2018年01月30日 09:00

【レイプ】女子会の罰ゲームでアダルトショップに行かされた結果…(体験談)

読了時間:約 3

大学時代の友達と久しぶりに会って、カラオケで女子会をすることになった。

5人くらいでカラオケに入って、女子会プランについていた食事もいろいろと出てきて、食べて飲んでの大騒ぎ。

お酒飲み放題のプランにしていたから、まだ全然歌ってないのに、酔っ払う子が数人いて、なんかテンションが高くなって、「王様ゲームしようよ!」ってことになった。

割り箸いっぱいあったから、ボールペンで番号とか書いて、いざ王様ゲーム!

最初はなんか、恥ずかしい話を暴露するとか、そんな感じ。で、だんだん女同士でキスとか、危ない雰囲気になってきた。

次に王様になった子が、「タバコ切れたから、買ってきて」って言い出したんだ。で、指定された番号は、私と、もう一人、Mちゃんっていうおとなしめの子。

ほかの子が、「タバコだけなんて面白くないじゃんw」って、王様の子に言ったんだ。

そしたら、

「じゃあ、店出てすぐの坂の途中にあるアダルトショップで、ゴムとかなんか買ってきて。えっろいやつね!」

って、悪ノリ。

言い出したら聞かないし、そもそももうそんなのが恥ずかしいっていう年でもない。

仕方なくうなずいて、先にタバコを買ってから、ふたりでそのお店に向かった。

お店に入ると、「これギャグでしょ」っていうようなネーミングセンスの商品とかいっぱいあって、笑いながら見て回った。

でもMちゃんはそういうのを実際に見るのは初めてだったみたいで、顔真っ赤にしてて、なんかかわいいな~って感じ。

とりあえず二手に分かれて、面白そうなものを探そうってことに。

しばらくしてもMちゃんが戻ってこないから探しに行ったら、奥の方の棚のところで、ひそひそ話がする。

「こんな店くるとか、そういうのに興味あるの? 俺がおもちゃの使い方とか教えてあげよっか?」

「おいおいやめろよ、怖がってんじゃんwなぁ。こいつ怖いよな? 俺の方が優しいから、俺にしたら?」

「お前もかよww」

覗いてみたら、Mちゃんを囲んで、ちょっとチャラそうな男の人が3人。

危ない……って思って、

「すみません、その子、私の友達なので」

ってMちゃんの手をつかんで、Mちゃんが自分の趣味でこんなお店に来ているんじゃないことをさらっと話した。そしたら、

「罰ゲームでアダルトショップとか、その子けっこうえぐいね~! 女の子だけじゃはずかしいだろうし、俺らが選ぶの手伝ってあげるよ」

って、ぱぱっと手慣れた感じで、いぼいぼのついた紫色のスケルトンのバイブとかGスポットに直撃! みたいなのをふたつ選んでくれた。

ちょっと助かった……なんて思ったのもつかの間、お店出たら、これまたチャラそうな男の人が数人いて、「なに? この子たち?」って。

おもちゃを選んでくれた男の人たちが「そうそう、この子たち。けっこうかわいいよな~」って言いながら、さりげなく私たちの背中を押してくる。

怖いけど、けっこうな人数だし、逆らったら何されるかわかんない……そう思っておとなしく着いて言ったら、細い路地に入って、「おもちゃ選んでやったかわりに、一発やらせてよw」って。

「そんなの無理です。通報しますよ」

ってきっぱり言ったら、

「じゃあそのおもちゃで、フェラしてるみたいにやってみせてよ」

って。それくらいで解放されるなら……って思って、Mちゃんといっしょにおもちゃを使ってフェラするみたいにしたら、そのまま頭を掴まれた。

おもちゃを咥えさせられてるから、くぐもった声しか出せない。

「用意いいじゃん。ちゃんとゴムも用意してくれてるしw」

俺ら、ゴムはちゃんとする派だから~とか笑って、体を押さえつけられて、さっきのお店で買っておいたらしいローションをたっぷりあそこに塗りたくられた。

「バイブなんかより、こっちのほうがぜったいいいよ~」

って、そのまま挿入。

濡れてないし、中ほぐれてないのに、ローションのすべりで簡単に入っちゃった。

Mちゃんも隣でおかされながらずっと泣いてるけど、私もどうにもしてあげられない。

全員に交代ごうたいおかされて、もう下半身はどろどろ……。
乱暴にされて息も苦しくて、だんだん頭がぼーっとしてきて……。

体を揺さぶられる感覚で目を覚まして、アダルトショップ行ってこいっていった友達が「ごめん、ごめん」って泣いてた。

もちろん、男の人たちはとっくに逃げちゃってたみたい。

いくら罰ゲームっていっても、深夜に女の子だけでアダルトショップとかは、ほんとうに行かないほうがいいねっていう教訓になりました。

コメント (0)
コメントする