚物」に興味を持つようになっていった。

その結果、自分は雑貨屋さんの女子トイレにある汚物を漁っていたところ、店員に捕まってしまった。
まだ、中学生と言うことで厳重注意をされて出入り禁止で済んだ。

どんなきっかけで危ない性癖が目覚めるかわからない。
読者のみんな、どうか自分のような変態にはならないでくれ。

コメント (0)
コメントする