2018年01月08日 05:00

可愛い後輩のトラウマ体験聞いて勃起した…(体験談)

読了時間:約 3

会社に、高卒の瀬名ちゃんって女の子が入ってきた。
高卒でまだ18歳、ともかく可愛い。
バイト禁止の高校だったらしくて、働くのがこれが初めてで要領悪いところもあるけど、いつも一生懸命なので、悪い風にとらえる社員はいない。
というか、背が150ちょいしかないので、上目遣いがかなり萌える。

雰囲気というかイメージは、マイナーアイドルで一人だけ可愛い子がいる、みたいな感じ(わかりにくいかw)。
簡単に言うと、可愛い。レベル高い。
ただ、本人のいい子な性格もあって、近寄りがたいって感じじゃなくて、親しみの持てる可愛さ。

俺は24歳で、6歳差、十分守備範囲だったりする。
瀬名ちゃんは普段は下ネタとかまわりが言うと、困ったように笑ってる。
ただ、最近の高校生は進んでるからなー、彼氏いるのかなーとか思ってた。

ある飲み会の時、瀬名ちゃんと女子社員が俺のすぐ後ろで恋愛話してた。
女の子同士、しかも飲みの席だから警戒心が薄れてるのか、俺に全部聞こえてた。
以後、瀬名ちゃんは「瀬」、女子社員は「女」で会話さらしていく。

女「瀬名ちゃんは、今彼氏いないんだっけ?」

瀬「えっと……そうですね、いないです」

女「今までどんな相手と付き合ってきたの?」

瀬「…………。交際経験とか、実はなくて」

女「そうなの? でも、可愛いから告白とか高校のときされなかった?」

瀬「はい……告白とかは、してもらうこと多かったです」

女「じゃあ、なんで付き合わなかったの? あんまりタイプの相手に告られなかったとか?」

瀬「男の人、ちょっと苦手です。ちょっといろいろあって……」

いろいろというのが本気で気になる。

女「いろいろって……?」

瀬「誰にも言わないで下さいね……?」

そして、瀬名ちゃんは秘密を話し始めた。
5歳年上の兄がいるらしい。
で、瀬名ちゃんが小五の時に、瀬名ちゃん兄は高校生。
高校生ともなると、やりたい盛りだと思う。
性欲に振り回されることも多いと思う。

恐らくだけど、瀬名ちゃんは小五だろうと可愛かったんだろう。
今もちょっとロリ入ってる美少女だし。
そして瀬名ちゃんは一人部屋。

夜、十一時くらい、兄貴が部屋に入ってきたらしい。
瀬名ちゃんはうとうとしてて、半分起きて、半分寝てるって状態。
貸してた漫画返しに来たのかな、とかそんなこと思ってると、兄は瀬名ちゃんのベッドに近付いて、そーっと布団をめくって。

ワンピースタイプのパジャマだったから、そのまま瀬名ちゃんのパジャマもめくって、パンツに顔を埋められたらしい。
怖くて、でも兄なので文句も言えず、そのまま黙って兄貴が飽きるのを待つまで、じっとしてるだけ。
そういう出来事が一回じゃなく、小五から、高校入る前までされてたらしくて。
高校は、寮生活を選んだってことだった。

それから男が苦手になって、付き合うとか考えられないってことだった。
いい子だから文句言えなかったんだろう。
途中でちょっと涙声になりながら、「辛かったね、大丈夫だよ」とか、先輩女子社員に慰められてた。
一方、最低な俺は、後ろで聞き耳立てながら勃起してた。

小五から中学って、ちょうど生理が来たり、アソコの毛が生えてきたりする頃だと思う。
で、自分は高校生という性欲まっさかりの時期。
妹は瀬名ちゃんみたいな美少女。
これだけ揃ったら、瀬名ちゃんの兄の気持ちもわからなくもない。
というか、瀬名ちゃんみたいに可愛い妹に、そういうことしてぇって思った。

顔埋められたとかごまかしてたけど、実際はもっとすごいことされてるっぽいし。
恐らくクンニくらいはされてる、写真も撮られてるだろう。
そういうこと考えたらついつい勃起して、その時から瀬名ちゃんと接するたびに、
「この子まだバージンなんだよな」「でも、マンコは兄貴におもちゃにされたんんだよな」とか想像してしまう。
ダメな先輩だと思うw

コメント (0)
コメントする