2018年02月03日 01:00

【愕然】地味な彼女が寝てる俺の横でイケメンの友達にハメられ、しかも・・・

読了時間:約 3

まだ大学入りたての頃の話だ。
女の子との付き合い方も全く分からぬ俺は、なんとなく俺に好意を持ってくれてる女の子とつきあいだした。
ま~お世辞にも美人と言えない感じの、垢抜けない地方出身の子だった。
初体験ももちろんその子。
凄く好きとかそういうんではなく何となく一緒に過ごしてた。

入学してから3~4ヶ月経った頃だったと思うが、やっと親しい友達ができだした俺は彼女を連れてよく飲みに行った。
と言っても貧乏学生だった俺達は外ではそんなに深酒できず、結局誰かの家に行って飲みなおす感じ。
そしてそこで雑魚寝した。

そんな中で事件は起こった。
その時に飲んでた連中の中にひと際モテる男が一人混じっていた。
何と言うかなにをやらせてもソツなくこなすスポーツマンタイプとでもいおうか。
ま~男の俺でも惹かれる気持ちはよくわかる。
だから彼女が嬉しそうにそいつと話してるのを見ても嫉妬することもなく放置してた。

女の子連中はそいつとの話に夢中であぶれた男連中でど~でもいいような話をぐだぐだ話してるうちに酔いが回りまわりも一人二人とその場でいびきをかいて寝始めた。
俺もなにやら眠くなって横になりうつらうつらしはじまった時だ。

「んっ・・・あっ、やだ・・・○○くん。ちょっと」

前の方でかすかに声が聞こえる。
俺は朦朧とした意識の中で辺りを見回すともう既にみんな潰れていた。
見えるのは散乱した空き缶とつまみの袋だけ。
よく分からんが時計のカチカチという音だけが凄い聞こえたのを覚えてる。

「ん・・あん。○○くん。だめだってば・・・」

みんな寝静まってるのにやはり声が聞こえる。
少し目が覚めてきた俺は目をこらした。
しかし声の主が見えない。
「ハァハァ」と荒い息づかいも聞こえてくるのだが・・・と、その時だ大ガラなモテ雄君の背中から見覚えのあるセーターの柄が目に入る。

(彼女のだ!)そう思った瞬間俺の目は一気に覚めた。
横向きになった彼はどうやら後ろから彼女を抱きすくめているらしい。
もう何でかわからないが俺は怒るよりチンコがギンギンにたぎってる自分自身に驚いた。

「何をやってるんだ?てめ~!」とか普通なら言いそうなもんだが、それ以上に彼女がモテ雄を受け入れるのか拒否するのか凄く気になったし、彼女の浮気を覗きたい欲情にかられた。
背中の広い彼の腕の動きを見るとどうやら奴は彼女のムネをまさぐってるらしい。

周りでザコ寝してる奴等が起きないよう彼女の精一杯の気遣いなのか必死に声を押し殺しハァハァと荒い吐息だけが聞こえる。
カチカチカチ・・・なんだか知らんが時計の針のおとがやっぱりうるさい。

「やっ○○くん?駄目だってば・・・。もう辞めよう?ね?」

嫌よ嫌よも好きの内とは言うが彼女の声は完全に拒否してる声ではない。
奴の太い腕がもそもそと彼女黒いパンツの前に差し込まれていく・・・。
俺は薄目をあけて口から飛び出しそうな心臓の鼓動を必死に抑えた。

(はっきり拒否しろ!)と思う俺と(このまま続きを見たい!)という俺の気持ちが交錯した。
「あ~う~・・・。ひぅ・・・」
俺にクンニされた時に出す彼女の垢抜けない喘ぎ声が聞こえる。
奴は少し彼女から身体を離すとゴソゴソとどうやら彼女のパンツを降ろしにかかっているらしい・・・。

モテ雄が少し身体を逸らし辺りを見回した。
俺はとっさに目をつぶり寝たふりをする。
極度の興奮と酔いでゲロ吐きそうだった。

俺は再び薄目をあけるとモテ雄は彼女の下着を降ろしている。
少しズラした奴の背中越しに彼女の大きい尻が見えた。
股の間の秘部が照明にてらされヌメヌメ光ってるのが一瞬見えた。
(彼女も欲情してるんだ・・・)そう思うと何故か俺は射精してしまいそうだった。
変態なのかもしれん俺。

続いてモテ雄はカチャカチャと自分のジーンズのベルトを外す音がする。
(本番が近い!)そう思うと、訳分からんが本当に出ちゃいそうだった。
カチカチカチカチ時計の音うるせ~!集中できねぇじゃね~か!続いて奴はファスナーを下ろし前を開けるどうやらモテ雄のイチモツを取り出すようだ・・・。

続きを読む(【愕然】地味な彼女が寝てる俺の横でイケメンの友達にハメられ、しかも・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメント (0)
コメントする