2018年01月19日 17:00

田植え講習で女子に強制射精させられた…(体験談)

読了時間:約 3

小学4年のときです。
地域の職業体験ということで僕は近所の農家の田植え講習に参加しました。
別に農家に興味はなかったけど、部活の先輩から、「女子が水着かブルまで実習するぞ」と聞いていたので、不純にも僕は田植えを選択したのです。

が、これが大きな間違いでした。

なんと、男子は僕1人で、同じクラスから違うクラスまで20人位の女子ばかりでした。

事前の打ち合わせで、リーダーの子が、
「泥で汚れると思うので、必ずスクール水着かブルマで来て下さい。ブルマで行う人は、必ず着替え用のブルマを持参してください・・・」
と言ったとき、大半の子がどっちにするか相談していましたが、次第に僕の方を注目し始めました。

「高橋(私・仮名です)はどうすんの? なんだったら、私の水着貸してあげよーか? それともブルマの方がいい?」
なんてクラスメートが言ったので、なんだか多くの女子が白い目で僕の方を見てた気がします。

そのときはそれで終わりましたが、そのときから一部の女子たちが何か企んでいたことを、僕は当日になって知らされることになりました。

実習当日。
担当の先生(女)が農家の人に挨拶を済ませると、先生(女)は他のグループのところに顔を出すと言うことで、そのまま別の場所に行ってしまいました。

女子は全員が体操服でした。
僕は海パンで田んぼに入って、転ばないようにして1本1本苗を植えていきました。
4つほどの田んぼが完了したところで昼になりました。

あと3つほどの田んぼが残っていましたが、まだ苗が到着していないとのことで、この日はこれで終了ということになり、次の日ということになりました。

農家の人が帰ったので、今日はこれで家に帰れるかな、なんて思っていると、リーダーの子が
「今日はこれで解散しますから、とりあえず今日1日の実習記録は各自でつけておいて下さい。あとは自由行動にします。」
と言い、みんな田んぼから上がっていきました。

僕も帰ろうとすると、クラスメートの女子が、
「田んぼでドッジボールしようよ。よく“泥んこバレーボール”ってあるでしょ。」
と、僕の腕を捕まえました。

めんどくさかったので帰ろうとすると、
「高橋クン、女子のブルマとか水着が見たくってこのコース選択したって、テニス部の○○先輩から聞いたよ」

・・・唖然でしたが、とぼけて帰ろうとすると、女子が体操服とブルマを脱ぎ出していて、下からスクール水着が出てきました。

そのままドッジボールに参加させられていましたが、女子たちの目的はそこには無かったみたいでした。
僕を集中で狙ってきて、なんとか倒れずにキャッチしていましたが、そのうち転んで泥まみれになった瞬間でした。
あのときの一声は、今でも忘れられません。

「やっちゃえーーーーーー!!」

とたんに数名の女子がこちらにタックルしてきて、味方の子までもが僕に掴みかかってきました。
みんなの狙いが僕の海パンであることを理解するまでには時間がそれほどかかりませんでした。

スクール水着の女子集団に押さえつけられて、半分うれしくも、半分自分の海パンを死守するのに手一杯で、柔道部だった啓子に押さえ込まれると、簡単に僕の海パンは他の女子たちの手に落ちていきました。

僕も怒ってフルチンで反撃していましたが(今思うと情けない格好だったんでしょうね)、女子たちはキャアキャア言いながら明らかに僕のチ○ポを見て笑っていたようでした。

僕はやっとのことでリーダー女子のスクール水着の肩紐を外し、脱がそうとして、暴れて抵抗している彼女の水着を思いっきり引っ張っていると、

「第2ラウンド、開始!!」の声とともに、今まで田んぼのあぜ道で見学していた女子が数人乱入してきました。

リーダーの水着を強引に脱がせることに成功しましたが、このことが一層、他の女子の好奇心に火をつけたようでした。

なんだったのか、乱入してきた子達が、さっき脱いで置いておいたブルマを持って田んぼに入ってきたのですが、後ろから誰かにブルマを頭にかぶせられて視界を失うと、やはり田んぼの中に倒されて、また何枚かブルマをかぶせられて、一方では数人の女子に足を押さえられてブルマを4、5着穿かされて、完全に動けない状態にされていました。

終わりはブルマからチ○ポを出されて、強制発射。

「カーン! 女子チームの勝利です。」の声で、やっと終わりました。

当然次の日僕は欠席しましたが、農家のお手伝いの小学生が、同じように女子集団にいじめられたことは、後になって聞きました。

コメント (0)
コメントする