2017年12月29日 13:00

【覗き】小6の時に体育倉庫でBしてた同級生カップル(体験談)

小6ん時、放課後、校庭の隅の体育倉庫の前を通りかかったら、なんか中から話し声が聞こえてくる。
耳をすませてみると、聞いたことある声なんでますます気になり、裏手にまわって小窓から中を覗き込むと、同じクラスの男女がぴったり抱き合っていた!
とりあえず男はK、女はYさんとしておく。

しかもYさんは、俺が4年生くらいからずっと片想いしてた、クラスの中でも指折りの可愛い子で、あまりのショックで頭の中が真っ白になった。
いったい何やってんだと、心臓バクバクさせながら見てると、やがて二人はキスしはじめて、KがYさんのおっぱいを揉み始めた!

Yさん、去年くらいから二次性徴がどんどん来てる感じで、シャツ越しにはっきりわかるくらい胸が膨らみ始めていた。

Kの野郎は服越しとはいえ遠慮なくわしづかみにしてて、「やわらかいな」なんて言ってる。
なんて羨ましい奴。

そしたらYさんがなんと「ねえ、勃起しちゃってる?」なんて言いだした。
女の子が勃起なんて言葉を使うのを初めて聞いたので、これもえらいショック。

Kは「まだしてない」と答えたが、俺はこの光景を見ながら早くもギンギン状態。
YさんはKの股間をチラッとみて
「K君って背高いし、おちんちん大きそうだよね」
なんて、ますますショッキングな言葉を言った。

よりによって彼女がそんな事…
しかしこれから何をしようとするのか興味で目を離せない。

するとKが「じゃ見せてやろっか」なんて言い出した。
この会話から、どうやらこういう事するのは初めてらしいとわかって、ショックもあったが、ますます興奮。

その後、二人が笑いを交えながらちょっとやり取りした後、Kがズボンとパンツをおろしたようだった。
はっきり見えなかったが、YさんはKのチンポをじっくり観察してるようで、
「弟のと全然違うね・・・K君、おおきい・・・」と、驚いていた。

Kもそう言われて調子に乗り、
「大きいだろ俺の。たぶんクラスで一番でけーぜ」なんて言ってる。
やがてKはYさんにチンポを触らせたようで、Yさんが「あ、勃起してきた!」と驚いてた。

さらに図に乗ったKが「手でこすってみて」と、手コキを要求しだした。
俺もすでにオナニーを覚え始めてたんで、言ってる意味はよくわかった。

すると二人は今の場所では動きにくいのか、俺が外から覗いてる窓の傍に積んである体育マットのそばに移動したので、俺はあわてて覗く角度を変えた。

やがてマットの上でYさんがKのチンポをしごきはじめた。
あまりやり方がわかってないようで、いろいろ試行錯誤してるみたいだが、Kは気持ち良さそうな顔をしてる。

Yさんは勃起したチンポを見て、
「大っきいねえー!Kくん体大きいし、かっこいいから、大きいかもって想像してたけど」としきりに驚いている。

女もそんなこと想像すんのかとまたまたショック。
けど、かっこいいのと、チンポのでかさはたぶん関係ないぞYさん。
それで、チラッとKのチンポが実際目に入ったが、ほんとに太くてでかい!
思わずパンツの中の自分のチンポを見てしまったが、Kの半分もなかった。

そしてそのうちKがYさんのスカートの中に手を突っ込みだして、なんか色々と中身を触っている。
Yさんは最初は笑いながら「ちょっと、やめて」とか言ってたが、そのうち色っぽい声を出し始めた。

Kは辛抱たまらなくなってきたのか、スカートを強引におろして、いきなりYさんのパンツの中に手を突っ込みやがった!

「おまえも毛、生えてるんだ」とYが言うと、Yさんは「そんなこと言わないでよ」と。
恥らってるようだったが、手を突っ込んでるKを止めようとしない。

それどころか、Kが「お前もパンツ脱げよ」と言うと、素直に従っていた。
俺はYさんの股間を見ようとしたが、角度的にあまりよく見えない。
しかしチラッと黒いものが目に入った。

二人はお互いに性器をいじりあってるようで、俺もたまらなくなって、
そのままその場でチンコを出して、自分がYさんにしごかれてるのを想像してしごいた。

相変わらずYさんはKにまんこを手のひらでいじられまくっていて、可愛い喘ぎ声をあげている。
いやそれどころか、暴走するKの手を、一応Yさんは片手で抑えていたが、抑えてるふりをして、積極的にいじらせていたようだった。
(俺の妄想である可能性も大)

もっと調子にのったKは手コキだけじゃものたりないのか、チンポをYさんのマンコに寄せ付け始めた!
もうほとんどセックス直前状態。
Yさんは「やーん」とか言ってたが、声は楽しそうだ。

Kは悪ノリして「どうだどうだ」なんて言って擦り付けてると、Yさんは「やーん、こわい」とかなんか言いつつ、ちゃんとチンポを律儀にこすってる。
そんなにKのチンポが気に入ったのか。

そんなのを見ながらしこってると、びっくりするくらいあっという間に射精した。
でも目の前で実際にYさんにシゴかれてるKはまだイッてなかったのが情けない。

だが自分だけ先に逝ってしまった俺は、興奮が一気に冷めて、今度は目の前の光景に、だんだんムカっ腹が立ってきたw

俺は入り口にまわって、倉庫の扉をガーンと強く蹴っとばした。
とたんに中でドタバタあわてたような物音がして、話し声もピタッと途絶え、シィ~~~ンw
さらに2、3発扉をキックして、その場から離れて遠くから見ていたら、周囲を警戒しながら、こっそりと出てくるKYカップルw。

その場は、KYどものエロ遊戯を妨害してやってざまあみろと思ったが、その後はいくらマークしても、二人は逢引場所に体育倉庫を使わなくなってしまって、後になって後悔した。
うまくゆけばセクースさえ目撃できたかもしれないのに…。

で、実際にその後、どこでどうしたのかは知らんが、結局近いうちに二人はヤッちまったようだった。

こんなことがあったから、注意深くYさんを見てると、Yさん、それからどんどん色っぽくなっていって、卒業までにおっぱいも成長してって…「女」になってったんだよなぁ。

二人が付き合ってるのを知ってるのは俺だけで、Kがあのおっぱいをいつもいつも揉みまくってんだろうなと想像しただけで、当時はオカズ三杯はいけた。

きっとフェラチオなんかしてんだろうなで五杯、セクースしてんだろうなで八杯。
いや正直いまも余裕でいける。
当時のKより10歳年上になっちゃったけど、俺、今でも童貞なんで。

コメント (0)
コメントする