2017年12月19日 17:00

【泥酔女】真冬の夜に拾った巨乳泥酔女の正体に唖然…(体験談)

今年の2月頃に引越ししたのですが、引越しして4日ぐらい経った時の話です。
車で帰っていると、あからさまに酔っている女性がフラフラと歩いていました。

時間は夜の23時ぐらいだったでしょうか。
一旦は通り過ぎたのですが、どうにもこうにも気になって、Uターンです。

ちょっと見失ったのですが、しばらくして道路の脇に座り込んでる女を発見。
真冬ですから、夜は冷えます。
さすがにこのままではまずいと思い、声を掛けました。

最初は「何でもない~~~」「放っておいてよ~~」と相手にされませんでしたが、
「こんな所で寝ると風邪引くよ」と、一緒に座って喋っていると、徐々にまともに喋ってくれるようになってきました。

と言っても相当な酔っ払いです。
笑ったり、叫んだりで大変です。

彼女も寒いのか震えているので、「とりあえず送るから車に乗りなよ」と言って、抱きかかえ、ズルズルと引きずるように助手席に乗せました。

走り出すと彼女は窓を全開にし、窓から顔を覗かせながら、ボーッとしています。

「家はどこなの?」と聞くと、
「忘れちゃった~~~」「つ~~かあなた誰ですか~~」「まっいいや~~~」
と言ってました。

「じゃあ俺んち行っちゃうぞ!!」
と言うと、返事なし…でも家を教えないので、アパートに連れて帰りました。

アパートに着いた頃にはさらに酔いが回ったのか、彼女は無口になり、眠そうです。
引きずるように鍵を開け、中に入り、暖房を点けました。
ベット放り投げると、スヤスヤです…。

私は風呂を溜めた後、風呂に入りました。
風呂から上がると、彼女は苦しかったのか、ベージュのズボンを脱いで下半身ストッキング姿になっていました。

パンティは黒です。
そんな悩ましい姿で寝ているのです。
でも、コートとセーターは着たままです。

私は風呂上りのバスタオル1枚の姿で呆然……タバコを吸いながら悩みました。

寝返りを打って、うつ伏せになっている彼女の豊かなお尻を見ていたら、どうにもこうにもならず、ベットの横に添い寝し、腕枕状態にして、腰に手を回して上に手を伸ばします。

ブラのホックは外したのか、既に外れていました。
コートを着ていた時には分かりませんでしたが、豊満な胸です。
これで理性が飛んでしまい、セーターを捲り、胸に顔を埋めて吸い付きます。

乳首を夢中で吸い始めると息が荒くなり、手を私の頭を抱えるようにしてきます。
乳首を手でコリコリしながらキスをすると、舌を必死に絡めてきてくれます。

真っ白な肌に、豊かな胸…胸を握り潰すように乳首を吸いまくります。
真っ白な肌なんで乳首もピンクです。
彼女も喘ぎ声を漏らし、艶っぽく感じくれてる様子。

ストッキングの上から最初手マンをしながら、自分の乳首に手を持っていくとコリコリ触ってくれます。
手マンをすると一層激しく声を出して喘ぐ彼女。

彼女をひっくり返し、うつ伏せで強引に腰を持ち上げて尻だけを引き上げます。
ストッキングを膝まで下ろし、パンティを穿かせたままお尻に顔を埋めます。
パンティの上からアソコを人差し指で弄ると、もう濡れているのか、クチョクチョと音がしました。

黒のヒラヒラ付きのパンティをあそこの部分だけズラし、指を2本突っ込みます。
Gをグリグリ2本の指で交互に刺激し、同時に奥まで入れて奥をコリコリGを刺激しながら親指でクリ○リスを刺激しました。

彼女はかなりの喘ぎ声を上げました。
顔を横に向けた状態で、布団にへばりついて喘いでいました。
ま○この中からピチャピチャと凄い量の液が出てきてます。

濡れやすいのか、潮吹きも混じり、パンツを濡らしながら液が流れてきます。
指でその液を掻き出すように、奥から手前に手マンを続けます。

しばらくして、彼女が激しく喘ぎ、腰を浮かせるようにして頂点に達した感じ…。
彼女をうつ伏せにし、腰の下に枕をれ、腰だけ浮かせさせ寝バックです。

パンティを膝まで下ろし、尻を広げながら挿入です。
良い眺めでした。
お尻から腰のライン、背中のラインが堪りません。

ゆっくり腰を振りながらコートを脱がし、ピストン。
あそこの中は小さめで、締まりも良かったです。
スカートとパンティのおかげで足を開けないので、片足だけパンティとストッキングを抜き、足を開かせて、再び寝バックです。

奥をコリコリすると体も声も合わせて反応します。
正常位に戻し、セーターを捲り、足を肘で支えるように回し、彼女の両手を握りながら激しくピストンします。

私もあまりの興奮ですぐにイキそうになり、揺れる乳房を眺めながら激しくピストン。
そのまま、薄い陰毛の辺りに大量に発射してしまいました。

精子を拭きながら、また指を入れたり弄っていると、まだまだイケそうです。
10分ぐらい弄ったりしながら遊んでいると、ち○ぽも復活気味になり、今度は彼女の服を全部脱がして、強制フェラ。

騎乗位で腰を振らせましたが、半分まだ酔っているのでフラフラでした。
結局寝たのは朝の5時前で、7時過ぎにはシャワーを浴びて出勤しました。

彼女は起きなかったので手紙を残し、鍵をポストに入れておくようにして出かけました。

一応携帯の番号を書き置きして夕方家に帰ると、ベットは綺麗になっていて、整理整頓された感じで俺の手紙の下に、「ご迷惑掛けました」と女らしい字で書いてありました。

と言っても、名前も年も不明ですが。

その後3週間ぐらい経って、町内の集まりや引越しの挨拶などで、近所の個人商店の娘である事が判明!
彼女も絶対分かっていると思うのですが、今現在まだ何事もありません。

コメント (0)
コメントする