2018年01月28日 09:00

【寝取られ】大好きな子がDQN先輩に調教されて晒されてます…(体験談)

読了時間:約 6

特定は避けたいのでぼかしますが、僕が通っている大学は偏差値もそれなり、スポーツも盛んなMARCH、早慶上智のどこかの大学とだけ言っておきます。

首都圏の私立にありがちなのですが、偏差値がそれなりでスポーツに力を入れている大学は、進学校出身の真面目な学生と、体育会系出身のDQN気味の学生が同時に通学することになります。

普段の大学生活では進学校出身の真面目な学生のほうが圧倒的に多く、感じないのですが、部活に入ると体育会系DQNが多いです。

僕は進学校出身です、高校の頃から水泳をやっていて、大学でも水泳をするつもりだったのですが、僕の大学は水泳に力を入れていて、割とDQNの数が多いです。
やっぱやめとこうかな、と思ったんですが……麻衣さん、という女の子の存在が、迷っている僕の背中を押してくれました。

麻衣さんは僕と同じ学部で、ゼミも同じで、4月のオリエンテーションのときに一目惚れした女の子です。
髪色が少し明るめで、水泳部なので日焼けもしているのでいまどきの女の子っぽい雰囲気ですが、実際の彼女は大人しい性格でやさしい性格です。
彼女も僕と同じで一般入試を経て入学した人です。

オリエンテーションでの自己紹介で彼女を見た僕は一目惚れしました。
今でも彼女が自己紹介したのは昨日のように思い出せます。

「○○麻衣といいます、高校の時は水泳部に入ってて、大学でも入部するつもりです、まわりからは外見と内面が合ってない……みたいなことを言われます、みなさん気軽に話しかけてください……」
そんな風に恥ずかしがりながら自己紹介した麻衣さんを、今でも思い出します。

彼女がいるから僕も水泳部に入りました。
幸いにも学部、学科、ゼミも一緒、部活も一緒ということで、六月くらいには会ったら世間話をする程度には仲良くなれました、ラインも知っています。

部活中、競泳水着姿の麻衣さんが話しかけてくれることもあって、その時は水に濡れた髪やすっぴんでも可愛らしい顔、そしてスレンダーだけど女の子っぽい柔らかみを帯びたからだに、ドキドキしてしまいます。

でも、普通に話せるようになって、そこから先になかなか進めないうちに、二年生のスポーツ特待の先輩が麻衣さんに目をつけて、しきりに誘うようになりました。
スポーツ特待で入部したDQN気味の先輩で、部活がない日は授業サボってパチンコと、あまり素行がいい先輩じゃありません。

最初は麻衣さんも先輩からの誘いを断っていました。
しかし、圧倒的にスポーツ特待が多い水泳部ですから、体育会系DQN特有の連帯感を発揮してまわりは先輩と麻衣さんをくっつけようとして、その圧力に負けるようにして麻衣さんは先輩とデートするようになり、大学一年の後期が始まる頃には先輩と麻衣さんは恋人同士になっていました。

ショックでした、あまり素行がいい先輩ではないですし、僕は気が弱くて、その先輩に理不尽に殴られたり、パシリにされたりしたこともあります。
そんな相手と、自分が好きな子が付き合い始めたのですから。

勇気がない、女性との付き合い方がわからない自分が悪いのかもしれませんが、よりによって先輩と……という不満はあります。
でも、しょうがないかな、何も具体的に行動を起こさなかった僕も悪いんだし……そんなことを思いながらも、麻衣さんのことが気になっていました。

付き合う前、付き合い始めはD先輩は麻衣さんを丁寧に扱っていたんですが、付き合ってからはかなり乱暴に麻衣さんを扱うところを見て、気分が悪かったです。
僕だったらもっと丁寧に麻衣さんを扱うのに。

そして、麻衣さんと先輩が付き合い始めて二ヶ月くらい経った頃に、先輩達が部室の隅で「うわ、すげ」「おいおい、こんなことまでさせてんのかよ」とか、盛り上がってる声が聞こえました。
そして、「おい、○○、ちょっとこっち来いよ」
と呼ばれました。

「お前って麻衣と同じ学部だよな? ほら、見ろよ」
麻衣さんと付き合っているDQN先輩(D先輩と略すことにします)が、自慢気にスマホの画面を僕に見せました。

そこには……顔は手で隠されているものの、大切な場所が丸見えになってる、裸の女の子の画像がありました。
しかし、それが誰なのかは、D先輩の態度ですぐにわかります。
少し明るめで柔らかそうな髪、日焼けした、でも綺麗でみずみずしい肌。
日焼け跡もくっきり残っていて、無駄な肉がついてない健康的な雰囲気の身体。
でも、大切な場所が丸見えで、すごくエッチで……。

画像を見たのは一瞬でしたが、その画像が麻衣さんの画像だとわかって、僕は耳鳴りがするくらい、うろたえてしまいました。
僕が片思いしている女の子の恥ずかしい姿が、部員全員に自慢気に見せられている。

