2018年01月16日 13:00

【黒歴史】中学時代に義父から受けてたマッサージ…(体験談)

読了時間:約 2

中学生頃の話。
母が再婚し、義父にマッサージをきてやると言われて、母が外出するたびに身体をさわられていた。
その当時は本当にマッサージをしてもらってる感じにしか思わなかったけど、今考えたらあれは明らかに性的ないたずらだった。

最初はフツーに肩や腰、足をマッサージしてたんだけど、段々とシャツをめくったり、ズボンをおろされたりとまぁされるがままの状態だった。

母のいないある夜、いつも通りマッサージをされてたんだけど、おっぱいが露出するまでシャツをめくりあげられて、乳首をつままれ、もみあげられた。
「これもマッサージ…?」
思わず言ったが、義父の無言が怖くて、それ以上何も言えなかった。

ゆっくりとその手は下にずれていき、ズボンを下げられた。
思わずズボンのすそを掴んだが、力には勝てなかった。
パンツの上からおしりをもまれ、きわどい部分まで指が触れると、既にオナニーも覚えていた私は密かに感じ、あそこを濡らしていた。

ついに、パンツの上からあそこを触られたとき、義父の手が一瞬止まった。

(あ、ばれちゃった…)

ゆっくりパンツをおろされ、濡れた私のあそこに指が入ってきたときの感覚は今でも覚えている。
1、2度ゆっくり指が上下すると、
「…んっ」思わず声が漏れた。

耳元に義父の顔が近づき、「気持ちいいか」と言われた。
小さくうなずくと、段々指の動きが速くなった。
チュクチュクと音が響いているような気がして、近くで眠る兄に聞こえないかひやひやした。
声は必死で我慢した。
ピストンが一度止まり、耳元で「部屋をかえよう」と義父がいい、私は抱き上げられた。

母達の寝室にいき、ベッドに寝かされるとすぐに襲われた。
シャツを脱がされ、乳首を吸われ、まだ濡れたあそこを指でピストンされ、「んんっ、はぁっ」と初めて喘ぎ声をあげた。

それに興奮した義父に、名前を呼ばれながら舌をからめてキスをされた。
正直気持ち悪かった。
でも、気持ちよくて、はぁ、はぁと息は漏れるし、喘いでいた。

太ももを持ち上げられて、濡れたあそこを舐めあげられると「あんっ、いやっ」声が出る。
ピチャピチャといやらしい音が響く。
自分の手で太ももを持つように手をもっていかされると、義父は獣のように私を舐め尽くした。

執拗におっぱいをもまれ、クリを吸われ舐められ、おしりの穴も舐めあげられて、ついには犯された。

ぐちゅ、にちゅ、ぱん、ぱんっ
痛いっ、んんっ、んあっ、あんっ
喘ぎ声とイヤらしい音が部屋に響いていた。
バックでつかれて最後はイッた。

そのあとはまぁ、二人きりになれば犯された。
車の中でもヤられ、風呂場でもヤられ、、キッチンでも…フェラも仕込まれた。

母とは離婚して、私も結婚してるから今では接点はない。
でも、時々あの頃を思い出して、オナニーしてる。

漫画かよ、って思うかもしれない。まぁ半分フィクション、半分本当です。

娘がいる人の再婚は気をつけてね。

コメント (0)
コメントする