2018年01月19日 13:00

子供相撲大会を見に来る女の子たちの本当の目的…(体験談)

読了時間:約 3

以前、ある市内の子供相撲大会を見に行った時のことです。
下は小学校低学年から上は中学生まで数十人が参加していました。
殆どが男の子ですが女の子も10人位いました。
出場する女の子たちは皆体格のいい子で男の子顔負けと言ったところです。
でもやはり女の子、裸で直にまわしを着けている男の子とは違い、体操着にブルマ着用の上まわしを締めています。

ここで頭に浮かぶのは試合中まわしが外れるハプニングです。
子供の相撲大会ではよくある事ですが。

言うまでもありませんが、まわしが外れて困るのは男の子たちです。
なんせ恥ずかしい部分が見えてしまうのですから。
そのハプニングを期待してか周りには何故かお母さんや小中学生の女の子ばかり。
手にはデジタルカメラや携帯を持っている者もいます。

そんな中試合が始まったのですが、大きな声援を送る観客とは裏腹に勝負があっけなく決まる試合が続きました。
子供同士あまり粘るという事を知りません。
まあ大相撲と比較するのもどうかと思いますが。

さあいよいよ女の子の登場です、相手は男の子。
土俵下から仲間の女の子たちが女の子に声援を送ります。
「あっ! 強い」
女の子、男の子をあっという間に土俵下に放り投げてしまいました。
狙ったのか先程の女の子たちの前に男の子は転がり落ちます、しかもチングリ返しという恥ずかしい体勢で。

「アハハハハー!!」
女の子たちは男の子の情けない格好に大笑いです。
さらに男の子の剥き出しのお尻をピシャピシャと叩いてからかいます。
「あの女の子たち大胆、凄いわー」
そう思っていた矢先、遂にハプニングが起きたのです。

それは男の子同士の試合で起きました。
今までにない攻防戦で、声援を送る観客の手にも力が入ります。
その時でした、土俵際まで追い込んだ男の子のまわしが緩みキンタマが出てしまったのです。
観客は一瞬ザワザワしましたが直ぐに笑い声に変わりました。

でも男の子は必死です、気付いているかどうかは分かりませんがここで勝負を決めたいところなのです。
しかし相手の男の子もまわしをしっかり掴んで食い下がります。
まわしはどんどんずれる一方です。
先程の女の子たちが、また大胆なことを言って叫び始めました。

「そのままおチンチンまで出ちゃえ!」 とか、
「まわしごと外れちゃえ!」 とか、
本当あの女の子たち凄いわ。
女の子たちの言葉に、お母さんたちも注意するどころかケラケラ笑っています。

そして、そんなお母さんたちや女の子たちの願いが通じたのか、とうとう男の子のまわしからおチンチンがポローンと出てしまったのです。

その瞬間、観客から歓声と嘲笑が沸くと同時にカメラのシャッター音が鳴り響きました。

「アハハハ! 出た出たおチンチーン!」
「〇〇ちゃんも見えたでしょう!」
「うん、写メもゲットしたよ!」
「〇〇ちゃん凄ーい!」

あの女の子たちもはしゃいでいます。
一方男の子は、そんなことはお構い無しといった様子でまわしから横チンを出したまま遂に相手を寄り切りました。

観客から土俵上の男の子二人に大歓声が送られます。
それは、いい勝負を見せてくれた事に対してなのか或いは可愛いおチンチンを見せてくれた事に対してなのかは分かりません。

でもおチンチンを見られちゃった男の子、試合に勝てて本当に良かったと思います。
だってあれで負けてたら踏んだり蹴ったりですものねぇ。

コメント (0)
コメントする