僕は怒りを覚えずにはいられませんでした。
今すぐにD先輩のスマホを叩き割りたいです!
でも、気弱な僕はそういうことは出来ずに、ただ顔を真っ赤にして黙っているだけ。

そんな僕の姿を勘違いしたのか、
「へへ、お前興奮しすぎw 童貞かよっw」
D先輩の言葉に、みんなが馬鹿にしたように笑います。

「安心しろって、ちゃんとお前にも今度から麻衣のエロ画像撮影したら見せてやっからw」
自慢気にD先輩はそう言いました。
ショックでした。
今度から、ということは今までもあるみたいで、みんなの態度から推し量るに、麻衣さんのあられもない姿を自慢気に部員に見せたのは、はじめてじゃないようでした。
悔しかったです。

DQNってどうしてあんなに他人に自分を自慢したがるんでしょうか。
やっていることは最低です。
自分の彼女のあられもない姿を全員に見せているんですから。
僕がもう少し気が強かったら、D先輩を殴れるのにっ!
本当に悔しかったです。

ちなみに、麻衣さんのバージンをD先輩がもらった話も聞かされました。
付き合って一ヶ月くらい経った頃に部活が終わった後、麻衣さんを家に連れ込んだそうです。
その日、D先輩は麻衣さんとやるということを決めていて、部屋に入るなり麻衣さんにキスして、ディープキスして、麻衣さんにも、
「麻衣、舌出して」
と命令したそうです。

麻衣さんは恥ずかしがりながらも舌を出して、それをD先輩がちゅぱちゅぱ吸って。
いやらしいキスに麻衣さんは恥ずかしがったそうでした。
そのまま、いやらしいキスを続けながら麻衣さんの服を脱がせてベッドに押し倒して。

部屋は明るいままでしたから、麻衣さんの日焼けした部分と日焼けしてない部分がくっくりわかって、すごくいやらしいということでした。
麻衣さんは恥ずかしがって身体を隠そうとして、でもD先輩は許しません。

「見せろって、麻衣」
命令して足首つかんで、ぐいっと足を開かせて。
麻衣さんのまだ誰も見たことがない場所を見ると、麻衣さんはすごく恥ずかしがって、手で顔を押さえて、小刻みにぶるぶる震えてたみたいでした。

そんな風に震える麻衣さんに興奮したD先輩は、麻衣さんにとっては初体験なのに、コンドームしないでそのまま生でバージンをもらったそうです。
「すっげーキツキツw 奥までチンポ入れるたびにすっげー痛がんのw でも興奮しちゃってさぁ、その日三発もやっちまったw」

げらげら笑いながら麻衣さんの処女をもらったことを自慢するD先輩に、僕は初めて他人を殴りたいと思いました。
もちろん、チキンな僕は人を殴るなんて出来ませんが。

麻衣さんは気が弱いので、D先輩の言いなりみたいでした。
そのせいか、D先輩によるハメ撮りは、毎週毎週増えていきます。
毎週毎週、男子部員の前で「ほら、これが今回の麻衣のハメ撮りなw」と言って画像を見せて、麻衣さんとのセックスの話を聞かせます。

麻衣さんも次第に撮影に慣れたのか、顔を隠さないようになって、ポーズも大胆になりました。
動画も撮らせるようになって、D先輩は自慢気に周囲の部員に見せたり、送ったりするようになりました。
麻衣さんの裸を見ていない男子部員はもういないって言っていいくらいです。

その中でも僕がいちばんダメージを受けたのは、麻衣さんがバイブをD先輩に差し込まれている画像です。
恥ずかしがりながらも、もう顔を隠さなくなった麻衣さんが、バイブを挿れられて感じている顔がしっかり映ってて。
同時に黄緑色のバイブが麻衣さんのアソコに深く突き刺さっているのもしっかり映ってます。

D先輩とセックスするために、アソコの毛も剃られて形が整えられてていやらしくて。
麻衣さんのアソコ周辺は、白く愛液が泡立ってて。
でもいちばんダメージを受けたのは、麻衣さんの表情です。
感じていて、キツそうで、でも本当に気持ちいいのか目がとろんとしていて。
まるで酔っているようなアヘ顔がいやらしくて。
僕はその画像を見ていられませんでした。

今も、毎週毎週、D先輩によるハメ撮りは続いています、自慢話も続いています。
フェラさせてる写真やアソコを開かせてる写真、挿入中の写真、バックの写真、顔射の写真、どこかのアダルトサイトのように、麻衣さんの画像はたくさん撮影されて、D先輩のスマホに保存されています。

画像を送ってもらった部員も大勢居るようです。
自分の好きな女の子が最低の相手に口説かれて、付き合って、ハメ撮りされて。
僕の大学生活は、今、最低最悪です。

コメント (0)
コメントする