2017年12月17日 17:00

林間学校で好きな女の子の布団に隠れた結果…(体験談)

読了時間:約 4

中学校の林間学校の時、憧れの女の子の部屋に忍び込んだ思い出があります。
憧れの女の子と一晩でも一緒の布団で寝ることができたこと、体のいろんなところをどさくさにまぎれて触ったこと、ほんとに今でも忘れられない経験です。

女子の部屋は2人の相部屋でした。
僕は友達のSと二人で、みんなが寝静まった後、こっそり部屋を抜け出しました。

SはEさんと付き合っていて、そのEさんの部屋に忍び込むと Yさんが寝ていました。
Yさんは誰もが憧れるかわいい女の子で、僕は内心付き合いたいと思っていました。

Eさんは、SがくることをYさんには内緒にしていたみたいで、Eさんは僕も一緒に来たことに驚いていました。
Sは2対2だからいいんじゃないみたいなことを言ってましたが、Eさんは嫌がっているようでした。

Sは説得に疲れたのか、強引にEさんの唇を奪っていました。
Sの手はEさんの胸を触っていました。
のやり場に困った僕は、Yさんのベッドの近くにいました。

もともとYさんを口説きにきたのに、Yさんが寝てるんではなにもできないので、帰ろうかと思っていたときです。
隣の部屋に見回りが着たようです。
壁越しに先生の声が聞こえました。

すごくあせりました。
SはとっさにEさんと布団の中にもぐりこみました。
僕はあせって、隠れるところを探したけど、どこにもないんです。
ベッドの下にもぐりこもうとしましたが、全然、体が入る隙間がありません。

隣の部屋のドアを閉める音が聞こえて、こちらに足音が聞こえてきました。
Sが僕に「はやくYさんの布団にかくれろ」とかすれ声で叫びました。
もう仕方がない、と決心した僕はYさんの布団の中にもぐりこみました。

Yさんは「え」と声を出し何が起こったのか理解しようと必死でした。
すぐに僕がとっさに口を押さえたとき、入り口のドアが開きました。
入り口で先生は懐中電灯を室内に向け照らし、異常がないことを確認すると、ドアを閉め、次の部屋に向かいました。

次の部屋のドアが開き、ドアを閉める音を確認するまでその体勢でした。
そして足音が遠ざかっていったのですが、僕はその体勢のまま動けませんでした。
気づけば僕の体は、Yさんの上に乗っかっていて、手はYさんの口を押さえていて、ぼくの肘はYさんの胸にあたっていました。

Yさんのあたたかい布団の中で、徐々に下半身が大きくなるのがわかりました。
僕の体はYさんと密着しているので、Yさんも気付いているはずです。
でも、どうしようもなかったのです。
先生の足音が遠ざかっても、SとEさんはベッドから出る気配がありませんでした。

僕は気まずかったけど、興奮した体が言うことを聞いてくれません。
そのまま右手を彼女の口からはずし、胸に持っていきました。
パジャマのうえからノーブラのお乳をさわりました。
すごくやわらかったです。
そのまま前のボタンをはずそうとしました。
片手では無理だったので、両手でパジャマを脱がせ始めました。

Yさんはなぜか無抵抗でした。
ぼくはもう誰にも止められない状況だったんだと思います。
暗がりの中でパジャマを脱がせることに成功しました。
Yさんの裸をまじまじ見つめてると、Yさんが手で隠しました。

僕は自分の服を脱いで、Yさんの唇を奪いに行きました。
Yさんの体の上に乗っかり、Yさんとキスしました。
やわらかくて、とてもキスが気持ちよかったです。
さらにYさんの小さなお乳が僕の体に触れていてそれもすごくやわらかくて気持ちよかったです。

僕の下半身はどうしようもないくらい大きくなっていました。
人生の中で一番大きくなっていたんではないかと思います。
Yさんの手をとって、僕の下半身を持たせました。
僕はゆっくりズボンを下ろしました。

Yさんは何もいってないのに、ぼくの下半身をしごき始めてくれました。
僕は僕で、Yさんのズボンを下ろしにかかりました。
Yさんに一度、僕の下半身から手を離してもらい、さんのズボンに手をかけました。

そのときふと気づいたのですが、SとEさんはすでに本番中でした。
Eさんの喘ぎ声がかすかに聞こえていました。
Yさんのズボンをゆっくり下ろすと、白いパンツときれいな太ももが見えてきました。

いよいよだと思い、今度はパンツに手を掛けました。
僕は今まで女性のあそこを見たことがなかったので、本当にどきどきでした。
パンツをゆっくりと下ろし始めました。
ヘアーはうっすらと生えている程度でした。

Yさんはすごく恥ずかしそうにくねくねしていました。
パンツをゆっくりと脱がせ、股を開かせました。
はじめて女性のあそこを見ました。
くらくてよく見えなかったけど、不思議な感じがしました。
ピンク色で二つに割れていて、中がどうなっているのかに気になりました。

僕は指をいれようとしましたが、すごく痛そうにしていました。
彼女は処女のようでした。
なんかすごく痛がってるようだったので、僕も萎えてきて諦めました。
僕らは抱き合ったまましばらくEさんの喘ぎ声を聞いていました。

もちろん抱き合ったままキスしたり、おっぱいを触ったり、僕の下半身をしごいてくれたりと、その時間も気持ちよかったです。
気づくとEさんの喘ぎ声が激しくなり、SとEさんのSEXが終わったようでした。

僕がSにいつ帰るのかきこうとSの方を見ると、Sはそのまま布団から出てきました。。
布団の中からは全裸のEさんが見えました。
僕が見ているのに気づいていないのか、Eさんはしばらくそのままでした。

Eさんも小ぶりなおっぱいでしたが、きれいな体でした。
ヘアーも少し生えていました。
もちろんSの下半身も目に入っていましたが。

Eさんは息が上がっていたようで、しばらく休憩したあと、ふと我に返って、僕が見ているのに気付き、Sから布団をとり、体を隠してしまいました。
でもその動きの途中で、Eさんのかわいいお尻も拝見させていただきました。

その後、僕とYさんは付き合うことになりました。
このときYさんは、僕のことを気に入っていたのではなくて、怖くて動けなかっただけらしいです。
僕はどちらでもいいですが・・・。

ちなみに彼女には3ヵ月後に振られました。

コメント (0)
コメントする